企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】グローバルジンザイ グローバル人材

用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや異文化に精通している」などが「グローバル人材」のあるべき姿といえます。
(2011/1/17掲載)

グローバル人材のケーススタディ

海外経験の義務付けが広がる一方
若手のグローバル志向は二極化も

「英語ができない役員は2年後にみんなクビにします」――2010年6月、楽天の三木谷浩史会長兼社長が過激な“クビ宣言”とともに社内の「英語公用語化」を発表し、大きな反響を呼びました。日本で成功した「楽天市場」の海外進出を加速し、「楽天を世界一のインターネットサービス企業にするため」(三木谷氏)には、海外拠点でも、本社でも、多様な人材と直接渡り合えるだけの高度な語学力とコミュニケーション力をもった人材の育成が欠かせない。その象徴的な施策として断行されたのが「英語公用語化」でした。

グローバル人材の育成を喫緊の経営課題として掲げる企業は、もはや大手企業では珍しくありません。楽天同様、英語公用語化を打ち出したファーストリテイリングは昨年12月、「ユニクロ」の海外事業の拡大に向けて、国内の店長と本部の管理職らあわせて約900人全員を、今後3~5年以内にアジアや欧米の9ヵ国・地域で展開する約150の海外拠点へ順次派遣すると発表しました。原則3年以上は駐在させ、店舗運営などを通じて国際業務の経験を積ませる方針です。逆に海外の現地社員を、研修や異動の形で日本に受け入れる人事交流も促進し、国籍を問わない、人材と組織のグローバル化を推し進めています。

新興国を中心とする海外に事業の軸足を移しつつある大手商社でも、三菱商事、丸紅、三井物産などが11年度から、20代の若手社員全員に海外経験を義務付ける新制度を導入します。語学や実務研修を目的として数ヵ月から2年程度をめどに順次派遣。三菱商事や丸紅は入社8年目までに、三井物産は入社5年以内に全社員が一度は海外経験を積む体制を目指すといいます。

こうして“半強制的”にでも若いうちから異文化や海外勤務を経験させる取り組みには、内向き志向が強いといわれる若手社員に意識の改革を促すねらいもありそうです。産業能率大学が行った「新入社員のグローバル意識調査」によると、2010年度新入社員の49.0%、およそ2人に1人が海外で「働きたいとは思わない」と考えているとのこと。海外を敬遠する理由は「リスクが高い」と「能力に自信がない」で5割超。昨今、批判されることの多い若者の“内向き志向”やひ弱さが顕著に表れた形です。しかしこれだけをもって判断するのは早計、残り2分の1の若者の意識にも注目する必要があるでしょう。同調査では「どんな国・地域でも働きたい」という答えが27.0%と過去最高で、高い海外志向をもつ層もおよそ3割存在することが明らかになりました。つまり日本の若者の海外への関心や意欲は“二極化”しているのです。効果的・効率的なグローバル人材育成を目指す上で、無視のできない動きといえるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

カルチュラル・インテリジェンス
「カルチュラル・インテリジェンス」(CQ)とは、文化の違いを超えて円滑にコミュニケーションを図る能力のことです。Cultural Quotientとも呼ばれ、IQ(知能指数)やEQ(感情指数)に倣ってCQ(文化指数)と略されます。企業が海外に進出し、異なる文化圏で新たなビジネスを展開する際、グローバ...
ブリッジ人材
「ブリッジ人材」とは、言語や文化の異なる海外法人・外国人との間で商取引や交流をする際に、コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材のことをいいます。ブリッジ人材は通訳だけでなく、まったく違ったビジネス慣習がある国や地域同士が円滑に取引を進められるよう、双方の認識を擦り合わせることが仕事です。(20...
セカ就
「セカ就」とは、「世界就職」の略で、日本国内でのキャリアにこだわらず、世界全体を労働市場として強く意識して就職活動を行うことをいいます。ビジネスのグローバル化の新展開や国内の雇用環境の閉塞感を背景に、最近では海外経験が特に豊富とはいえない一般の学生や若手ビジネスパーソンの一部にも、世界就職に活路を見...

関連する記事

1. グローバル人材育成とは
グローバル人材に求められる役割は、アジアなど新興国における海外展開が本格化する中、現地法人でのトップマネジメント、またはミドルマネジメントが主流となっている。しかし国内ではマネジメント職に就いていなかった者が、海外でマネジメント業務を行うケースが多い。海外比率...
2012/10/24掲載よくわかる講座
2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3. グローバル人材研修の傾向
一口にグローバル人材研修と言っても、各社が置かれている状況やグローバル戦略に応じて、さまざまな形式や内容がある。最近多く見られるグローバル人材研修の傾向について考える。また、その際に注意したい点にも言及する。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

海外にいる人の解雇予告手当
海外にいる出向者がいます。日本と海外に分けて給与を振り込んでいます。 8月31日に出向解除ですが、9月にその人は帰国します。1か月の解雇予告です。その場合海外での給与は振り込まなくていいでしょうか。契約当時、例えば月30万で契約。日本が10万で海外が20万だとすれば、海外で仕事をしなくても20万相当...
海外出張時の休日勤務について
標記について、海外では日本の法律は及ばないという記述と、及ぶという記述を読みました。 どちらが正しいのでしょうか? また、国内・海外問わず休日出張時の勤務は休日出勤手当を支給しなければならないものでしょうか?
海外での従業員の死傷事故
いつもお世話になります。 海外拠店において、出向従業員が死傷事故に遭った場合の 海外拠店及び本社での具体的な対応(手続き)について、ご教示頂きたいと存じます。 どうぞよろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...