企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15685件   回答数34053

自己都合退職者の有給買取

自己都合(転職)者が、退職日までに有給が消化できないとして、残日数の買取を依頼してきました。
退職日翌日から転職先での就業となっており、退職日も残日数分延ばすことができないということ。

会社は自己都合なので、買取できないと拒否したのですが、有給消化できないのに残りをどうしてくれるのか??と
訴えてきました。

このような場合、消化できない場合買い取るなどの処理を行わないと違法となるのでしょうか?

※会社都合で退職する方には残日数分買取を行っている実績があります。(退職日まで就労してもらう必要があるため、会社として買取を行っている)

  • ハイドさん
  • 京都府
  • その他業種
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2011/09/20 11:28
  • ID:QA-0046113
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/09/20 11:44
  • ID:QA-0046115

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

有給の買取

有給の買取は、原則として禁止されています。例え従業員から希望されても、買取ことは許されません。ただし、退職直前に請求された場合は例外的に認められますが、これは、あくまで労働日が残っていて、有休消化されると業務に支障がある場合のケースです。
■今回のように、退職日が決まっていて、退職日までに有給が消化できないといった理由で買取ことはできません。(会社が買取のは自由ですが、その必要はありません。)
以上

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/09/20 17:06
  • ID:QA-0046128

この回答者の情報は非公開になりました

買い取る必要はありません。

有休を消化しきれるような退職日を設定してほしいというのは、受け入れざるを得ませんが、有休が残ってしまうことを分った上で、退職日について合意したにもかかわらず、「消化できなかった有休を買い取ってほしい」というのは、受け入れる必要はないでしょう。

ただ、このような場合は、例外として認められていますので 何か事情があるなら、買い取ることも違法ではありません。

今後は、就業規則への明記、残有休日数の告知(明記)は、しっかり行っておくのが望ましいと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/09/20 22:40
  • ID:QA-0046142

人事・経営コンサルタント

現実対応

残りの在籍期間をすべて休んでも有給日数が余るということでしょうか。そうであれば退職日を決めた本人責任ですので、総て休みとして、不足分は自己責任で良いかと思います。そうではなく、引き継ぎ等で休まれては困るという事情であれば、不本意ではあるかと思いますが、買取相当額を支払う方が楽かと思います。状況でご判断されるのがよろしいかと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/09/20 23:36
  • ID:QA-0046147

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

年次有給休暇につきましては原則として買い取りは禁止されています。そもそも休暇とは暦日に与えるものですし本来売買する性質のものではございませんのでこうしたルールは当然の事といえます。

但し、例外としまして退職の際未消化となる日数分につきましては買い取りが認められていますが、これはあくまで会社が任意に行えるというものでしかなく、会社に義務付けられてはおりません。

当人は「有給消化できないのに残りをどうしてくれるのか??と訴えてきました」との事ですが、そうであれば前もって年休申請すればよかったことです。また急に決まった転職で未消化となるという理屈であっても、あくまで不可抗力の事態であり会社側の責任ではございませんので、このような筋の通らない主張に応じる義務は全くございません。

逆に安易に認めてしまいますと、今後同様の対応を求める退職者が出ることも予想されますので、当人に配慮すべき特別な事情でも無い限り、原則に基いた運用をしっかりとされるべきというのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/09/26 21:10
  • ID:QA-0046228

社会保険労務士法人SRグループ 代表

有給の買取は例外的に認められますが、任意ですので会社の裁量に委ねられます。

  ご質問を拝見し、回答いたします。
  まず年次有給休暇の買取ですが、年休制度の趣旨である「心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図ること」を鑑みると、賃金の支払いで休暇を相殺してしまう点から原則として違法となります。(昭和30.11.30基収1718号)
しかしながら、例外的に以下の場合ですと、年休の買取をする事ができます。
1)法定付与日数を上回る休暇分
2)年休請求権の時効により消滅した休暇分
3) 退職等により権利行使できなかった休暇分
今回のご相談は、3)のケースに該当しますが、上記各ケースは法令上定められたものではなく、あくまでも任意的なものですので、御社の裁量に委ねられます。よって、退職者の方から請求があった場合でも、拒否することが可能です。
  尚、3)による有給の買取の実例としては、会社都合退職により予め退職日が決まっており、その間業務引き継ぎ等で有給休暇を取得することが困難な場合があげられます。御社における有給買取の実績も、この「会社都合」によるものであります。
  一方、今回有給の買取請求を申し出た従業員の方は、自己都合退職者であり、有給の残数が発生することはわかっていたはずであります。御社において有給買取の実績がある「会社都合」による退職とは一線を引いての対応が望ましいでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年退職時の退職金
お世話になります。 定年退職時の退職金支給について質問させてください。 退職金規定支給表に自己都合、会社都合がある場合、定年退職の場合は会社都合支給でよろしいのでしょうか? 
退職と有給消化
①退職に当たり、有給残日数が40日間残っていますがそれを含めた退職日設定をすることに問題はありますか? ②その有給休暇は、退職届を出す前に申請する必要がありますか? ③退職日が毎月、10日、20日、30日と規定で定められていますが言われましたが、それは法律上、有効ですか? 宜しくお願いします
退職時の有給休暇の買取について
退職の際、業務の都合等で有給休暇を消化し切れなかった場合の、残日数の買取は、退職者から請求があった場合のみでよいのでしょうか? それとも、請求はなくとも会社が自主的に支払うべきなのでしょうか? ご指導よろしくお願します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...
カウンターオファー
「カウンターオファー」とは、本来は契約交渉に関する言葉で、売り手の条件提示(オファー)に対して、買い手が条件修正の申し込みを行うことをいいます。それが転じ、人事用語として使われる場合は、退職を希望するビジネスパーソンに対して、会社が「昇給」「仕事内容の見直し」などの新しい条件を提示し、退職・転職を思...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...