企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

定期昇給について

いつもお世話になっております。

定期昇給制度について伺いたいことがあります。

定期昇給というのは、1年のうち定期に昇給する制度であり、
それにはまた自動昇給、査定昇給、昇格昇給があるとどっかの資料で見つけました。

-自動昇給:毎年自動的に昇給する
-査定昇給:業績、成果に基づき昇給する
-昇格昇給:職能資格の上昇に従って昇給する

このように正義されています。

そこで、査定昇給というのは、人事考課の結果に基づいて行うことだと理解してもいいでしょうか。
また、昇格昇給というのは、職給が上昇(例えば、社員>>課長)を言うのでしょうか。


弊社はもう個別社員の人事考課点数によって昇給額が決めるという方法で決めようと考えておりましたが、

定期昇給にもこんなにいろいろな方法がありまして、この三つを混用して算定することもあると聞きました。

どんな方法が一番一般的に採用されているのか伺いたいです!

どうかお願いいたします!

投稿日:2014/02/26 17:18 ID:QA-0057903

willowさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

人事政策

昇給は人事政策の中でも最も重要で、うまく使えば社員の戦力化に絶大な効果を発揮する反面、失敗すれば逆に大きな損失となる重大な経営方針です。業界や企業のポジショニングによっても千差万別なため、一般論はそもそもありませんし、御社が人事政策をどうしたいかという判断がまずあってから決まることになります。
ご提示の中で、公務員や大企業を除けば今は自動昇給の幅は抑える傾向があります。廃止してしまう企業も出ています。査定による昇給は最も一般的ですが、これまた評価基準や評価する側の能力も高くなければならないため、簡単に決まるものではありません。評価者のための専門トレーニングなどもあります。昇格昇給は賃金規定等であらかじめ職位等に応じて給与バンドを決めておき、対象者の状況(現状・年齢・在職歴その他)も勘案してバンド内で決めることになります。

投稿日:2014/02/26 21:42 ID:QA-0057909

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

定期昇給に関しましては、各会社が個々に賃金規程でルールを定めて運用する事柄になります。文面に挙げられました3つの昇給につきましても法令で定義されているものではございませんので、どれをどのような形で採用するかは会社の給与ポリシー次第といえます。

ちなみに、御社が検討されている「個別社員の人事考課点数によって昇給額が決めるという方法」は、ご認識の通り査定昇給の一種といえます。こうした昇給方法ですと、成果主義の傾向が強くなりますので、頑張った社員とそうでない社員との差が最も顕著に現われることになります。そうした傾向を弱めたい場合ですと自動昇給を一部導入されるとよいでしょう。実際には昇格昇給も含めて3つを同時に取り入れているケースが多くなっているものといえるでしょう。

いずれにしましても、賃金制度は会社・従業員双方に採りまして最も重要な人事制度になりますので、どういったポリシーの下で金額を決めるかを明確にされた上で、それに見合った制度をしっかり検討されるべきといえます。

投稿日:2014/02/26 23:31 ID:QA-0057914

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

具体的には、各企業の人事戦略に基づいて決められる

定期昇給は、「 企業の設定した賃金表に基いて、 個人の賃金が定期的に昇給されること 」 を言いますが、 賃金表は、 通常、 縦軸に段階的賃金を、 横軸に年齢や勤続年数などの固定要素が配置されています。 これは完全なガチンコ的昇給メカ方式で、 「 自動昇給 」 といわれる所以です。 然し、 これでは、 貢献、 業績、 成果面における個人別差異を反映させることはできません。 反映させるためには、「 査定昇給 」 や 「 昇格昇給 」 ( 降格も十分あり得ます ) の採用が必要です。 現在、 ガチンコ的昇給メカだけを採用している企業は皆無に近く、 採用している場合でも、 比重はかなり小さいと推定されます。 他方、 ご質問の 「 一番一般的に採用されている方式 」 は、 概念的には、 「 能力・成果・情意の3要素を軸とする評価方式 」 とも言えますが、 具体的には、 各企業の人事戦略に基づき制度構築されることになります。

投稿日:2014/02/27 10:52 ID:QA-0057924

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
昇給
従来弊社は定期昇給があり全社員対象でしたが、直近の2年間は主任以上の昇給無し主任より下であれば昇給する事になりました。 同じ社員で昇給する対象・昇給しない対象を設けても良いものでしょうか? これは労基上も問題無い事でしょうか? 宜しくご教示ください。
昇給に関する定めについて
質問させていただきます。 労働基準法上、就業規則の絶対的必要記載事項として「昇給に関する事項」が定められています。定める事項として「昇給時期」「昇給率」等の例が挙げられていますが、「昇給時期」は必須の規定項目となるのでしょうか。 当社では就業規則上、昇給に関して 「勤務俸の昇給詮議は、原則として...
管理職の定期昇給率
厚生労働省の統計等で全社員の定期昇給率は調べられるのですが、その内の管理職の定期昇給率はいろいろ探しましたが、見当たりません。そのようなデータの所在が分りましたら、ご教示願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ソーシャル・レコグニション
「レコグニション(recognition)」とは、承認・認識という意味です。人事制度の中では、永年勤続表彰やMVPといった業績表彰が、組織におけるレコグニション制度に当たります。これにソーシャルが加わった「ソーシャル・レコグニション」は、組織においてメンバー同士が互いを承認しあうこと、また、その仕組...
カウンターオファー
「カウンターオファー」とは、本来は契約交渉に関する言葉で、売り手の条件提示(オファー)に対して、買い手が条件修正の申し込みを行うことをいいます。それが転じ、人事用語として使われる場合は、退職を希望するビジネスパーソンに対して、会社が「昇給」「仕事内容の見直し」などの新しい条件を提示し、退職・転職を思...
定期昇給制度
年齢や勤続年数といった年功の経過にともなって、毎年、自動的に基本給を上げていく仕組み。賃金水準そのものを底上げするベース・アップ(ベア)とともに日本企業の賃金制度の根幹をなしていましたが、最近では廃止したり、見直したりする企業が増えています。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...