企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

新規程の制定(周知日、意見聴取日、労基届出日が同日)

いつもお世話になっております。
この度、新たに規程を制定し労基署へ届出いたします。

周知した日に従業員代表者からの意見書が同日付で提出があり、
その日の夕刻に労基署へ届出しても問題ないのでしょうか。
その規程の施行日も同日です。

制定した新たな規程は、コロナ禍で急遽導入せざるを得なくなった
在宅勤務に関するものでして、ここにきて正式に制定し運用するものです。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞご教示の程宜しくお願い致します。

投稿日:2020/10/13 10:29 ID:QA-0097465

ボンタンアメさん
東京都/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、意見を聴取してその日に届出をされる事も当然起こり得ますので、事実であれば差し支えございません。

また、就業規則が有効になる要件とは監督署への届出ではなく従業員への周知となりますので、事前に規定内容を周知されていれば同日施行も有効となります。

投稿日:2020/10/13 11:03 ID:QA-0097467

相談者より

ご丁寧にご教示いただき有難うございました。
こういった稀なケースが発生し、
悩んでおりました。
会社としては、早く施行して運用させたいようでして、早速、労基署へ届出したいと思います。
本当に有難うございました。

投稿日:2020/10/13 11:59 ID:QA-0097471大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

意見聴取、周知、届出の順が必要

▼意見聴取、周知、届出の順であることが必要です。同一日でも構いません。

投稿日:2020/10/13 11:07 ID:QA-0097468

相談者より

ご教示いただき有難うございました。このように相談の場があり大変助かりました。
早速、労基署へ届出しようかと思います。
有難うございました。

投稿日:2020/10/13 12:01 ID:QA-0097472大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

日付が同一かどうかは受理とは関係ありません。従業人に周知されていること、事実であることが重要です。

投稿日:2020/10/13 13:52 ID:QA-0097478

相談者より

ご教示いただき有難うございました。周知の事実が前提なのですね。
このようなレアケースで届出が不安になりご相談させていただきました。大変助かりました。

投稿日:2020/10/13 14:40 ID:QA-0097480大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

角五楼さん
神奈川県/保安・警備・清掃

どういった手順を踏まれたか不明ですが、一般には新規定や改定なら新旧対照表といった検討材料を過半数組織組合に提供、あるいは事業場過半数労働者代表を選出させるにあたって、まず新規定や検討材料を周知せねばなりません。そういった周知(提供)があってはじめて、従業員(組合員)が検討し過半数の総意(組合の合意)を形成していくプロセスが生じます。

ご質問の周知はおそらく、新規定が発効したとの公表を意味しているのだと察しますが、周知はその前段階に行われているものです。

投稿日:2020/10/14 11:11 ID:QA-0097502

相談者より

ご教示いただき有難うございました。
おっしゃる通り、通常では改定内容を周知し、暫くたってから従業員代表の方から意見書が提出されます。
同日で完了するケースは初めてでして、今回ご相談いたしました。

投稿日:2020/10/14 11:27 ID:QA-0097503参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
賃金規程の届出について
賃金規程を変更し、労基へ届出をしなければならないのですが、これはすぐに届出なければならないのでしょうか? 時期的に、新たに36協定を結ぶので、その際(3月下旬頃)に一緒に届出を行おうかと思っております。 問題無いか、ご教示頂けないでしょうか?
役員関連規程
役員関連規程の整備を進めているのですが、取締役および執行役員に関して必要な規程類には何がありますか。(取締役会規程はよく見かけられるのですが、以外が良く分かりません)
労基署への就業規則の届出について
以下ご教示いただけますでしょうか。 就業規則について労基署へ届け出る必要があると思いますが、以下の規則の届出の要否については、どうなりますでしょうか。 また要否とともに、法律(規則等)の第何条第何項にこうあるためこの規程は必要(不要)であるということもご教示いただければ幸いです。 ●旅費規程 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」と...
エンプロイー・エクスペリエンス
「エンプロイー・エクスペリエンス」(Employee Experience)とは、直訳すれば「従業員の経験」であり、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値を意味します。従業員のエンゲージメントや組織文化といったものを超えた概念であり、従業員の健康や組織としての一体感などに影響する要素すべてを対象と...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

テレワークに最適なWEBツール oVice 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...