企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15191件   回答数32724

役職者の責任自覚

お世話になります。
役職者に責任を自覚させる仕組みを構築したいと思っていますが、具体的な方法が見つかりません。
何かキッカケになるようなアドバイスを頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

  • カワハギさん
  • 三重県
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2013/01/29 14:48
  • ID:QA-0053050
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/01/29 17:47
  • ID:QA-0053053

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まずは、役職者の責務と権限を就業規則や職務権限規程などではっきりさせることが考えられます。

次にトップの考えを周知するために、役職者会議を開催したり、役職者も労働基準法の使用者に該当しますので、法令や社内ルールについて中間管理職研修を開催することが考えられます。

また、現在、具体的に、責任を自覚してないと思われることについて、包括的にあるいは個別に随時、理由を確認したり、指導・教育していくことも考えられます。

  • 投稿日:2013/02/20 15:14
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/01/29 19:53
  • ID:QA-0053054

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、まずは責任の対象となる業務範囲等を改めて明確に示す事が必要です。ただ漠然と「責任を自覚しなさい」と言われても、具体的に何の誰に対するどういった責任なのかが不明瞭であって各役職者自身の主観に基いているならば、およそ意味は無いものといえます。

問題がある以上、会社としましても今一度役職者が現状行っている各々の業務を検証し、適切に職責を果たしているか否かを確認されるべきです。その上で、業務内容に応じてどのような責任を果たすことが求められているかを示すといったように、きちんと具体性を持った指導をされるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2013/02/20 15:14
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/01/30 00:08
  • ID:QA-0053055

人事・経営コンサルタント

組織論

本件は法律というより、人事政策・組織論そのものと考えます。「役職者」が対象とのことですから、職務分掌の明確化とその責任評価体制が必要です。大きな組織でなければ会社業績と役職者評価は一心同体ですので、業績目標とその達成が何よりの責務であることを自覚させることに尽きます。当然賞与や昇給(ダメならその逆)で明確な反映がされなければなりません。いずれにしましても、一言で具体策を提言するというより、根本的組織の在り方を会社として打ち立て、その線に沿って具体的責任や評価が連動する体制を作っていただきたいと思います。

  • 投稿日:2013/02/20 15:16
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
役職と職位
役職と職位の定義を教えてください。
兼務の場合の役職手当について
複数の役職を兼務する場合、現在は役職手当が高い方を支給していますが、兼務している役職手当の合計額を求められることについては法律上どのように対応すればいいのでしょうか。
役職定年
お伺いします。 役職定年の導入を検討しております。 55歳で役職からはずし、役職手当をはずす等の対応を考えております。 しかし、能力関係なく55歳を迎えた段階で役職がなくなり 給与が下がるというのは合理的ではないような気がします。 今現在、50代社員がいないため運用されるのは10年後になります...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
    成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変化しています。
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。
あわせて読みたいキーワード
ケア責任
「ケア責任」とは、家族などにケアが必要な子どもや障がい者、要介護者がいる場合に、そのケアを担って責任を負うこと。「ケア責任」があることで、できる仕事に制限が生じたり、企業内で指導的な立場になりにくかったりするケースが考えられます。現在は、要介護者が増加傾向にあるなど「ケア責任」を負う人が増えており、...
役職序列
会社組織における役職は、事業活動に関する相応の責任と職権を伴う役目や職務のこと。代表取締役社長や専務取締役、本部長、部長など、各企業には組織の規模や形態に応じてさまざまな役職があり、その序列や企業内での位置づけを「役職序列」といいます。役職序列は、責任の所在を明らかにするとともに、企業の意思決定や指...
役職定年制
役職定年制とは、役職者が一定年齢に達したら管理職ポストをはずれ、専門職などに異動する制度。人事の新陳代謝を促し、組織の活性化や若手の育成、モチベーションの向上を図るとともに、年功序列制度のもとでは人件費コストの増加を抑えるねらいもあります。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...