企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショクムブンショウ 職務分掌

「職務分掌」とは、組織においてそれぞれの職務が果たすべき責任(職責)や職責を果たす上で必要な権限(職権)を明確にするために、職務ごとの役割を整理・配分することです。多くの企業・組織では、個別の部門・部署や役職、あるいは特定の担当者について、それぞれの仕事の内容や権限・責任の範囲などを定義し、明文化しています。この文書を「職務分掌規定」「職務分掌表」などと呼びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職務分掌のケーススタディ

円滑な組織運営を維持する基本原則
リスクマネジメントの分野でも注目

組織の規模が大きくなるほど、あるいは事業が多様化・複雑化するほど、適切なマネジメントがないと各部門間で業務や権限のコンフリクト(軋轢、対立)を起こしたり、指揮命令系統が混乱したりして、調整や折衝などに余分な手間がかかることになります。こうした事態を避け、円滑な組織運営・業務運営を維持するためには、あらかじめそれぞれの部門・個人が担当する業務内容と職位権限を明確化しておくことが求められます。大企業および役所など公的機関の大半が、職務分掌規程や職務分掌表などを定め、組織の役割と責任の分担を規定しているのはそのためです。

もっとも業務には、簡潔に文書化された“あるべき論”の役割分担だけではわりきれない、実務上の細かい都合や緊急事態、突発的なトラブルがつきものです。せっかく職務分掌が定められていても、実際には十分に機能していなかったり、「それは私の仕事ではない」という言い訳のために使われたりして、責任のなすりつけ合いが日常茶飯になっているケースも少なくありません。職務分掌を生産的に活用して全体をうまく回すには、現場の当事者と納得のいくまですり合わせを行うことも必要でしょう。

こうした組織開発の文脈とは別に、職務分掌は、内部統制やリスクマネジメントにおいても重要な概念として注目を集めています。業務に対する責任の所在や範囲があいまいだったり、特定の担当者に権限が集中したりすると無用のリスクが生じるためです。財務会計部門でいうと、振込依頼書の作成と銀行印の押印という二つの仕事を同一人物が担当すれば、着服や横領といった不正のリスクが高まりますから、担当を分離するのは当然の施策でしょう。

情報もまた、金銭と同様に扱われるべきです。情報システムにおいては、セキュリティの設計および実装を担当した人物と、セキュリティのチェックを担当する人物とは当然、別人でなければなりません。特定の従業員に過度の処理権限を付与しないよう、アクセス管理やアイデンティティ管理の機能によって適切にコントロールすることも求められます。多くの業務プロセスは複数の情報システムにまたがるのが普通ですから、誰がどのシステムに対してデータ入力や申請を行うのか、誰がその申請を承認できる権限を持つのか、不備や不整合なく、作業と権限を最適な状態に割り当てなければなりません。

職務分掌とは、このように特定の職務権限を異なる独立した担当者に分離することで、過失や不正行為のリスクを未然に回避、低減させる、コーポレート・ガバナンスにとってきわめて重要な統制行為でもあるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
ダブルアサインメント
「ダブルアサインメント」とは、「一業務二人担当制」のことで、通常なら一つの仕事や取引先に担当者を一人ずつ充てるところを、あえて二人の担当者を配置し、ペアを組んで業務にあたる働き方をいいます。担当者二人が業務に関する情報や知識を共有し、緊密に連携することで、特定の人しかその業務ができない状態に陥る、“...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第50回 「リスクマネジメント」の時代~その具体的対処法(後編)
『前編』では、リスクが多様化・複雑化した中でのこれからのリスクマネジメントのあり方について記した。 今回の『後編』では、リスクマネジメントの具体的な進め方について、また、 事故や事件が起きてしまった場合に被害を最小限に留めるための方法について、解説していく。
2011/09/16掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
職務権限の規定は労基に届け出る必要がありますか
お世話になります。 当社では、職務権限の関する規定を職務権限規程として本来の就業規則とは別個に制定しています。 周辺規定も労基への届出が必要になるとは思いますが、この職務権限規程は労基への届出が必要となるのでしょうか。 なお、職務権限規程には、 「○○は職務権限表に従い権限を行使する」 「○○は...
権限の種類について
一般的に「権限と責任」といわれますが、管理職の権限とはどのようなものがあるのでしょうか。 思いつくのは、人事権、組織編成権、経営資源行使権(経費)、指揮命令権程度しか思いつきません。 一般的にものでかまわないのでアドバイスをお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。