企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15054件   回答数32348

自家用車通勤者が公共交通機関を使用した場合の通勤手当支給

本年は降雪が多いためか、通常は自家用車での通勤者が、交通安全上の理由で公共交通機関を利用して通勤するケースが散見されます。
ある社員から、自家用車通勤に対する通勤手当(ガソリン代)とは別に、公共交通機関(電車・バス)の利用時の実費支給を申請されましたが、支給するべきでしょうか?
ちなみに通勤手当支給規則には当該事由に対する規定はありません。

  • *****さん
  • 埼玉県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2015/01/07 13:16
  • ID:QA-0061203

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/09 13:00
  • ID:QA-0061216

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、どちらがいいということではありませんので、
会社の状況に応じて判断して下さい。

ガソリン代は支給しているのですから、自己判断で電車を利用した場合には
電車賃は支給しないということでも、全くおかしくはありません。

一方、マイカー通勤者で電車を利用した数や雪の状況等にもよりますが、
異常気象なので、安全面からマイカー通勤者に対して、
会社が電車通勤を奨励するとした場合には支給すべきでしょう。

  • 投稿日:2015/01/09 16:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございました。
社内で再度検討の上、対応したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/09 13:43
  • ID:QA-0061218

代表者

申請には応じないのが筋

一種の不可抗力による個人側の利用手段の変更と考えるべきで、 支給してあげても構いませんが、基本的には、 申請に応じないのが筋です。 通勤手当自体、 ほぼ全員が受給者であり、 非課税措置もあることから、 申請事由は、 何となく当たり前のようにと取られているかも知れません。 然し、 労働契約では、 特約がない限り、 労務提供場所 ( 債務履行地 ) までの費用は、 本来、 労働者負担が原則なのです。 業務命令で、 公共交通機関を使用して、 通常外のルート、手段で通勤した場合は、 通勤手当ではなく、 営業経費として交通費となります。 今回のご相談は、 明らかに、 使用者側に帰責理由があるわけではなないので、 申請の支給は断るのが正しい措置です。 以上を、 承知の上で、 会社の恩恵的配慮として支給しても違法ではありませんが、 少々、 対応が甘すぎるように思います。

  • 投稿日:2015/01/09 16:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございました。
社内で再度検討の上、対応したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/09 22:20
  • ID:QA-0061235

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、自動車使用有無に関わらずガソリン代が一定支給されるようでしたら、公共交通機関使用の実費以上であれば支給は不要といえます。

逆に少なくなる場合、またはガソリン代が支給されない場合ですと、通勤上必要な経費ですので法的義務まではございませんが、会社が実費を負担されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2015/01/13 10:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございました。
社内で再度検討の上、対応したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
マイカー通勤者の通勤交通費について
ほとんどがマイカー通勤者ですが、通勤交通費としてバス・電車で通勤した場合の定期代を支給しています。これでは非課税限度額を超過していることになるようですが、マイカー通勤者は非課税限度額までの通勤手当に変更しないとまずいでしょうか。脱税になりますか?
通勤手当の支給
現在、1か月分の定期代を通勤手当として支給しています。ある営業社員の1人が出張が多く、週1回しか事務所にこれません。そこで通勤手当をなくし事務所にくるときの交通費を都度精算して行うことは出来るのでしょうか。
通勤費への課税について
マイカー通勤者の通勤手当への課税についてお聞きしたいことがあります。 弊社では、マイカー通勤者への通勤手当を、「ガソリン代」としてではなく、電車で通勤した場合の「定期代相当額」で支払うということを検討しております。 <質問> ①「ガソリン代」としての支給と「定期代」としての支給では、非課税上限額が...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

エコ通勤
CO2(二酸化炭素)の排出量を抑えるために、自動車を使わず、徒歩、自転車、公共交通機関などで通勤することを言います。
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
雇用調整助成金
減産や休業を余儀なくされた企業が雇用を維持するために従業員を休ませたり、教育訓練を受けさせたりする場合に、従業員に支払う休業手当や教育訓練費などの一部を国が助成するしくみを「雇用調整助成金制度」といいます。

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...