企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 最終更新日:2020/04/02

【ヨミ】レジリエンス レジリエンス

「レジリエンス」(resilience)は、「復元力」や「回復力」「弾力」などと訳される言葉です。近年は特に、「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生きのびる力」を意味する心理学的な用語として使われるケースが増えています。また、レジリエンスの概念は、個人から企業や行政などの組織・システムに至るまで、社会のあらゆるレベルにおいて備えておくべきリスク対応能力・危機管理能力としても注目されています。

1. レジリエンスとは

レジリエンスはもともと、幼児や青少年を対象とする臨床精神医学の領域で研究されていた概念です。それが現在では「ポジティブ心理学」の主要テーマとして取り上げられ、人材育成や組織開発の分野にまで応用されるようになっています。

ポジティブ心理学とは、人の心の病的な側面ではなく、優れた側面――可能性や強み、能力などに焦点を当て、「どうすればより良く生きることができるか」を研究する心理学です。現在、欧米の企業で導入されているメンタルヘルス教育のカリキュラムは、レジリエンス強化のプログラムなど、ポジティブ心理学の理論によって開発されたものが主流といわれます。

これまでの研究によれば、「レジリエンスが強い人」は、以下の三つの心理的特性を共通して持っているといわれています。

  1. 肯定的な未来志向 ――未来に対して常に肯定的な期待を持っていること
  2. 感情の調整 ――感情のコントロールを適切に行えること
  3. 興味・関心の多様性 ――興味・関心をさまざまな分野に向けていること

ほかにも、安定した家庭環境や親子関係があること、自尊心や共感性が育っていること、ユーモアセンスやコミュニケーション能力があることなども、レジリエンスが強い人の条件とされています。

また興味深いことに、研究結果によると、過去の苦労体験の多寡とレジリエンスの強さとの間には相関関係が見られません。「風雪を耐えてこそ人は打たれ強くなる」といわれることもありますが、必ずしも正しいとはいえないようです。挫折から回復して困難を生き抜くためには、上記のような“意識のありよう”を持つことの方が、過去の蓄積よりも効果が高いことが明らかになっています。

さまざまなレジリエンス

レジリエンスは、心理学的な用語として使われる以外に「災害からの回復」など、さまざまな文脈で使われています。

災害レジリエンス

災害レジリエンスとは、「災害からの回復力」を意味します。災害が起きると、個人や家族、企業などの組織、あるいは地域社会が深刻な被害を受けます。災害レジリエンスにより、被害を受けた個人や組織、社会は被害から立ち直って復興していくことになります。これからの防災対策は、災害レジリエンスを高める方向に向かわなければならないといわれています。

レジリエント建築

レジリエント建築も、災害レジリエンスの延長に提唱されている概念です。災害が発生したとき、機能や性能への影響が小さく、正常な状態に回復するまでが短い時間で済む建築をレジリエント建築と呼び、研究が進められています。

レジリエンストイレ

レジリエンストイレは、災害が発生して断水が起こった際にも使用できるトイレのことです。排水を特殊な方法で行うことにより、平常時に比べて大幅に少ない量の水で洗浄することができます。一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する『ジャパン・レジリエンス・アワード2019』で最優秀レジリエンス賞を受賞しました。

レジリエンス経営

企業にとっては、巨大な災害はもちろんのこと、テロや金融危機、サイバー攻撃なども「危機」となります。それらの危機が発生し、企業がダメージを受けた際、回復に向けて速やかに行動する「レジリエンス経営」が必要だといわれるようになっています。

レジリエンスが広まった理由

レジリエンスが注目されるようになったのは、1970年代といわれます。第二次世界大戦において、ホロコーストを体験した孤児たちの研究がきっかけでした。孤児たちを追跡調査すると、過去のトラウマによって生きる気力を失ってしまった人たちがいる一方で、トラウマを乗り越えて人生を前向きに生きていくことができた人たちもいました。研究を続けることで、レジリエンスには「思考の柔軟性」が必要であることがわかってきたといいます。

近年になってレジリエンスが大きく注目されるようになったきっかけは、2013年に行われた世界経済フォーラム(ダボス会議)です。ダボス会議では、メインテーマを「レジリエント・ダイナミズム」とし、レジリエンスが高い国ほど、国際競争力も高いと結論づけました。

日本でも2011年に発生した東日本大震災をはじめ、大災害が何度も続いて起きています。日本人も、これらの災害を経験する中で、レジリエンスに着目することの重要性に目が向くようになってきたといえるでしょう。

2. レジリエンスの注意点

レジリエンスを高めるための施策を企業が行うときに、注意すべき点を見ていきます。

人によってレジリエンスの高さは違う

第一に注意すべきは、「人によってレジリエンスの高さは違う」ということです。同じような刺激を受けたとしても、心理的なダメージの強さが人によって違うからです。心理的なダメージを極端に強く受ける「HSP」と呼ばれる人たちもいます。

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略称です。日本語では「感覚処理感受性の高い人」と表現されます。他人からは些細とも見える刺激にも敏感に反応し、刺激過剰になりやすい気質を先天的に持っている人のことで、1996年にアメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が発表しました。HSPは職場や家庭での生活で疲れやすく、また生きづらさを感じやすいといわれています。HSPのケーススタディとして、以下のようなものがあります。

  • 「光や音、匂いなどの刺激が気になってしかたがない」
  • 「感情やイメージをたくさん感じているのに、うまく言い表すことができない」
  • 「相手のことを考えすぎて、イヤだと言えず断れない」
  • 「他人から監視されたり、評価されたり、競争させられるのが大嫌い」
  • 「周囲の人の気分や感情に左右されて動揺しやすい」
  • 「複数のことを短時間でこなすよう求められると混乱してしまう」

レジリエンスを高める施策は、ともすれば、「未来志向を肯定的に」「感情の調整を適切に」「興味・関心を多様に」のようなHOW TO論になりがちです。しかし、受ける心理的ダメージの強さが人によって違うことを前提としなければ、受講者にさらにダメージを与える抑圧的なものになりかねません。レジリエンスを無理に高めようとするのではなく、個人の特性に合わせながら「育成する」観点を持つことが重要です。

レジリエンスを高める施策をとる場合は

企業がレジリエンスを高める施策を研修などによって行うにあたり、講師を招いて社内研修を実施するケースもあるでしょう。カリキュラムを選ぶにあたっての注意点を見てみましょう。

(1)研修内容がカスタマイズ可能なものを選ぶ

研修は、業界や自社の事情に合わせることによって、より効果的なものになります。研修内容がカスタマイズ可能なものを選びましょう。

(2)講師のレベルを確認する

研修の効果は講師のレベルにより大きく左右されます。評判をうのみにせず、公開講座に実際に参加してみるなどして、講師のレベルを確認しましょう。

(3)研修の効果をしっかりと測定するところを選ぶ

研修の効果が実際にどのようなものであったか、アンケートなどを用いて数値的に評価しているところを選びましょう。効果の測定をしなければ、研修内容を改善していくことは見込めないからです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
福井県 その他業種 2020/04/15

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あわせて読みたい

研修内製化
研修内製化とは、社内の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3.研修計画の作り方
研修計画を作成する際は、長期的な視点に立って、計画的に実行していくことが求められる。人材育成戦略全体を有機的に関連づけ、人材育成ニーズに合った研修を立案、実施し、効果測定を行うことが重要である。ここではその研修計画について解説する。
2012/10/12掲載よくわかる講座
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座

関連するQ&A

通勤災害について
通勤災害について質問させて頂きます。 当社では、従業員が研修のため出張する場合、原則会社へ出社してから研修地へ行くことになっていますが、従業員の自宅から直接研修地へ行くほうが都合が良いときは研修地への直行を認めています。この場合自宅から研修地への道中で事故等災害にあってケガをしたときは労災保険上の通...
研修効果について
C000040で質問させて頂いた者です。 研修の永遠のテーマかも知れませんが、研修の効果測定方法についてお聞きしたいと思います。(ヒューマンスキル部分) 当社は研修の基盤が固まっていないため、トライアンドエラーを繰り返して、数年かけて体系を作っていくことになると思いますが、そのためには効果予測と測定...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...