企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職時の通勤交通費清算について

いつも利用させていただいております。

通勤交通費を入社時に6ヶ月分まとめて支給しています。
退職する際に未使用期間分の通勤交通費が発生したときは、退職当月か翌月の給与から清算しようとおもうのですが、全額払いの原則から労使協定で賃金から控除できる旨の規程を定めなければなりません。

以上を踏まえて、以下の点についてご教示ください。

①通勤交通費は賃金となるのか。
労働組合員でない者との間で上記のようなケースが生じた場合、労働協約に記載されていても効力は及ば ないと思うが、このような時は、個別の労働契約書に記載していたら足りるのか。

宜しくお願いいたします。

投稿日:2012/12/18 15:36 ID:QA-0052562

*****さん
兵庫県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

基本的には、非労組員にも適用される

労働協約というのは、あくまでも労働組合に加入しているメンバーに適用されることを前提として締結されますが、何かの事情で組合に加入していない場合もありますので、労働組合法第17条では、一定の要件を満たした場合、その組合が締結した労働協約は、当該組合の組合員以外の者にも自動的に拡張適用されるとしています。 この効力は、労働協約の一般的拘束力と呼ばれています。 回答は、逆順になりますが、 ご質問 ② ⇒ 4分の3以上の数の労働者が適用を受ける内容であれば、非労組員にも、効力が及ぶことになります。 ご質問 ① ⇒ その通り、賃金となります。

投稿日:2012/12/18 22:31 ID:QA-0052566

相談者より

早々のご回答ありがとうございます。

投稿日:2012/12/19 08:24 ID:QA-0052570大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御質問にお答えいたしますと‥

①:通勤交通費(通勤手当)につきましては、その性質上業務遂行に不可欠なものですが法的な支給義務まではございません。しかしながら、就業規則で支給が定められている場合には他の手当と同様に賃金として取り扱う事が求められます。

②:通常ですと労働協約の適用は非組合員にはございませんが、いわゆる過半数組合の場合ですと労働基準法上の労使協定にも該当しますのでその効力は非組合員にも及びます。もし過半数組合でなければ、別途選出された全従業員の過半数代表者との間で労使協定を締結し定めておく事が必要になります。

投稿日:2012/12/18 23:21 ID:QA-0052568

相談者より

ありがとうございます。

一般的拘束力が適用されるのであれば、個別の労働契約書には記載しなくても大丈夫ということでしょうか。

また、労働協約にはどのように記載すればよいでしょうか。
賃金の過払い金は賃金で精算するという文言で足りるのでしょうか。

投稿日:2012/12/19 08:27 ID:QA-0052571大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き感謝しております。

「一般的拘束力が適用されるのであれば、個別の労働契約書には記載しなくても大丈夫ということでしょうか。」
― 一般的拘束力がある労働協約ということですと、当然ながら過半数組合として労使協定となりますので労働契約書への記載は不要です。

「また、労働協約にはどのように記載すればよいでしょうか。
賃金の過払い金は賃金で精算するという文言で足りるのでしょうか。」
― 記載に関する法的定めはございませんので、具体的な文言等は過半数組合と協議の上決めることになります。賃金から控除する事が明確に示してあれば特に問題ないものといえます。

投稿日:2012/12/19 10:17 ID:QA-0052573

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2012/12/19 11:20 ID:QA-0052575大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
マイカー通勤者の通勤交通費について
ほとんどがマイカー通勤者ですが、通勤交通費としてバス・電車で通勤した場合の定期代を支給しています。これでは非課税限度額を超過していることになるようですが、マイカー通勤者は非課税限度額までの通勤手当に変更しないとまずいでしょうか。脱税になりますか?
有給休暇中の通勤交通費
早速ですが、退職者が有休を消化するため1ヶ月ほど休む場合も通常通り通勤交通費は支払うべきなのでしょうか? 弊社では特に規程はありませんが、1日や10日くらいの有休取得者には通勤交通費を支給しており、退職者であれ、期間が1ヶ月であれ、同様と支給しておりました。ところが、中途入社の方から前の会社では有休...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
エコ通勤
CO2(二酸化炭素)の排出量を抑えるために、自動車を使わず、徒歩、自転車、公共交通機関などで通勤することを言います。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...