無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ハイチテンカン 配置転換

人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、同じ企業内において職場や勤務場所が変わることのみを指し、このうち事業所間にまたがる配置転換を転勤といいます。
(2012/3/26掲載)

配置転換のケーススタディ

異動や転勤には就業規則の規定が必要
会社分割時の転籍は承継法に従って

日本企業の伝統的な雇用管理の特徴として、従業員の配置転換を頻繁かつ広範囲に行うことが挙げられます。それは、長期雇用慣行のもとで労働ニーズの変動に対応するためであり、また従業員の能力開発のためにもさまざまな職場や業務を経験させる必要があると考えられてきたからです。

とはいえ、雇用者の随意に人を動かせるわけではありません。異動や出向の命令に従業員が同意しないとトラブルになります。雇用者が配置転換を行う権利(配転権)は、就業規則などの規定の手続きに拠ってはじめて担保されるものであり、あらかじめ異動や出向を求めることがある旨を明文化しておく必要があるのです。

さらに就業規則に配置転換について定める記載があっても、次のような場合は「配転権の濫用」と見なされ、異動・出向には従業員本人の同意が必要となります。

 ・ 雇用された時点で職種や職場が限定されている場合、もしくは限定されていると従業員本人が
   理解して当然の場合

 ・ 配置転換の必要性が認められない場合。ただし厳密な理由を要求してはならない

 ・ 配置転換の命令に不当な動機がある場合。たとえば組合活動を妨害する意図で命令した転勤は
   無効となる

 ・ 配置転換によって従業員が不当に不利益をこうむる場合。特に病気や要介護の家族を抱えている
   といった事情は配慮されなければならない

2001年4月の商法改正によって、会社から一つの事業を切り離して子会社化する、あるいは他の企業に譲渡する(M&A)といった会社分割の手続きが迅速化されました。併せて「労働契約承継法」が制定、施行され、会社分割に伴う社員の配置転換――転籍や出向のルールも新しく定められたのです。

事業が動けば、人も動きます。この承継法は、会社分割をスムーズに進めながら同時に労働者保護を目指す法律で、たとえば従来は、分社による転籍は常に本人の同意が必要とされましたが、承継法では「分割される部門・業務に主として従事している労働者」は個別の同意なしに移籍が可能になると改められました。その一方で、「分割される部門・業務に主として従事しているのに移籍せず、残留とされた労働者」と「分割部門・業務に従として就いているのに移籍とされた労働者」については、異議申立てが認められるようになりました。異議申立てが出された場合、残留・移籍とも命令は無効となります。

事業の子会社化やM&Aが計画されるとき、「カネ」「モノ」の動きばかりが先行して検討され、「ヒト」の異動については後手に回りがち。労働契約を引き継ぐための諸条件など、法制度にも十分留意して進める必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「配置転換」に関する記事

「配置転換」に関する人事のQ&A

他社からの研修生受け入れ

取引先企業の社員を2カ月程度、研修として受け入れを予定しています。
この場合、出向契約を締結することが必要ということになりますでしょうか。

給与は出向元が支払い、出向先としてはどの費用が負担しておく...

ハイドバイドさん
大阪府/ 電気・ガス・水道・エネルギー(従業員数 501~1000人)
2020/12/09 12:01 ID:QA-0098982 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 3 件

復職後の業務パフォーマンス低下による降職・降格

約6ヶ月間の私傷病(メンタルではない、持病の悪化によるもの)による休職(就業規則上、原則、最長6ヶ月)から復職した社員につき、リハビリ勤務を経て、休職前の部署・ポジションにて復職させ、約1ヶ月が経過し...

nanparaさん
東京都/ ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設(従業員数 501~1000人)
2020/09/14 11:39 ID:QA-0096718 評価・考課 回答終了回答数 3 件

「配置転換」に関する書式・テンプレート

自己申告書・自己評価シート(人事考課用)

人事考課における自己申告書・自己評価シートの書式文例です。サンプルとして質問例がついています。

自分自身で人事考課のシートを作成することで、上司からの評価と比較できるので、過大評価や過小評価の抑制につながります。また自分自身の成果を客観視することが可能です。

ダウンロード