企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

時間外の雑談が月5~6回1時間程度発生していることは問題か?

お世話になっております。
労務管理担当者です。
残業時間帯に雑談をして会社に残っている社員がおります。

(前提)当社の残業時間管理の運用
 ①勤怠管理システムへの始業、終業時刻の入力はタイムカード等ではなく
  本人が手入力しています
 ②残業申請は本人からの事前申請を上司が承認する方式です。
 ③労働時間の適正な把握が義務化されているため、
  パソコンのログイン、ログアウトの時刻を記録しています。
  上司は勤怠管理システムへの始業、終業時刻とパソコンの使用時間に
  乖離がある場合
   業務なら残業とする
   業務外なら本人へ確認し上司が乖離の理由を記録する

(質問)
 勤怠管理システムへの始業、終業時刻とパソコンの使用時間の乖離理由として  
 「業務外の雑談」を記載しているケースがあります。
 月に5~6回特定の社員が「雑談」で1回1時間程度業務終了後に会社に残っている状況です。
 「業務外」と主張しているので残業には当たらないと判断しておりましたが
 常態化していることもあり、会社として配慮すべき点、懸念事項があればご教示お願いします。

投稿日:2020/11/30 13:53 ID:QA-0098683

管理部総務さん
岩手県/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

システムは記録のためのツールであって、勤怠管理はあくまで会社の業務です。PCを常時使わない業務であればPCで時間管理することが違っていることになり、PCを常時使うにもかかわらず時間が把握できないのであれば、職場に問題があることになります。本件は後者で、たまたま業務つながりで就業時間に間に合わないことはあり得ますが、月5~6回というのは異常事態です。管理者の責任としてけん責に相当するのではないでしょうか。懲戒規定に照らして、本人は元より管理者含めて、このような異常事態を放置しないことが重要だと思います。
こうした事態が常態化している(月5~6回なら常態)ということは、業務中にも発生していると考えるべきであり、きわめて深刻な常態です。

そうではなくクリエイティブな発想や感性が、雑談など含めて必要な業務であれば、そもそも工場の生産部門のような単純時間管理が適さないということで、勤怠管理、人事制度そのものへの見直しが必要になります。掲示板ではなく、人事コンサル案件としてしっかり取り組む課題のように感じました。

投稿日:2020/12/01 09:48 ID:QA-0098705

相談者より

ご回答ありがとうございます
私の認識と一致しておりましたので、今後現場の管理を徹底する方法を検討します。

投稿日:2020/12/01 12:00 ID:QA-0098713大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社は、就業場所ですし、プライベートな雑談する場所ではありません。
また、会社には労働時間把握義務がありますので、

仕事が終わったら、タイムカードを押して、とっと帰宅してもらうよう指導すべきです。

タイムカードと残業時間に乖離がありますと、未払い残業とされるリスクがありますし、
雑談で他の社員の仕事の邪魔になる可能性もあります。

雑談するのであれば、社外の喫茶店、居酒屋でするよう指導ください。

投稿日:2020/12/01 10:51 ID:QA-0098710

相談者より

ご回答ありがとうございます
現場に対し指導して参りたいと思います

投稿日:2020/12/01 12:01 ID:QA-0098714大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

労働時間外雑談居残り

▼PCログイン・アウトと実際の業務開始・終了間に誤差が存在するのは避けられません。名(電子系)実(人間系)間の許容誤差は、経験的に縮小していくしか解決法はありません。
▼次に、月に5~6回と言われる、特定の社員の労働外雑談居残りは、経営上好ましくない社内規律の問題です。風紀上の観点からもしっかりタガを締めることが必要です。

投稿日:2020/12/01 11:36 ID:QA-0098712

相談者より

アドバイスいただきありがとうございます
しっかり対応して参りたいと改めて認識いたしました

投稿日:2020/12/01 13:18 ID:QA-0098729大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/17
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...