企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15418件   回答数33329

社員の救急搬送時等における家族への連絡義務について

いつもお世話になっております。

さて、当社では緊急事態発生時その他雇用管理上必要な場合など利用目的を限定して、社員から緊急連絡先(家族等)を入手しています。

現在、これらの情報は人事担当部署である総務部がシステム上で一元管理していますが、夜間休日に緊急搬送された場合などに備え、各部署の管理職が所属社員の緊急連絡先を二次的に保有することが出来ないかとの問い合わせを受けています。会社があらかじめ示した利用目的に抵触するものではなく、情報管理を徹底したうえで情報を共有することは法令上、あるいは社会通念上問題ないでしょうか。

また、会社が緊急事態発生時(社員が負傷、急病等で救急搬送された場合など)に社員の家族に緊急連絡することは、労働安全衛生法などで会社の義務とされているのでしょうか。あるいは法令上特に定めが無い場合、社会通念上こうした連絡を行うことは問題のない行為なのでしょうか。

以上、大きくは2点についてご教示いただけると幸いです。

  • 投稿日:2016/03/24 18:55
  • ID:QA-0065570
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/03/25 10:57
  • ID:QA-0065583

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面のような社内での対応上必要とされる明示された利用目的内での情報共有については差し支えないものといえます。

こうした情報共有に基づく家族への緊急連絡については、労働安全衛生法上に直接の定めはございませんが、安全配慮義務の観点から当然行われるべきものですし、むしろ連絡等をされない方が問題になるものといえます。

  • 投稿日:2016/03/25 16:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答有り難うございます。
法令上定めは無いものの、連絡することは必要と考えるのが自然ということが理解出来ました。有り難うございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/03/25 20:46
  • ID:QA-0065593

小口 敦士
次世代HRプラットフォームjinjer ディレクター

回答させて頂きます。

1.緊急連絡先の部門長の共有
「部門長が情報共有すること」この体制を取ることが問題となる根拠は一切見当たりません。ただし、共有者が増える以上、情報漏えいや不正利用されるリスクは当然増加いたします。このため、実施にあたっては、部門長各々の個人情報に関する理解度と比較の上、最終決定されることはお勧めいたします。
なお、各部門長が共有される範囲は「ライン上の方々のみに限定」はされるべきでしょう。

2.ご家族への緊急連絡は会社の義務になるか
法令上は、一切義務として定められてはおりません。
このため、連絡を行わなかったことについて何らかの責めを負うことはありませんが、人道的には当然行われるべきかとは考えます。

以上でございます。
何卒宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2016/03/31 12:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

わかりやすいご回答をいただき有り難うございます。
大変参考になります。今後ともよろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/03/28 22:32
  • ID:QA-0065605

人事・経営コンサルタント

個人情報管理

①情報管理を徹底したうえで情報を共有することは法令上、あるいは社会通念上問題ない
問題ないと思います。使途が限定され、取扱者が管理者である以上、管理業務の一環になります。

②緊急事態発生時に社員の家族に緊急連絡することは、労働安全衛生法などで会社の義務
義務ではなく、対応できるのであれば対応した方がもちろん社員からも喜ばれると思います。
本件は元々「緊急連絡先」として情報登録をさせているのですから、例に上がったものはすべて正統な使途といえます。もちろんご明示のように「情報管理を徹底したうえで情報を共有」が大前提ですので、取り扱うすべての管理者に、くれぐれもこの理解が欠けることのないよう、重々徹底して下さい。

  • 投稿日:2016/03/31 12:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。
大変参考になり助かります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣社員を連絡網に組み込むことについて
いつも参考にさせていただいております。 当社では災害に備え、緊急連絡網を作成しています。 社員でない派遣社員を緊急連絡網に組み込み、有事の際(契約時間外)、連絡網に沿って連絡するよう指示することはできますか?
社員紹介の合否連絡について
現在、社員紹介制度の導入を検討しておりますが、紹介者に対して合否の連絡をして良いものかどうなのか、教えていただけますでしょうか? 気になるのは不合格の場合の連絡です。 よろしくお願いいたします。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
  • 坂本光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...