企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

就業規則の統一

この度グループ会社を合併します。
合併会社である当社の就業規則を被合併会社(消滅会社)に適用する予定ですが、当社の休日は【(1)日曜日、(2)土曜日、(3)国民の祝日・祭日】となっており、一方、被合併会社(消滅会社)の休日は、【(1)日曜日、(2)国民の祝祭日、(3)指定休日(第2、第4土曜日)】となっています。業種上、合併会社/被合併会社とも、現行の休日体系(合併会社:完全週休2日制/被合併会社:隔週週休2日制)を保ちたく思います。就業規則の条文上、どのように整合性をとれば良いのでしょう。
ご教示いただけますよう、お願い申し上げます。

投稿日:2010/06/14 21:26 ID:QA-0021085

*****さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

合併に伴う就業規則の改定

会社の都合で休日休暇や労働時間を自在に変更することは不利益変更でも重大な問題で、無効とされるでしょう。しかし、合併などの場合は特別な出来事ですから、単体の会社の場合のようにはいかないと思いますし、多少の不利益、不都合は従業員も負わざるを得ないでしょう。

従業員の納得を得るために、会社としてギリギリの配慮をしたと見える形で話し合いの場を持つなりして改定すれば、やむを得ないでしょう。

合併すれば、しばしば解雇になることさえ、やむを得ない事由になっています。こうした面から考えても、休日の調整は教養範囲で、会社の裁量で変更可能だと考えます。

投稿日:2010/06/14 21:35 ID:QA-0021087

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

御利用頂き有難うございます。

会社合併の場合には、従前の労働契約がそのまま継承されますので、消滅会社の従業員に関しましても、基本的には消滅会社での労働条件が引き継がれる事になります。

文面の合併内容ですと、新会社においても従前の労働契約が各々維持される形になりますので、不利益変更の問題は生じません。

休日を全社一律としなければならないといった決まりはございませんので、就業規則の上では合併・被合併各々の部門での休日を明確に記載するといった改正で対応可能です。

但し、誤解を避ける上でも、そうした労働条件の継承について対象者にきちんと説明をされるべきといえます。

投稿日:2010/06/14 22:14 ID:QA-0021093

相談者より

ご教示ありがとうございます。
大変参考になりました。
部門別に休日の設定を変更するか否か、社内検討してみようと思います。

投稿日:2010/06/15 21:59 ID:QA-0040414大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

回答いたします

合併後の就業規則の整合性につきましては、
変更後の就業規則の内容に合理性が認められる限り、
違法性の問題にはなりません。

とはいえ、就業規則の適法性の問題と、
労働者の方の理解・モチベーション等の問題は
分けて考える必要があります。

今回のケースですと、被合併会社は消滅しますので、
被合併会社(消滅する会社)の休日体系に統一することは
実体に合わないかと存じます。

吸収合併の場合、存続会社の就業規則に合わせる形で
整合性を図るのが一般的ですし、
御社のケースであれば、被合併会社の休日体系よりも
合併会社の休日体系のほうが、労働者の方にとって有利な内容です。

従いまして、存続会社の就業規則に統一されると
労働者の方の理解が得られやすいかと存じます。

ただし、被合併会社の労働者の方の賃金は変わらないことが前提です。
休日が増加する代わりに賃金が合併前より低下するというのであれば、被合併会社の労働者の方の理解を得るため、事前に十分な説明をする必要があるかと存じます。

なお、前述の通り、
新たな就業規則に合理性が認められるのであれば、
被合併会社の休日体系に合わせる、又は
折衷的な新体系にする
ことも可能です。

いずれの方法によるにせよ、
会社の負担と労働者の方の理解との調和がとれた
就業規則の内容を事前に決めておくことが重要かと存じます。

投稿日:2010/06/14 23:04 ID:QA-0021096

相談者より

ご教示ありがとうございます。
大変参考になりました。
就業規則は存続会社のモノに統一する予定です。従業員の理解が得られるように、事前に意見聴取をしてみようと思います。

投稿日:2010/06/15 22:02 ID:QA-0040417大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

就業規則の具体的記述

消滅する会社の就業規則は確かになくなってしまうのですが、部門が異なれば、継承することは問題ないでしょう。
しかし、同じ職場なのに、合併後、休日が異なるというのは納得されにくいです。
同一事業所、同一部門であれば、休日の多い方に統合されるのが自然と考えます。それで回りにくいなら、休日出勤してもらうことになるでしょう。

投稿日:2010/06/14 23:57 ID:QA-0021097

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の届け出
最近会社が合併しました。 就業規則を届け出るにあたり、変更届として提出することになるのでしょうか、それとも、合併により 会社名が変わったので、あらたに制定した規則として届け出ることになりますでしょうか。 また、この就業規則は、どの範囲までの規則を届け出る必要がありますでしょうか。就業規則の附則規程...
就業規則について
就業規則等で定める、いわゆる法令上の「会社」や「使用者」ですが、厳密には、これには役員だけではなく、管理監督者も含まれるのでしょうか?
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...