企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パートタイマーの130万円 扶養控除の件

個人事業主のものです。
パートタイマーで働いているかたからの要望で、お給料が交通費含まないで、130万円以内に調整してほしいと夏過ぎぐらいに要望があり、調整しながらシフトを組んでいたのですが、12月18日の段階で、132万円になっていました。
①超えた給料分は、翌年で調整してもよろしいでしょうか?
②事業主のポケットマネーでお年玉ように支払ってもよろしいでしょうか?
③完全にこちらのミスと判断され、パートタイマーの保険、税金等支払う義務などでてきますでしょうか?

早急な回答希望致します。
よろしくお願い致します。

投稿日:2015/12/19 15:45 ID:QA-0064601

kakiさん
大阪府/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、給与に限らず虚偽の記録や処理をされる事はコンプライアンス上絶対に避けるべきです。

年収130万円以内という事ですと健康保険における被扶養者扱いとされる為の要望でしょうが、超えた分についても当然ながら本年度の給与として取り扱う事が必要です。労働の対価としての給与(賃金)であるにも関わらずポケットマネーで支払処理する措置は労働基準法違反となり認められません。

そして、事前に調整を約束されていたのでしたら、事業主側の単純な過失ですので納めた社会保険料分については費用負担されるのが妥当といえるでしょう。またそうした事によって増えた課税分についても負担されるべきといえます。

投稿日:2015/12/21 11:37 ID:QA-0064617

相談者より

とても参考になりました。早々にご回答ありがとうございました。

投稿日:2015/12/21 14:24 ID:QA-0064623大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

期初に約束していれば、事業主が全額負担納付すべき

▼ 俗にいう「130万円の壁」は、過去1年間の収入ではなく、将来130万円を超える見込みがあるか否かで決められます。期初に約束しているのであれば、結果として超過した場合、保険料は、事業主が全額負担納付しなければなりません。
▼ 因みに、給与の暦年単位での処理が必要(翌年調整は不可)、個人的ポケットマネーの使用は不可です。尚、交通費は、給与の一部として支払われた場合は給料となります。また、当人が支払った生命保険料の一部は控除することができますが、状況は厳しいようです。

投稿日:2015/12/21 12:51 ID:QA-0064618

相談者より

とても参考になりました。早々にご回答ありがとうございました。

投稿日:2015/12/21 14:24 ID:QA-0064624大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

負担すべき

ご本人との約束であり、それを受けたのであれば、従業員の申し出を飲んで、負担額は会社が負うべきといえます。そうではなく、単に従業員が希望を言っただけで、会社はそれに対し何の約束もしていないのであれば、無視することもできます。この辺りの関係は御社の管理方針として、ただのミス扱いせず、しっかり今後のため情報共有して下さい。

ただしやる気を大いにそぐことになりますので、このような重要な点をうっかりでは済まさず、パートが戦力化されているのであれば、管理部門の反省は非常に大切といえます。
1.越年は違法ですので、不可能です。
2.これも違法です。不可能です。
3.上記説明のように、従業員の過失でないのであれば負担すべきです。

投稿日:2015/12/21 22:12 ID:QA-0064629

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2015/12/22 12:07 ID:QA-0064633大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
毎月の所得税控除と年末調整の関係について
お世話になります。 年末調整の時期を前に支給済みの給与データを整理していたところ、控除した所得税の金額の誤りに気づきました。 400円ほどなのですが、今年中に調整して返金したほうがよいのでしょうか? それとも年末調整の計算によって正しく控除したことになるのでしょうか? ご回答をお願い致します。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
パート社員の年末調整について
標記の件について 弊社以外にも勤務(正社員・パート社員等として)勤務している社員を 弊社で年末調整をおこなうと 弊社以外の勤務先とダブりで年末調整をおこなう事になりますが 問題になるのでしょうか? (本来なら主たる勤務先にのみ扶養控除申告書を提出し 提出先の会社で年末調整を行い 主たる勤務先以外では...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
事業承継
「事業承継」とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことで、一般的には、閉鎖企業や同族経営の中堅中小企業のオーナー社長が親族や従業員に、あるいはM&Aの相手先に事業を承継させるプロセスを言います。よく似た言葉に「事業継承」がありますが、「承継」が先代の「地位、事業、精神を受け継ぐこと」であるのに対し、「継...
扶養控除
「扶養控除」とは、扶養家族がいる場合に一定の所得控除が受けられる制度のことをいいます。扶養家族とは、その対象になっている家族のことをいい、例えば専業主婦(夫)や、子どもがいる場合は扶養家族になります。2018年には、扶養控除に関する法律が一部改定されました。
メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題と...