企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

採用内定後の取消しについて

中途で採用の内定を出した方が、入社1週間前に妊娠されていることがわかり、連絡をしてこられました。
本人の様子では、面接時、内定連絡時に事実を隠していたわけではなく、その後判明した様子ではあります。
ただ、採用後数ヶ月でお休みに入られるのは非常に困難で、また、弊社は入社後1年未満の方には産前産後、育児休業は認めておらず、退社することになります。
このような場合でも、妊娠を理由とした内定取消しは法律上の問題となりうるでしょうか?

投稿日:2005/02/23 11:42 ID:QA-0000212

*****さん
東京都/化粧品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

採用内定後の取消しについて

 採用内定の効力については見解の分かれるところですが、「内定時点で労働契約は成立している」「内定の取消しには正当な事由」が必要となると認識し、慎重に対応してください。貴社からの一方的な取消しはトラブルに発展する危険が大です。
 失礼ながら、文面からだけ判断すると、貴社は労務管理が成熟していないと思われます。そのような職場では内定といっても口約束だけで、労働契約書を締結しておらず、まだ出勤日や賃金などの正式な労働条件も提示していないのかも知れません。それでも、お互いの合意によって労働契約は成立しているのです。
 内定を取消すことができる「正当な事由」には、犯罪行為や健康異常などであり、妊娠が健康異常に該当しないのは明らかです。法律上、妊産婦の就労が禁止されている危険有害業務に「職務を限定」して採用したのなら別の判断もできるでしょうが、今回はそうではないでしょう。

 それより問題なのが、これまでの実態です。産前産後休業、育児休業は事業所の規模を問わず強制適用です。「1年未満の方には認めていない」というのは、育児休業に関しては可能ですが、それも法律上の要件(労使協定)を満たした上で行っているのでしょうか。あくまでも判断上の話であり、そのような形で退社された方がいないことを願います。もし、実例があったら、その方が大問題です。今回の対応を誤った結果、トラブルになれば、過去の実例にも飛び火する恐れもあります。

 まだ、内定者がすぐに、長期間休むとは決まっていないでしょう。業種からして、女性が安心して働くことができたり、出産後の女性が継続勤務するのは、今後の貴社の経営にとって大きな強みになるはずです。育児休業中は貴社の費用負担はごくわずかですし、この間、派遣社員を受け入れることも認められています。逆に、初めての育児休業取得者が出たというなら、国からお金を受けられる可能性もあります。この方を予定どおり採用し、出産後も継続勤務してもらえる職場にステップ・アップすることが貴社のためになるでしょう。

投稿日:2005/02/23 17:07 ID:QA-0000213

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。