企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

在宅勤務における通勤手当の設定について

お世話になっております。

弊社では在宅勤務の社内規程の見直しを労働組合と共に進めております。
そのうち、”通勤手当”に関する部分で明確にしたい事項がございます。

現在のドラフト:

「出勤日数に関わらず、一か月当たり8日分の通勤交通費を一括して支給する。8日を超える出勤日数が発生しても、その分は支給しない。本通勤交通費は給与支払い時に精算するものとする。」(その代わり、出社日が8日に満たない場合であっても返却は求めません。)

ご質問: 
この条件のもと、会社都合で8日/月を超えて社員が出社しなければならなくなった場合、
その通勤にかかる費用は実費にて精算を認める格好としなければなりませんか?

背景:
この制度の運用にあたり、基本的にはコストインパクトを出来るだけ最小限にすること、対象社員による都度清算の手間と工数、それをバックで処理する作業工数のコストとのバランスから算出された8日という閾値を決め、定額としたものです。したがって、定額通勤費+在宅勤務手当の範囲で吸収していただきたいと組合には説明しています。

しかしながら、一部から上記の要望が寄せられており、より望ましい運用方法とは何かをアドバイスいただけると幸いです。

私的な意見としては、「出社日が月8日を超えた以降、会社からの命令により(社員の判断ではなく)出社する必要が生じた場合、それにかかる通勤費は実費精算とする」、というものになります。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/07/07 10:00 ID:QA-0094873

M.Iさん
新潟県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

8日という数字が現実的かつ合理性にあるものであることが大前提ですが、一律な自動支給では無く、ご提示の「会社からの命令により(社員の判断ではなく)出社する必要が生じた場合、それにかかる通勤費は実費精算とする」は合理的だと思います。
人や時期によって8日では足りないなど、制度が機能しないようなことがない数値を決めるのは難しい場合、モラールダウンというデメリットも小さくないといえます。

投稿日:2020/07/07 15:38 ID:QA-0094882

相談者より

アドバイスありがとうございました。
支給の合理性について、異論はありません。限られたリソースの範囲で社員の生産性、利便性を両立する落としどころがカギになると認識しています。 ジェネラルマネージャーとも再度検討いたします。

投稿日:2020/07/15 09:19 ID:QA-0095130大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

状況によりますが、定期券代との損益分岐点というこことにもなりますが、
在宅勤務が週1であれば、定期券支給。
週2以上であれば、実費精算などのケースが多いといえます。

本人負担ということになってしまうと、不利益変更にもなりますし、労使トラブルのもとになります。実費精算はその都度で経費精算とするか、まとめて給与で支払ってもかまいません。

投稿日:2020/07/07 17:15 ID:QA-0094888

相談者より

アドバイスありがとうございました。
合理的な対処法であること、異論はございません。
1週間あたりの出勤日によって不公平感が出てしまうことに対しては、100%を完全な形にするのは極めて難しく、労使で十分に協議して答えを導くしかないと思っております。 参考にさせていただきます。

投稿日:2020/07/15 09:23 ID:QA-0095131大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社からの指示で8日を超える出社となる場合ですと、これまでも通勤費は全額負担されていたはずですので、その分は当然に会社が負担すべきといえます。

従いまして、ご認識の通り実費精算で対応される事が必要ですし、また無用なコストを生じさせない為にもそのような方法が妥当といえるでしょう。

投稿日:2020/07/07 17:39 ID:QA-0094894

相談者より

本件につきましてもアドバイスありがとうございました。やはり、原理原則をベースに対応するのがベストであることは理解いたしました。
こちらを基本的な考え方として、労働組合、ジェネラルマネージャーと共に議論のたたき台としても活用させていただきます。

投稿日:2020/07/15 09:25 ID:QA-0095132大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
在宅勤務手当の取扱いについて
いつも拝見させていただいております。 今般の新型コロナウィルスの影響により、弊社では、在宅勤務を導入しました。 今後も継続で在宅勤務を行うことになり、自宅での光熱費等が増えるということで、在宅勤務手当の支給を検討しております。 いろいろと調べてみますと、在宅勤務手当は割増賃金計算の基礎となる賃...
在宅勤務手当について
 在宅勤務に伴って発生する水道光熱費や通信費用を在宅勤務者に負担とし、その負担分を補う形で在宅勤務手当を支給する場合、定額の手当(在宅勤務手当)で補う場合は、割増賃金の算定基礎に参入しなければならないと思います。  しかし、日額で支給する場合(例えば日額300円×在宅勤務日数で支給する場合)、月によ...
在宅勤務について
質問があるのですが、事務職の社員でヘルニアを発症し病院より、1ヶ月間の在宅勤務が望ましいとの診断書を頂きました。 本人、会社の同意の上、在宅勤務をする運びとなりましたが弊社では、規程等にも在宅勤務の運用ルールがないため、注意する点、必要な事項等があれば教えていただけますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...