企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

降格処分について

はじめて質問させて頂きます。

3年連続C評価の者は降格対象、と定めています。
対象者(営業職)は2013年1年間の休職期間をまたいで2012/2014/2015年と3年間C評定としました。

・休職期間が途中に入る場合でも上記規定を適用して問題になることは何かあるでしょうか。
・休職からの復帰後1年間は内勤とし、その後2015年から通常勤務としましたが、直後に
 上司からの威圧的態度があったと申し出があり、同時に体調を崩して現在出勤はしているものの
 医師の診断で内勤としています。
 体調不良については上司の威圧的態度が関連していることが否定できない、との医師の診断書が
 提出されています。

 このような状況でC評定とし、降格/減給にすることについて問題点ございましたら
 アドバイスをお願いいたします。

  • TY888さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2016/06/03 13:50
  • ID:QA-0066278

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/06/03 17:54
  • ID:QA-0066284

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

休職期間を挟んでいても、評価対象期間で3年連続Ⅽ評価であれば、降格で差し支えないものといえます。

但し、問題となるのは、「休職の中身」です。

休職原因が「上司からの威圧的態度」という可能性があるとすれば、降格処分をきっかけに当人が上司のパワハラに関する損害賠償請求及び業務上の傷病として労災申請を行う可能性がございます。

そうなりますと、仮に訴訟となって敗訴すれば、もはや降格処分の取り消しのみでは済まなくなり、非常に大きな労使トラブルに繋がることになります。その場合、金銭的損害のみならず御社の社会的信用まで失墜する事になりかねません。

対応としましては、まず当時の状況を再精査され実際に「上司からの威圧的態度」に起因するものであるのか産業医等の専門家も交え十分検討される事が不可欠です。その上で、何らかの問題があると認められた場合には、労務問題に精通した弁護士にご相談された上で慎重に対応を進められることをお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/06/03 23:02
  • ID:QA-0066290

人事・経営コンサルタント

評価と休職

休職した原因の分析と勤務評定は別物ですので、明確に分けて考える必要があります。
まず評価を下すのは会社側ですので、その評価基準が明示化され、客観的にも妥当なものであれば、結果としてどのような評価でも問題はありません。しかし「やる気」とか「向上心」など、恣意的で不明朗な基準でないこと、評価プロセスが公開されており、激しい減給などの措置がありますとその評価そのものが不公正ということにもなりかねません。

数値目標(売上に限らず利益や在庫、会社全体業績など)は営業だけでなくバックオフィス系にも適用できますので、そうした客観性のある指標での評価なら問題ありません。

一方、上司の威圧が休職を呼んだかどうかは、会社の責任としてしっかり調査が必要です。低い評価もパワハラが原因だと裁判など起こされれば説明責任が出てきます。一方的な予断を持たず、人事管理部門が中心に、直属上長(部長?役員??)も交え、休職の原因になったという訴えはかなり重大ですので、調査を行い、本人の瑕疵なのか上司の瑕疵なのかについては調査をしていることが欠かせません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/06/04 14:07
  • ID:QA-0066294

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、まず、体調不良での欠勤理由について、上司の威圧的態度も一因だとしても、パワハラとまでいえるのか、本人の要因が大きいのかを判断する必要があります。
パワハラということであれば、労災扱いということになりますので、休職扱いにはなりません。
休職というのは、解雇猶予措置でもあるからです。御社の休職規定を確認してください。
パワハラの労災認定基準は厚生労働省からも発表されています。威圧的態度だからといって、すぐに労災とはなりません。

パワハラということであれば、欠勤期間の評価はノーカウントとすべきでしょう。本人の要因が強いということであれば、私傷病で、労務を提供してないわけすから、C評価
でも問題はありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/06/06 09:18
  • ID:QA-0066299

戦略人財コンサルタント 代表

「降格処分についての」対応策について

元人事部長(東証1部企業と外資系企業)として同じ経験を何度もしておりますので、ご参考になればと思います。

結論から申しますと、難しいかと思われます。その理由を説明させて下さいませ。

① 人事評価制度と昇格・降格制度に評価と降格の仕組みが定義されていない様子であること
② C評定を1回取った時点で、「このまま数年続くと降格対象になるよ、降格しなくても減給になるよ」という面談をしている様子がないこと
③ 上司の威圧的な態度があって、体調を崩したという事実(精神的なダメージや過度なストレスを与えてきた)が医師によって診断されていること
④ 内勤にしても改善していないので、「適材適所」とは思えません。一旦、その上司から外して、別の活躍の部門への配置が行われていてもよいのですが、どうもされていない様子

ですので、万が一、訴訟された場合は完敗となる可能性があります。

降格、または、減給対象が現れた時点で、不本意でもありながらも事故防止のために、降格への準備を念入りに行う必要があります。また、その上司と人事との面談を行い、どのような威圧的な態度や行為を行ったのか、しっかりと状況なども理解しておくことです。指導が必要であれば、人事部長を通して教育などを行う必要があります。

企業としては、降格・減給を防ぐためにあらゆる面談・教育・指導を何度か行ってきたが、それでも改善ができなかった。その理由は本人の責任であり、企業の責任は十分に果たしたことが記録として証明できれば問題は大きく減少されますが、それでも0ではありません。

ですので、1年後に降格を視野にいれた準備を今日から始められるのが良いでしょう。

① まず、その上司の影響を受けない部門、本人との面談により希望する部門を最大限に検討してみる。 
② 1年後、C評価からの改善がなければ降格対象になることを面談を通して共通認識の場を作っておきます。
③ ただし、人事制度が降格・減給の定義をどこまでしっかりしているか確認しておきましょう。もし、定義されていなければ、すぐに作成されることをお勧めします。

これらができて初めて降格を実行することが可能です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
休職中の降格について
お世話になります。 メンタル疾患にかかってしい、休職となった社員を 降格→降給とすることは可能でしょうか。
休職期間の算定について
いつもお世話になります。 弊社では勤続期間5年以上の社員の休職期間を24ヶ月間としています。 (復職後同一の事由により休職となった場合は休職期間は復職の前後の前後を合算する) 現在、同一の私傷病により休職と復職を繰り返した社員がおり、この休職期間の算定についてどのように取り扱うか決めなければなりませ...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
    社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでした。それが今、成果主義の導入を契機に、「...
  • 従業員に対し「能力不足」による降格を実施する場合の 法的留意点と踏むべき手順
    「能力不足」による降格は、解雇よりも容易だとして、安易に検討されがちですが、降格の効力をめぐる紛争は決して少なくありません。説明義務、資格や賃金との連動性など、配慮すべきポイントが多いため、慎重に検討する必要があります。本記事では、弁護士の藤井康広氏が、降格の手順や留意すべき法的なポイントについて、...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...