企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

台風等の企業行動の判断基準

台風10号が過ぎ去りましたが、今後も台風や豪雨等による自然災害があることが想像されます。
学校では「午前7時に警報が発令されている場合休校とする」など、休校基準が明確になっており、インターネットでも見ることができますが、企業ではこれを見かけません。
企業が安全配慮義務を果たすためには、「注意報/警報/特別警報」あるは「警戒レベル」のどの段階で、出勤を見合わせるよう指示し、早退させ、帰宅を引き留めることが妥当といえますでしょうか。

当社は全国に営業部があります。
本社では地方営業部の天候がまったくわからないため、一律の目安を設定したいと考えています。
最後は各営業部長の判断、個々の従業員の判断とは思っています。

投稿日:2020/09/08 14:54 ID:QA-0096515

風神雷神さん
東京都/信販・クレジット・リース・消費者金融

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

地域対応

危機管理の要諦はリスクコントロールです。自然災害のような地域性の高い現象に「一律の目安」というのは逆に非常にリスキーだといえるでしょう。
公共交通機関が主な通勤手段の地域もあれば、自家用車が普通のところもあります。また天候はそれほどひどくなくとも河川山間部などで他地域の影響が甚大な場合もあります。
気象警報、交通機関対応、職場の責任者判断くらいの要因で、地域の判断で安全管理や通勤、営業判断をするような、判断方法を一律の目安にするのはどうでしょうか。

投稿日:2020/09/08 18:26 ID:QA-0096519

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、自然災害につきましては規模も様々ですし、一概に明確な線引きをする事は困難といえます。

その上で申し上げるとすれば、少なくとも最も重大な被害が予想される特別警報が発令された場合には、出勤させるべきではないものといえるでしょう。それより下位のレベルであれば、やはり個別具体的な状況に鑑みて判断されるべきですが、決して無理に出勤させるような指示だけは避けなければなりません。

投稿日:2020/09/08 23:42 ID:QA-0096532

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

しいて言えば、本社では特別警報あるいは警戒レベルを一応の目安としつつ、あとは各営業所の判断次第とするのが、一番分かり易いかと存じます。

何より社員の安全が最優先ですから、注意報、警報レベルであっても状況次第で出勤を見合わせる、早退させるといった柔軟な対応はあって然るべきです。

最終的には、営業部長の判断、個々の従業員の判断ということになるでしょう。

絶対無理をさせないことが大事です。

投稿日:2020/09/09 10:57 ID:QA-0096551

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
エンプロイヤーブランディング
エンプロイヤーブランドとは、勤務先としての企業の魅力度のこと。「エンプロイヤーブランディング」は、企業が「職場」としての魅力を高め発信していく活動のことをいいます。その対象は従業員だけにとどまらず、潜在的な従業員になりうる人材、従業員の家族、顧客なども含まれます。「勤務先として魅力的な企業」を目指す...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。