企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15416件   回答数33320

研修企業ディレクトリーについて

新たに社員教育のプログラムを選定することになり、幅広い候補を検討したいと思います。人材育成・社員教育を行っている企業の一覧、ディレクトリーのような資料、本などはありますでしょうか。

それから、この分野で人事担当者及び研修企業側がチェックされているような専門誌があれば、ご教示ください。(異動したばかりで初歩的な質問で恐縮です)
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • マスコミ関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2006/08/02 15:29
  • ID:QA-0005622
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/08/03 07:27
  • ID:QA-0005634

石崎 秀仁
有限会社マネージメントサポート

研修企業について

おはようございます。
マネージメントサポート石崎です。

当社は掲載されていませんが、
『社員研修・教育ガイドブック-対象別
・テーマ別モデルプログラム』
で講師や教育機関を多少調べることができます。
但し、それぞれの企業等の販促媒体という
認識にとどめておいたほうがよいでしょう。
他には、あまり見たことがありません。

過去に人事関連の専門誌の特集で
研修企業一覧を見た記憶がありますが、
住所等だけで詳細な情報の記載はありません
でした。
研修会社もそれぞれ得意分野が異なりますから、
その辺りの情報収集が重要かと思います。
その点を踏まえると、やはりネットが
一番よいのではないでしょうか。
ネットで調べて気になる企業から詳細情報や
個別プログラム等の取り寄せ、検討してみたら
いかがでしょうか。

ご参考までに。

  • 投稿日:2006/08/09 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
研修といっても多種多様でしょうから、こちらのニーズをまず確定させる必要がありそうですね。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/08/09 07:42
  • ID:QA-0005673

株式会社クイック リクルーティング事業本部|戦略推進マネージャー

お薦めの専門誌について

初めまして、クイックの松沼と申します。
ご参考までに、お薦めの専門誌について回答させて頂きます。

リクルートワークス研究所が発行している「Works」という専門誌がお薦めです。コンテンツの中に、今、最先端の育成や研修に関するものがあり、参考にして頂けると思います。詳しくは、同社のHPよりご確認下さい。

※余談ですが、研修を行なうにあたって、「どんな目的で行なうのか?」ということが非常に大切になるのですが、この視点から企業毎に内容をカスタマイズし、最適な講師をアテンドしてくれる企業と組んで進められることをお薦めいたします。人材ビジネスの中でも、ビジョン策定やビジョン浸透など比較的上位の案件を扱っている企業が良いかと思います。もし、何かご質問があれば、お気軽にお問合せ下さい。

  • 投稿日:2006/08/09 09:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
早速拝見させていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新入社員の研修について
現在新入社員向けの研修制度を策定しています。 内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修と考えておりますが 企業様やその研修内容も多種多様です。 そこで平均的な金額や日程についてお教え頂けませんか。
社員教育
社員教育の一貫として電話対応等のマナー講習を考えております。出張研修をおこなっている会社を教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 近年の新入社員教育(研修)の傾向と課題
    ここでは、新入社員の気質、経営環境の変化に対応した新入社員教育の必要性、採用活動から配属後フォローまで一貫した体制作り、など近年の新入社員教育(研修)傾向と課題を整理する。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • 社員研修・人材育成の実務(1)自社にふさわしい教育体系をつくる
    社員教育の「独自性」と「成果」を両立させるための教育体系を考える
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
コープ教育
「コープ教育」とは英語のCooperative Educationを和訳した用語で、産学連携による実践的なキャリア教育の方法論を意味します。趣旨はインターンシップと共通しますが、インターンシップが企業など学生を受け入れる側のイニシアチブで実施されるのに対し、コープ教育では大学などの教育機関が産業界・...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...