企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

派遣社員の同一労働同一賃金について

正社員15名ほどと数社の派遣社員が40名ほど働いている会社です。

派遣会社から同一労働同一賃金に伴う賃金の値上げ交渉が来ています。
ただ弊社ではは、正社員は幹部職、事務職、専門職、製造のリーダーで、
派遣社員で同じ仕事をしている人はいません。

 1 その場合でも賃金の見直しは必要ですか?

 2 また、派遣の賃金も派遣会社や入社時期によりずいぶん変わります。
   その辺も同一賃金にするのですか?

現在、正社員は60歳から毎年給与は1割減になり、最低賃金になるまで下がり、
65歳で雇用が終わります。派遣社員は65歳以上でも条件が変わらず仕事ができます。
なので、60歳過ぎると派遣社員のほうが収入の多い人が出てきます。
 
 3 60歳以上の派遣社員の賃金も、毎年1割減をお願いすることは可能ですか?


お恥ずかしいことに同一労働同一賃金に関する派遣の扱い方がよくわかりません。
いろいろ質問してしまいましたが、よろしくお願いします。

投稿日:2020/02/24 15:54 ID:QA-0090739

からあげくんさん
群馬県/食品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣先の正社員と派遣社員が業務内容や責任の程度等において異なる場合ですと、同一労働とはいえませんので賃金の見直しは原則不要といえます。

但し、派遣社員の賃金見直しにつきましては、派遣先の社員と比較せずに同じ業務に従事する平均的な労働者の賃金に応じて見直しをする労使協定方式といった方法もございますので、派遣元がそのような方式を採用される場合ですと見直しが必要になります。

また、派遣社員の賃金見直しにつきましてはあくまで派遣元が行うべきものですので、2,3の件も含めまして御社は派遣料金の改定といった形で派遣元と協議される事になります。

投稿日:2020/02/25 12:57 ID:QA-0090762

相談者より

ご回答ありがとうございました。
とても不安でしたので助かりました。

投稿日:2020/02/26 09:29 ID:QA-0090793大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

同一労働

基本は同一労働であることが対応の分かれ目になりますので、「同じ仕事をしている人はいない」のであれば適応されません。
また「賃金」は派遣会社が払うもので、派遣社員は貴社社員ではありませんので、貴社が払っているのは賃金ではなく派遣料金です。派遣社員の賃金には関与できません。

派遣サービスという商品への対価であり、その値決めは派遣会社との商取引ですので、納得いかなければ別の価格提示をする派遣会社を探すしか無いでしょう。派遣料金改定のため、価格交渉の一部として本件を使っているのかもしれません。派遣社員の採用環境は地域差が大きいので一般論では無く、他社との比較」含め検討すべきと思います。

投稿日:2020/02/25 14:25 ID:QA-0090769

相談者より

ご回答ありがとうございました。
狭い地域ですので、取引の派遣会社は一斉に見直しを要求してきました。
回答を参考にそれぞれ対応したいと思います。

投稿日:2020/02/26 09:32 ID:QA-0090794大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

錦の御旗に振り回されることはない

▼「一労働同一賃金」の大看板に惑わされてはいけません。地域差はあっても、職務と責任の定義と社会的相場が定着していない日本では、「別企業内の社員」と「派遣社員」とでは、土台、別世界なのが実態です。
▼前者は扨ておき、後者の派遣相場は、ある程度迄、収斂していますが、派遣賃金は、派遣会社毎の競争力(営経営余裕度)と派遣方針で決まるものです。
▼他方、派遣先には、派遣先としての賃金体系と水準を持っています。そこに、派遣元の価値体系と賃金水準を持ち込まれては、正に、「人のポケットに無理矢理手を突っ込んでくる」様なものです。この辺、行政の方針は綺麗ごと過ぎますね。
▼対応
(1)職務・責任の観点を無視した賃金の見直しは必要ありません。必要なら、(適切な相手先があればよいのですが・・)他の派遣会社への切替へも視野に入れた対応を検討されては如何がですか。
(2)(3)65歳での賃金切替は、御社は御社、派遣元は派遣元の体系を維持すればよく、何れかに不都合が出るようであれば、話し合えば済むことです。「一労働同一賃金」と言った錦の御旗は不要でしょう。

投稿日:2020/02/25 15:52 ID:QA-0090773

相談者より

ご回答ありがとうございました。
たしかにポケットにはたくさん手が突っ込まれていまして、なぜかマージンまでアップになっています。
ちゃんと考えて対応したいと思います。

投稿日:2020/02/26 09:36 ID:QA-0090795大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
賃金テーブル
同一労働同一賃金に関する賃金テーブルの作り方がわかりません。 現在使用している賃金テーブルはありますが、それを基準として良いのかどうかも含めてアドバイスをお願い致します。
入社時の賃金計算について
いつもお世話になっております。 弊社では、当月分の賃金を毎月15日に支給(実質15日分の前払)しておりますが、賃金計算の関係で、1日入社以外は当月の賃金を支給することが出来ません。 たとえば、5日入社の場合翌月15日に1ヶ月と25日分を支給することになるのですが問題ないでしょうか? 入社時については...
管理監督者の休日出勤における賃金
年俸制の管理監督者の賃金の考え方について教えてください。 管理監督者の時間外労働・休日労働の割増賃金の支給義務は労基法第41条により適用除外となっていることは理解していますが、割増賃金を除く1.00の賃金は支給する義務はありますでしょうか? 労基法第24条の賃金の支払については適用除外されている...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
最低賃金
働き方改革により同一労働同一賃金の考え方が認知され、賃金への意識が変わりつつあります。政府の重要施策の一つである最低賃金の引き上げは、非正規雇用者の賃金を底上げし、消費を拡大させて経済の好循環を目指すものです。最低賃金はほぼ例年改定されるため、制度を理解したうえで対応することが重要です。ここでは、最...
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/08
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...