企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

休憩時間が取れない場合

いつもお世話になっております。
休日に12時~19時まで作業をしている場合、弊社の休憩時間は1時間与えています。
しかし、ある従業員は休日出勤手当を7時間で申請しています。
会社としては、6時間を超えた場合は1時間休憩をとっているとみなして、休日出勤手当を申請時間から1時間引いた時間で計算しても差し障りはないでしょうか?
それとも、本人が休憩中も仕事をしていたということであれば、休憩時間分も含めるべきでしょうか?

投稿日:2013/03/06 14:14 ID:QA-0053687

**りんさん
兵庫県/建設・設備・プラント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

看做し休憩時間を差引いた時間を算定基礎として差支えない

法定の休憩時間は、 実労働時間に対して与えます。 ご相談の事案でも、 休日出勤手当は、 1時間の看做し休憩時間を差引いた時間を算定基礎とされてよいことになります。 尚、 「 看做し 」 なので、 念のため、 《 勤務時間の途中 》 に 《 1時間 》 の休憩をとるよう指示しておくのが望ましいでしょう。

投稿日:2013/03/06 14:36 ID:QA-0053689

相談者より

早速ご回答いただきましてありがとうございました。
従業員にはその旨連絡いたします。

投稿日:2013/03/06 14:47 ID:QA-0053691大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、所定の休憩時間につきましては労働者も当然ながら遵守しなければなりません。休憩時間である事を知りながら勝手に休憩中も仕事をした等と主張があっても、契約違反行為になりますので通常であれば賃金請求に応じる義務はないものといえます。むしろ、指示命令違反等で就業規則上の根拠に基き制裁措置の対象にすらなりえる事態といえるでしょう。

但し、事前に実働7時間分で休日労働申請されており会社がそのまま受理したような場合や、作業管理者がいながら注意もせず黙認していたような場合ですと、会社側でも7時間労働を認めた事になり、7時間分の休日労働賃金の支払義務が生じることになりますので注意が必要です。

投稿日:2013/03/06 19:25 ID:QA-0053695

相談者より

ご回答ありがとうございました。
弊社の規定では6時間以上の場合でも、1時間は休憩するようにルールを決めているのですが、勝手に休憩を取らずに仕事をし続けています。直接本人に注意するようにしないとトラブルはなくならないということですね。

投稿日:2013/04/11 14:29 ID:QA-0054136大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず労働時間管理は会社の義務ですから、たとえ事後であったとしても、1時間休憩を取ったのか、労働したのか実態を把握しなければなりません。
仕事をしていたと会社が認めるのであれば、賃金は支払わなければなりません。

投稿日:2013/03/06 21:44 ID:QA-0053697

相談者より

ご回答ありがとうございました。
指揮命令をする上司が把握していないので、本人の申告どおりとなってしまいます。このような管理体制を是正しなければ、難しいということですね。

投稿日:2013/04/11 14:32 ID:QA-0054137大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

休憩の意味

まず休憩は労基法が定める措置であって、必ず取らせる必要があります。「仕事が詰まっているので」という理由は現実にはあっても、法的には認められません。ゆえに会社の指示で休憩を命じ、ノーワークノーペイでこの休憩時間は無給になります。問題は休憩時間中仕事をする行為です。管理責任であり、勝手に休憩を取ったり逆に取らなかったりはコンプライアンス的にも大きなもんだいになりますので、法の主旨をあらためて管理者、労働者に周知すべきだと思います。

投稿日:2013/03/06 23:09 ID:QA-0053698

相談者より

ご回答ありがとうございました。
確かに、管理責任ではあります。
まずは、管理方法を考えていくべきだと思います。

投稿日:2013/04/11 14:33 ID:QA-0054138大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

休憩時間として問題ありません

12時から19時で作業をした場合1時間の休憩時間があるとのことですので、6時間で計算しても差し障りはありません。
休憩時間中ずっと働いていたとしても、1時間の休憩を会社が定めていますのでそれは休憩時間とみなされます。

しかし、会社から社員へきちんと休憩を取るように指示・指導をすることが必要です。
休日出勤で休憩を取っていないということですので、その人に仕事が集中している、あるいはその人の仕事の生産性が良くないなど、労務管理上の問題へつながることも可能性として考えられます。
休憩時間をきちんと取れる環境を作っていく為に、現場の状況を正しく把握していくことが必要です。

投稿日:2013/03/12 07:12 ID:QA-0053798

相談者より

ご回答ありがとうございました。
所属長へは、毎月残業時間や休日出勤が多い社員に対して、通知はしているのですが、忙しいから仕方がないという感じで、毎回同じ従業員が引っかかります。
業務分担をするなり考えてほしいのですが、人材不足で難しいようです。

投稿日:2013/04/11 14:36 ID:QA-0054139大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休憩時間は一時間だけで良い?
お世話になります。 まずはじめに 弊社の勤務時間や休憩時間は以下のようになっております。 勤務時間:8:30~17:00 休憩時間:90分 ここで月に3~4回ほど夜勤があります。 その勤務時間ですが 勤務時間:13:30~翌日17:00~21:00 となっております。 この場合でも休憩時間...
休憩時間について
いつも利用させていただいております。 さて、労基法では8時間超えの労働時間で1時間の休憩を与える義務があります。 その後残業時間が長くなった場合に休憩時間を与える義務は生じますか。 ちなみに当社では以下のように休憩を与えておりますが問題ありませんか。ご回答のほどお願いします。 所定労働時間:9時~1...
労基法の休憩時間について
労基法の休憩時間について教えてください。 労働時間を6時間超えた場合に少なくとも45分の休憩とあります。 以下のような場合、休憩時間とみなされますか? 就業開始~終了まで8:45~19:15 休憩時間9:00~11:15までで 11:15~19:15までの8時間は休憩なしです。 6時間を超えず...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 仕事の効率をアップさせる「昼寝」の活用と規定作成&運用
    仕事中に襲ってくる眠気と戦った経験を持つ人は、少なくないはず。睡眠不足は時に重大な事故を招くなど、決して侮ってはいけない問題です。短時間睡眠の研究が進むアメリカでは、昼寝によって作業効率の改善を図る企業が増加中。見直されつつある「昼寝の効用」をオフィスに導入するためには、どのような制度や環境が必要な...
  • 7. 人材派遣活用のノウハウ
    派遣スタッフを迎え入れ、気持ちよく働いてもらうために重要なのは、「派遣とは何か」を周囲の従業員が十分に理解していることだ。さらに、なぜ派遣を使う必要があるのかという会社の状況を関係する全従業員で共有しておくことは、職場の風通しの良さにもつながる。派遣スタッフが働きやすい職場は、自社の従業員にとっても...
  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
あわせて読みたいキーワード
喫煙休憩
「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多...
休養室
「休養室」とは、職場で従業員が急に体調が悪くなった場合などに休ませたり、救急車が来るまで待機させたりすることを想定して、事業場に設置する施設のことです。労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則および事務所衛生規則において、「事業者は、常時50人以上または常時女性30人以上の労働者を使用するときは、労働...
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...