企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイセイダンジョコヨウキカイキントウホウ 改正男女雇用機会均等法

職場や雇用関係において、男女ともに均等な機会を与え、平等を規定した法律です。2007年4月から施行されます。これまで課題とされていたことの多くが改正の対象となっています。
(2006/9/15掲載)

改正男女雇用機会均等法のケーススタディ

日本の法律では初めて「間接差別の禁止」が盛り込まれ
女性だけでなく男性へのセクハラ防止も企業に義務づけ

女性のみを対象とした取扱いや女性を優遇する取扱いを原則として禁止する一方、雇用の場で男女労働者間に事実上生じている格差を解消することを目的として、1985年、男女雇用機会均等法が制定されました。ただ、これまでの均等法は、「女性だから」という直接的な差別を対象としていた女性差別禁止法と言えるものでした。

2007年4月からの改正により、均等法は、女性差別禁止から「男女両方を対象とした性差別禁止法」と、性格が大幅に変わります。たとえば、女性のみ、男性のみを採用することを禁止すると同時に、保育士、看護士を希望する男性が、男性だからという理由で不採用とされれば、均等法違反で訴えることできます。また、セクシャルハラスメント対策も強化されました。これまでも企業は、セクハラ防止のために事前対策を講じ、就業規則に記載するなど、セクハラ防止のための配慮が求められてきましたが、今回の改正によって、これまで女性に限ってきた性差別を男性でも禁じ、今まで見過ごされがちだった女性上司から男性へのセクハラも、調停の対象となりました。

そして、今回の改正で日本の法律では始めて、「間接差別の禁止」が盛り込まれました。「間接差別」とは、表面上は性別に無関係であっても、結果的に採用や昇進の男女差別につながる処遇のことを指します。改正法の中で間接差別の事例とされたものは「合理的な理由がないにもかかわらず、募集・採用で身長、体重や体力要件を示す」「総合職の採用にあたって全国転勤を要件にする」「昇進の際に転勤経験を要件にする」の3点。これにより、一方の性に厳しい条件を課す「形を変えた」差別が禁じられます。ただ、3つ以外に問題がないわけではありません。これでは変化する差別に対応できないのでは、という懸念から、「間接差別は省令の規定以外にも存在しうる」として、機動的に見直すことも規定に加えられました。

さらに、今までの均等法では、妊娠・出産を理由に解雇することを禁止していましたが、改正法によって、解雇だけではなく、不利益取扱いの禁止として、正社員からパートへの変更、退職勧奨なども禁止されることになりました。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

間接差別
男女で異なる取り扱いをする「直接差別」に対して、一見、性別に関係のない取り扱いであっても、運用した結果、男女のどちらかの性が不利益となる場合を言います。
セクハラ
セクハラ(セクシャルハラスメント)とは、「性的な言動によって、個人または職場全体に不利益・不快感を与えること」です。2019年5月にパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)や改正女性活躍推進法が可決・成立し、セクハラに対する罰則は今後さらに厳しくなっていくと考えられます。セクハラは、パワハラと同様に...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載HRソリューションの傾向と選び方
中途採用の「意義」
多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?
2016/07/15掲載よくわかる講座

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
高卒採用試験での不採用理由の伝え方について
会社において、高卒対象の採用試験を実施しました。 その結果について、採用に至らなかった生徒に通知しようと思っています。 その際に、不採用の理由を伝えなければならないですが、皆さんの会社等 は、どこまで不採用の理由を伝えているか教えていただければと思います。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

人事施策の中でも福利厚生が重要な位置を占めるようになってきている今、ミ...