企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エーティーエス ATS

「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データの管理・集計やデータ分析、募集職種ごとの応募進捗管理、メールの自動送信など、多彩な機能を備えた「ATS」を提供するサービスが近年、急速に増えてきました。「ATS」の導入で採用活動の効率化・自動化が進めば、コストの削減につながり、応募者の見極めにより多くの時間を割くこともできます。
(2017/3/24掲載)

ATSのケーススタディ

内定率90%越え、優秀な人材確保は早い者勝ち
アナログな採用活動をより効果的かつ効率的に

厚生労働、文部科学両省の発表によると、今年3月卒業予定の大学生の2月1日時点の就職内定率は前年比2.8ポイント上昇の90.6%で、同時期としては2000年3月卒を対象とした調査開始以降、最高を記録しました。

これで、内定率の上昇は6年連続。企業の採用意欲が依然として高いことがわかりますが、優秀な人材の確保に関しては「早い者勝ち」の側面もあります。応募の受付から内定までに時間がかかるほど、応募者の辞退が増えるため、採用にはスピードが欠かせません。

そもそも採用業務においては、応募者の履歴書の管理から選考状況の管理、絞り込み、評価データの管理、応募者とのやり取りや通知まで、管理すべき項目が多岐にわたります。企業規模が大きくなれば、募集する職種・人員も多くなり、必要な事務処理や連絡作業が加速度的に増加、複雑化していくことに。にもかかわらず、多くの企業では採用に関する情報をいまだに手作業やエクセルデータなどで管理しているため、処理に手間取り、選考の遅れや対応ミスなどから、有望な候補者を取り逃がしてしまうことも少なくありません。アナログによる採用管理では、効率が悪いだけでなく、採用結果を分析して、次に活かすことも難しいでしょう。

そこで注目を集めているのが「ATS」(Applicant Tracking System)――採用管理システムです。急激なビジネス環境の変化にともない、これまで以上に高度なマーケティングとスピードが求められる採用活動において、業務工数を大幅に削減し、適時・適切な採用活動を実現する「ATS」の導入・利用は、十分検討に値します。新規採用やキャリア採用、あるいはアルバイト採用など採用ターゲットに特化したサービスから、ターゲットを区分しないものまで、国内・外を問わず、多数のサービスが提供されています。導入を検討する際には、自社の採用活動の課題を踏まえた上で、自社の業務フローとの親和性を重視して選ぶのがポイントといえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
「新卒採用代行・アウトソーシング」のポイントと最新サービス
現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
2010/12/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...