企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14932件   回答数32025

個人情報の定期的な最新化

個人情報の取扱いに対して、日に日に見る目が厳しくなっていますが
弊社でも個人情報との向き合い方を強めるよう要求がきています。

「個人情報の保護に関する法律」でも
第十九条  
個人情報取扱事業者は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めなければならない。

と明記されており、従業員の情報を定期的に最新に保つよう施策を講じるつもりです。

そこでお伺いしたのですが、個人データの従業員確認にはどのような手段をとればよろしいでしょうか。

というのも、個人情報(住所・家族情報等)の追加変更削除はどうしても申請ベースになってしまい
本人が申請しなければ情報は古いままになっしまいます。
人事部にて管理されている情報を定期的に開示して、変更がある場合は社内ワークフローシステムで
申請させればよいのですが、開示にどのようなツールが適しているのか悩んでいます。
(従業員約10000人、事業所ごとにPC数台あり)


一人ひとりに郵送すべき(コスト、作業工数多大)か、事業所ごとにいる事務担当に一覧で送付するか(個人情報なので一覧送付は厳しい)などそれぞれ問題があると思います。

業種や事業形態で差異はあると思うのですが、
どのような手段をとるのがベストかアドバイス願います。

  • sonomoさん
  • 東京都
  • ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2012/02/23 12:04
  • ID:QA-0048386

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/02/23 12:13
  • ID:QA-0048387

この回答者の情報は非公開になりました

個人情報の最新化

人事業務は基準日があります。昇給や昇格は通常年に1回です。また、賞与ということでは年に1回です。これ以外にシミュレーションで将来の日を基準日にすることがあります。さて、就業規則には一般に、住所などに変更があれば遅滞なく届け出ることとあります。それによって通勤費が異なったり、連絡先が異なったり、市民税の納付先などが変わるからです。基本的にはこの規則に従って、従業員に遅滞なく届け出ることを呼びかけ、さらにその変更を随時行っていれば、可及的速やかと言えると思います。それ以上に、従業員に変更はないかと声高に呼びかけるのは、個人情報を開示せよと迫っているようで、不適切ではないでしょうか。なお、人事情報システムで詳しく個人の基本情報を管理している会社もあるようですが、項目について多すぎないか、個人の生活に踏み込み過ぎてはいないかと考えることがあります。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/02/23 12:40
  • ID:QA-0048388

代表者

手間とお金はかかっても、伝統的な手法でアップデートを

情報収集ツールがどれだけ発達しても、個人情報を全員洩れなくアップデートするには、手間がかかっても、個人別に封書で、現記録を送付、シールカバー貼付して、人部宛に直送させる方法以外に手段がありません。 事務担当への一覧表送付などは最もまずい方法です。
従業員規模、個人別パスワードによって管理され、且つ、全員アクセス可能なイントラネット環境に恵まれている企業は別にして、手間とお金はかかりますが、ここは、基本的に、年一度程度なので、腹をくくって、伝統的な手法で取り組むべきだと思います。

  • 投稿日:2012/02/23 14:32
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます!
やはり郵送対応をしてみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/02/23 14:49
  • ID:QA-0048394

この回答者の情報は非公開になりました

個人情報の最新化

個人上保護法の趣旨は、個人情報が濫用されないようにということだと思います。人権の尊重がその基本理念とされています。最新性などは二の次の問題です。従業員数が1万人で、不定期に郵送で内容を尋ねるという作業は手間もコストも大変なことです。かといって、そうした保護されるべき情報を一覧表にして、事業所や上司などに送付することはかえってずさんな管理で、法の趣旨に反します。更新は必要ですが、異動や入社・退社、本人からの申し出などで十分ですし、何日付かわかれば、遡って更新すればいいことではないでしょうか。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
個人情報保護方針
人事管理における個人情報保護の観点からの管理体制や仕組みはどのようにすればいいでしょうか?
個人情報の管理について
お世話になっております。 個人情報の保護について質問させていただきます。 弊社では、現状、各事業所から本社に雇用契約書等の個人情報を普通郵便で郵送しています。 この行為自体は大きな問題なのでしょうか。 個人的には、預かった個人情報の取扱いとしては不十分と感じております。 一般的にはどの程度のセキ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ヘルスリテラシー
「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持...
フィルターバブル
「フィルターバブル」とは、インターネットで、利用者の思想や行動特性に合わせた情報ばかりが作為的に表示される現象のことをいいます。サーチエンジンが、検索履歴や購買情報から行動パターンを学習することによって、利用者の志向に近い情報が優先的に表示され、望まない情報から遠ざけられます。アメリカの活動家イーラ...
弱い紐帯の強み
「弱い紐帯の強み」とは、米国の社会学者マーク・グラノヴェッターが発表した社会的ネットワークに関する仮説です。グラノヴェッターによれば、新規性の高い価値ある情報は、自分の家族や親友、職場の仲間といった社会的つながりが強い人々(強い紐帯)よりも、知り合いの知り合い、ちょっとした知り合いなど社会的つなが...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...