人事のQ&A<解決済み>

相談数11667件   回答数24170

超過労働時間の算出方法

いつも参考にさせて戴いています。
過重労働による健康障害防止対策では、超過労働時間が100時間を越える労働者へ、本人の希望により医師による面談をすることになっています。
その超過労働時間の算出方法について質問させて戴きます。
現在1月の場合、休憩を除く総実労働時間=(所定労働時間+残業時間+休日労働時間)-(31日/7×40)で計算しています。
この計算では、例えば残業時間が100時間を越えても、出勤日数が少なく所定労働時間が少ない場合、総実労働時間が少なくなる場合があります。(残業時間に対する割増率は支給しています。)
加重労働による健康障害防止対策面から考えたとき、この計算で良いのでしょうか。
コンプライアンス上問題の無い計算方法があればご教授をお願いします。

  • 投稿日:2017/02/08 16:15
  • ID:QA-0069207

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/02/08 19:52
  • ID:QA-0069208

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

医師の面談を本人希望によって要する際の、超過労働時間の算出は、1週間について40時間を超過した労働時間についてカウントします。
よって、文面の計算式で問題ありません。

  • 投稿日:2017/02/09 09:40
  • 相談者の評価:参考になった

申し訳ありません。
計算は、超過労働時間=総実労働時間-(31日/7×40)でした。
極端な例では、15日勤務で、1日15時間就業で所定8h、残業7h(休憩2h含む)の場合、前式では超過労働時間は18hになります。残業は7h×15日=105h。
このケースの場合、超過労働時間は80h以下となるので、医師の面談対象から外して良いのでしょうか。
質問がわかり難くてすみません。面談対象になるか否かの判断をご教授下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/09 20:36
  • ID:QA-0069235

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、厚生労働省が示された計算式に基づいて計算されていますので、法令上は問題ございません。

従いまして、実際の残業が多い場合等でも、この計算式で100時間を超えなかった場合に医師面談の義務までは発生しません。

但し、1日の残業時間が長い等極端な場合ですと、法的義務はなくとも不規則な勤務により心身への負担が高まり健康面へのリスクが懸念されますので、自主的に医師の面談を行われるのが望ましいといえます。勿論、そうした不規則な勤務自体を極力回避する事が先決といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/02/10 15:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

法令上の明確な回答有難うございました。
法的な解釈は別として、残業が偏ることは健康面のリスクを考えて回避するご指摘もよく理解できました。
今後は健康リスクの面からも対策を検討します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
時間外・休日労働時間について
長時間労働者への医師の面接指導に関する1ヶ月の時間外・休日労働時間を、36協定の1ヶ月の時間外労働・休日勤務時間として扱っても良いでしょうか。お手数ですがご教授下さい。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...