企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14612件   回答数31045

自然災害等の不可抗力により出社できない場合の対応について

 お世話様になります。いつも的確な回答をいただきましてありがとうございます。

 今週の台風15号では関東を中心に交通機関(JR,私鉄各路線)が大幅に乱れ、駅構内では人が溢れ、定時に出勤できず、昼頃になってようやく出社できた人、夕方近くに会社にたどりつけた人、あるいは諦めて出社しない人(テレワーク等に切り替えた人)等、様々な対応が見られました。日本人は真面目な国民と評する外国のマスコミもあったようです。
 さて、前置きが長くなって恐縮ですが、弊社では、テレワークや在宅勤務を規程した制度はなく、今回の台風で、会社に来れない社員については、有給休暇とするよう(一方で、遅れてきた社員については、勤務しない時間帯を「見なし扱い」とする)指示しておりましたが、当日、来れなかった社員等から、特に早出しようと思って心づもりをしていたが、どうにしても行けなかった。その間、自宅でもできることをしていた。これを有給休暇扱いとするのは、いかがなものかと意見がありました。確かに、中には有給休暇を他に使いたい社員や残日数少ない社員もいると思います。こうした中で、弊社の対応としては、問題がありましたでしょうか。
 やむをえない措置でしょうか。ちょっとでも会社に来た社員との公平性を担保するために、他にどのような方策がありますでしょうか。出勤できていない社員まで、「みなし勤務」とすることはできないと思います。
 ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。

以 上

  • りんごのおいしい季節さん
  • 神奈川県
  • 電気・ガス・水道・エネルギー
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2019/09/11 14:59
  • ID:QA-0086799
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/09/11 17:31
  • ID:QA-0086801

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社としても不可抗力ですから、賃金支払い義務は生じません。
有休使用については、許可・打診はできても強制はできません。
ですから、有休使用を拒否する場合は、欠勤控除ということになります。

法律上の対応で、有休使用とする会社が多いと思われますが、自然災害については、あらかじめ出勤扱いと規定するケースもあります。

ご質問のケースでは、遅れて出勤した社員としなかった社員で、不公平感が生じており、遅れた時間についてもノーワークノーペイ、あるいは半休使用とすべきと思われます。

  • 投稿日:2019/09/12 11:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

理解できました。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/09/11 23:13
  • ID:QA-0086810

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社から休業の指示を出していなければ、不就労時間分に関わる賃金支払義務まではないものといえます。

一方で、年次有給休暇の取得につきましては法令上当人の希望による取得が必要ですので、これを会社から指示されて消化させる事は認められません。それ故、年休取得についてはあくまで希望があれば取得可能といったアナウンスをされることが必要です。

そして、公平性の担保策としましては、既に実施されているかもしれませんが、天候状況を確認の上、会社から当日の営業有無をきちんと各社員に直接連絡されておくことが挙げられます。そうすれば、出社の判断を迷っている社員の混乱を防ぐ事がおおむね可能といえるでしょう。また通勤の危険度が高い場合には、賃金補償または休業手当支給をされてでも一斉休業とされるのが安全配慮義務を果たす上でも妥当といえます。

勿論、判断が難しい場合もございますので、完璧な対応策はないでしょうが、少なくとも客観的な状況把握を行った上での判断が重要になるものといえます。

  • 投稿日:2019/09/12 11:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

理解できました。
事前の周知が大切なことがわかりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/09/12 09:47
  • ID:QA-0086824

人事・経営コンサルタント

扱い

有休取得を強制することはできませんので、有給申告するか、欠勤(=控除)かを社員が自由に選べれば問題ありません。事前指示において、有休取得が強制でないことを明確に伝えてあることが重要です。
ただ自宅で業務をしたかどうかは上長許可など正式プロセスがなければ、勝手な残業と同じです。本来であれば許可のない勝手な残業は認められませんので、同様に扱って良いと思います。

  • 投稿日:2019/09/12 13:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

的確なコメントありがとうございました。

お礼申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...