企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

計画年休の適用範囲について

お世話になっております。

計画年休制度の導入を検討していますが、導入した場合、全社員に適用しなければならないものでしょうか。
一部の社員に計画年休制度を適用して、一部の社員には今までどおりとする。ということが可能かどうか。

宜しくお願い致します。
以上です。

投稿日:2020/05/22 20:58 ID:QA-0093518

えむえふごさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

全社員に適用しなくてもよい

▼計画年休制度とは、年次有給休暇のうち、5日を超える分について、労使協定を結ぶことで計画的に休暇取得日を割り振りができる制度のことです。すなわち、付与日数のうち、5日を除いた日数が計画的付与の対象です。
▼制度を有効とする為には、労使協定の締結が必要です(届出は不要)。定めるべき主なj事項は、次の通りです。
1・計画的付与の対象者(または対象から除く者)
2・対象となる年次有給休暇の日数
3・計画的付与の具体的な方法
4・対象となる年次有給休暇を持たない者の扱い
5・計画的付与日の変更 

投稿日:2020/05/24 17:17 ID:QA-0093541

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

計画年休は、必ず全社員に適用しなければならないものではございません。

労使協定において、その対象者となる労働者や具体的な付与日を定めることになりますが、一般的には、一斉付与方式、班別の交替制付与方式、個人別付与方式があります。

その対象についても、全労働者を対象として実施する方法や、特定の職種の労働者だけを対象として実施する方法、さらに対象とするのが適当ではない労働者を除外して実施する方法、などいろいろな方法が考えられます。

したがいまして、一部の社員に計画年休制度を適用して、一部の社員には今までどおりとしても、特に問題はございません。

投稿日:2020/05/25 09:52 ID:QA-0093557

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

年5日以上

法定の有休取得は年5日以上ですので、これをクリアできていれば、それ以外の計画年休付与は政策的に判断できるでしょう。ただし明らかに不平等な制度などは著しく社員モチベーションを損ないますので、可能ではあっても、差をつける制度は慎重にあるべきと思います。

投稿日:2020/05/25 10:48 ID:QA-0093564

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年次有給休暇の計画的付与に関しましては、労使協定におきまして対象労働者の範囲を定める必要がございます。

逆にいえば、対象外の労働者を設定する事も可能ですので、全社員に適用する義務はございません。

但し、従業員の間で不公平感が生じないよう、計画の対象外となる理由を明確にされておくことが重要といえるでしょう。

投稿日:2020/05/25 16:55 ID:QA-0093573

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
年休の計画的付与の一部門への導入
年休の計画的付与の導入を全社ではなく、一部門のみで行う、ということは可能でしょうか?
年休の計画的付与について
いつもお世話になっております。 標記の件、年休の計画的付与日をまたいで長期欠勤中のものに対し、 どのように取り扱えばよろしいでしょうか。 欠勤として取り扱うのか、年休を計画的付与しなけばならないのかご教授ください。 また、年休の計画的付与日をまたいで長期欠勤している従業員に対し、 年休を計画的付...
採用計画
採用計画・教育計画を立てなさい!といわれていますが、正直何をどう書けばいいのかわかりません。参考になるような採用計画、教育計画があれば教えてほしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
勤務間インターバル制度
インターバル(interval)とは、英語で「合間」や「休憩時間」のことを意味します。スポーツで、「インターバルを挟んでトレーニングをする」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、仕事の場面でも、ほぼ似たような意味で用いられています。つまり、勤務間インターバル制度とは、仕事と仕事の合間に一定時...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。