企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リショクリツ 離職率

雇用労働者の離職割合を示す数字。一定期間内に雇用関係が終了した労働者(離職者)の数を在籍労働者の数で割ったもので、厚生労働省では労働流動化を把握するための指標としています。
(2004/11/22掲載)

離職率のケーススタディ

大卒の30%、高卒の50%が
3年以内に離職している

ひとくちに離職率といってもさまざまな計算基準があります。厚生労働省の「毎月勤労調査統計」は、1カ月間の離職者数を前月末時点の雇用者数で割ったパーセントを表示しています。事業所(5人以上)を単位とした調査統計なので、これには同一企業内の異動も含まれており、2004年は4月が4.26%、9月は1.99%でした。同省が年間を通じて行っている「雇用動向調査」では、昨年の離職率は14.7%となっています。また総務省統計局の「就業構造基本調査」は離職率の定義が多少違っています。

一方、企業が公表している離職率は「入社後3年以内に会社を辞める人の割合」だったり「中途入社の人が1年以内に辞める割合」だったりと、さまざまです。このように、どの役所もどの企業も同じ基準を使っているわけではないので、データを見たり分析したりする際には、算出根拠をどこに置いているのかに注意する必要があります。

ここにきて問題とされているのが、若年者の離職率の高さです。「入社後3年目までに離職する割合」は大学卒で30%、高校卒では50%を超えると言われています。厚生労働省委託の「若年者の職業生活に関する実態調査」によると、就職してから1年以内に離職した正社員の離職理由のトップは「仕事が自分に合わない、つまらない」で39.1%、次いで「会社に将来性がない」(36.7%)、「賃金や労働時間等の条件がよくない」(32.6%)の順でした。

離職率の高い会社は人材の流入・流出が激しいとされます。一般的に言えば、短期間でノルマが果たせない社員に退出を求める会社の離職率は高く、長時間かけて知識や技術を習得しなければならない会社は低くなる傾向にあります。とくに最近では会社を「スキルやキャリアをアップする場」「自分のパフォーマンスで報酬を得るところ」と割り切る若い人が増えており、離職率の高い低いだけで企業の善し悪しを判断する時代ではなくなっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ホワイト企業
「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワ...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ブラック企業
「ブラック企業」とは、従業員に対して、心身の過重負担や極端な長時間勤務など劣悪な環境での労働を強いて改善しない体質をもち、それゆえに入社を勧められない、あるいは早期の退職が勧奨されるような企業を総称する言葉です。若者の雇用悪化を背景に、ここ数年、インターネットなどを通じて広まり浸透しました。具体的...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会社のフォロー範囲
人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、と...
2017/12/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

離職率の算出方法について
離職率の算出方法についてお伺いいたします。 3年以内の離職率を出したいのですが、どのように計算すればよろしいでしょうか。 お教えいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。
離職率について
つかぬ事をお聞きしたいのですが、世間一般的な離職率を知りたいのですが、教えて頂けますでしょうか。 裏返せば定着率です。よく新入社員の入社3年離職率は30%とお聞きしますが、知りたい事は新卒だけではなく 全従業員が対象の離職率を知りたいです。わかる範囲で結構ですので、宜しくお願い申し上げます。
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...