企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

アルバイトの社員化について

いつも参考にさせていただいております。

弊社内で勤務するアルバイト(時給1,600円)を
今後社員として直接雇用しよう、という案が出ております。

その中で給与を月給にするにあたり
検討している給与が今まで本人に支払っている額よりも
多くなるように調整しているのですが、賃金構成が
基本給+職務手当(固定残業代)となっており、時間単価で換算すると
どうしても低くなってしまいそうです。

この場合、1,600円よりも低くなってしまうと
不利益変更となってしまうということでしょうか。

それとも、本人の同意があればその点については良いのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/08/06 18:46 ID:QA-0095663

ごっちんさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

社会良識に沿った内容を

▼雇用形態をアルバイトから正社員に変更するに際しての賃金設定の問題ですよね、賃金算定基準を時給、日給、月給のいずれにされるか分かりませんが、こればかりは、御社と本人の合意に任せるしかありません。
▼然し、本人の同意さえあれば何でもありと言う訳には行かず、社会良識に沿った内容であるべきだと思います。

投稿日:2020/08/07 09:22 ID:QA-0095667

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/ 

支給総額が今までより多くなるように調整しているとはいっても、一定時間の残業代(固定残業代)を含んだ賃金となるような賃金構成にした結果、時間単価で換算すれば今までより低くなるということは、実質的には基本給相当部分が減額されることを意味し、労働条件の不利益変更にあたります。

そのため、なぜこのような賃金構成になるのかをアルバイト従業員に十分に説明し、納得してもらい、そのうえで従業員から書面による同意をもらう必要があります。

つまり、本人の同意があれば基本的には問題はないということになります。

なお余談ですが、会社からすれば、残業が少ない月でも定額である以上働いてない分も余計に支払い、残業が定額相当部分を超えたら超えたで差額を支払う、そのため毎月の労働時間のチェックは欠かせず、負担だけが増し、本来この定額残業代制度は会社にとってあまりメリットのある制度とはいえません。

その点はよく留意しておかれたらいいでしょう。

投稿日:2020/08/07 09:53 ID:QA-0095669

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

アルバイトと社員では賃金以外での違いを整理してください。

本人に選択権がある以上は不利益変更とはなりません。

本人も時給だけではなく、1ヵ月の総支給額、他の労働条件、福利厚生などで判断することでしょう。新しい雇用契約となりますので、双方の同意により成立します。

投稿日:2020/08/07 10:49 ID:QA-0095677

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当人が正社員になる事を希望していれば、提示された正社員の給与額で同意される限り差し支えございません。

文面を拝見する限りですと、当人の希望というよりは会社側で検討されているという事ですので、くれぐれも強要する事にならないよう注意が必要です。加えまして、給与以外の処遇についても変わる点については全てきちんと説明された上で契約される事も不可欠といえます。

投稿日:2020/08/07 11:00 ID:QA-0095679

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

不利益変更ではない

会社が一方的に正社員を命じ、その条件が悪くなる場合は不利益変更ですが、本人が正社員になるか高賃金のバイトのままかを選べるのであれば不利益変更ではありません。また他に勤務時間やボーナスなど労働条件を総合して判断されますので、単に月給額のみでは決められません。

投稿日:2020/08/07 15:43 ID:QA-0095695

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
12月退職者の年末調整について。
年末調整の件で教えていただきたい事があります。 当社の社員で12月15日付けて退職する社員がおります。16日からの就職先も決まっております。この社員の年末調整をすべきかどうかの判断に迷っています。 この社員の給与ですが、12月25日に当社から12月期の給与を支払います。次の就職先からの給与は来年...
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
営業職から外れる場合の営業手当
社員の1名を、本人と面談の上、営業職から外す事にしました。 当該社員の給与は、これまで、基本給200,000+営業手当50,000=250,000 の給与でした。 1月1日から、営業職を外し、一般職で勤務する事になったのですが、 給与は、営業手当が外れ、基本給200,000のみとなります。 職務変更...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 1. アルバイト・パートとは
    アルバイト・パート採用のポイントや注意点をまとめるとともに、効率的な採用方法や、企業によるアルバイト・パートの採用から活用までを支援する各種サービスも紹介。まずはアルバイト・パート・フリーター用語の使い分けを整理する。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
あわせて読みたいキーワード
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...