企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロールモデル ロールモデル

「ロールモデル」とは、自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと。人は誰でも無意識のうちに「あの人のようになりたい」というロールモデルを選び、その影響を受けながら成長するといわれます。
(2010/10/4掲載)

ロールモデルのケーススタディ

身近な“お手本”を選んで、学んで、模倣する
完璧な人材よりも多様なエキスパートに注目を

身近に模範とすべき存在がいたとしても、学ぶ側が「あんなふうになれたら…」とただ憧れているだけでは、実際に優れたロールモデルにはなり得ません。またどのようなロールモデルがふさわしいかは、本人が自らをどう成長させたいかによって異なります。重要なのは、ロールモデルの資質だけでなく、学ぶ側の姿勢や“学び方”そのものだといっていいでしょう。リーダーシップ開発などの人材育成の過程では、本人がより意識的にロールモデルを選び、対象となる人材を分析した上で学習することが求められます。選定したロールモデルを漠然と観察するのではなく、何らかのフレームワークやチェックリストに基づいて観察・考察を重ねると、学びとるべきポイントが明確になります。ロールモデルを活用する際の大まかな手順は次のとおりです。

【 STEP(1) ロールモデルを選定する 】
自分の観察できる範囲で印象的な人、自分よりも高いレベルのリーダーシップを発揮している人、学びとりたい行動ができている人を選定する。

【 STEP(2) ロールモデルの行動特性を表現する 】
リーダーシップのモデルに基づいて、ロールモデルの行動の特徴を分析、表現する。

【 STEP(3) ロールモデルから観察した行動技術を実践し強化する 】
ロールモデル人材の特性を自らの行動にあてはめて実践することにより、その行動の根拠などを徐々に理解し、行動パターンを会得していく。

著名人や歴史上の人物、あるいは反面教師的な人物もロールモデルになりますが、当然ながら成長に対する効果という点で、身近にいて直接観察できる、優れた“お手本”にはかないません。俗に「見て盗め」といわれる日本の伝統的な徒弟制度が後継者育成の手法として重視されてきたのも、そこに高いロールモデル効果が期待できるからです。

しかし昨今、企業の現場では人材の流動化やミドル層の弱体化が著しく、組織内で若手社員が身近なロールモデルを見つけようと思っても、見つけにくくなったといわれます。企業は、ロールモデル人材の育成に取り組むとともに、組織内には存在しなくても社員の指針となり得るロールモデルを示せるよう、情報提供に努める必要があります。また社員も、すべてを備えた完璧な人材を追い求めるのではなく、自身に不足する個別の能力ごとに多様なロールモデルを選ぶべきでしょう。じっくりと周囲を観察し、発想の豊かな人や交渉能力の高い人、事務処理や緻密な仕事に長けている人などそれぞれのエキスパートに注目すれば、意外と多くのロールモデルが見つかるものです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

リーダーシップ
リーダーシップには明確な定義がなく、さまざまな捉え方がありますが、大きくは「物事を成し遂げる力」と解釈することができます。また、リーダーシップが必要となるのは集団で共通の目的・目標に向かう場面です。そのため、一人で成し遂げるのではなく、集団活動において発揮される力ということができます。
オーセンティック・リーダーシップ
「オーセンティック・リーダーシップ」とは、「自分らしさ」を基本としたリーダーシップのこと。これまでのリーダーシップでは主に、人を先導する能力や、生まれ持った特別な資質などが求められてきました。しかし時代とともに、誰もが自分らしさを発揮してリーダーになることが求められるようになっています。
シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...

関連する記事

女性管理職は「候補となる従業員の不在」のせいで増えない?! ~女性管理職が増えない理由は「候補となる従業員の不在」、 求められるのは「ロールモデルの存在」
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。女性管理職を増やすための問題として、「候補となる従業員の不在」を過半数(56.7%)の企業が挙げています。女性を管理職候補へのレールに乗せてこなかった禍根が露呈しており、有効な施策...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート
女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(前編)
「リーダーと聞いてどんな人を思い浮かべますか?」リーダーシップという言葉の意味するところが、いま、大きく変わりつつあります。リーダーシップの新しい世界標準とは何か。それは身につけることができるのか。できるとすればどうすればいいのか――。前職の立教大学経営学部で...
2016/07/21掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
人材紹介サービス利用におけるミスマッチを防ぐ方法
お世話になっております。 弊社では最近、人材紹介サービスを活用した採用活動をはじめました。 よりよい人材に出会える機会が増えることを期待していたのですが、紹介される人材にミスマッチが多いように感じています。担当者と何回か話し合いの場を持ち、社風に合う人材を紹介してほしいと伝えているのですが、担当者...
人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...