企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14629件   回答数31093

月途中で退職した場合の「資格手当」の支払いについて

6月14日で退職した社員がおります。

弊社の賃金計算は末日締め、翌月10日支払です。

資格手当を支給しておりますが
弊社の就業規則では

・資格を持ち、その職務に就く者に対し支給する。
 月額:10,000円

と明記しております。

この場合
最後に支払う給与では資格手当は

・10,000円支払う
・日割りで支払う

どちらになるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

  • こまめさん
  • 福岡県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/06/18 01:47
  • ID:QA-0085109

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/06/18 09:19
  • ID:QA-0085112

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、任意で会社が支給される手当になりますので、ご質問の件も含めまして就業規則上の定めに従う事になります。

このような月途中での退職の場合に関して定めが無い場合ですが、資格手当の性質上直接日々の業務遂行から発生するものではない為、日割りする根拠規定がない以上全額支給されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2019/06/18 22:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご回答をもとに改めて
就業規則を見直しましたら
資格手当も「賃金」としており
日割計算と明記しておりました。
資格手当の部分ばかり読み直しておりましたので
気づくことができました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/18 10:19
  • ID:QA-0085119

代表者

固定、プロラタ、いずれでも可

▼就業規則に格別の定めがなければ、固定月額(10K)が、日割り(プロラタ)、いずれの方式でもOKです。
▼厳格には、プロラタ方式が妥当だと思いますが、御社の考一つです。

  • 投稿日:2019/06/18 22:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
「プロラタ方式」が妥当とご回答いただき
弊社も
「職務には就いていないとなるのでは?」と
疑問でしたので
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/18 11:15
  • ID:QA-0085123

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

中途入社、中途退社の場合の賃金計算については、会社の規定によります。

特に手当については、全額払うケースと日割のケースがありますが、

6/15以後は労働義務がないわけですから、日割でよろしいかと思います。

  • 投稿日:2019/06/18 22:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
退職したのですから
「職務に就く者に対し支給する。」
つまり「職務には就いていない」と
なるのではないか?
この部分が大きな疑問点でしたので
「労働義務」がないとご回答いただき
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/06/18 14:38
  • ID:QA-0085136

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

日割計算をする場合は、日割計算の対象となる賃金の範囲を明確にしておく必要があります。

給与計算期間の一部しか勤務しない場合に、例えば、住宅手当や家族手当、資格手当といった諸手当の場合においても、これを全額支給とするのか、日割計算で支給するのかについては、就業規則等に定めておく必要があります。

したがって、その旨の規定がない以上は、全額支給するという事になります。

  • 投稿日:2019/06/18 22:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
「職務に就く者に対し支給する。」
この部分の解釈がよくわからなかったので
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/18 18:47
  • ID:QA-0085150

人事・経営コンサルタント

方針

起こりえるケースですので、事前に取り決めておくべきものですが、特段規定がないのであれば、日割り、全額、いずれでもルールを決めれば良いでしょう。
個人的には日割りに納得感を感じます。

  • 投稿日:2019/07/10 09:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなり申し訳ございません。
納得できました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
資格手当について
資格手当の見直しをかけており、国家資格・公的資格に対しての判断は比較的容易にできますが、民間資格に対しての判断が難しいです。 こういった手当基準を作成する際に参考にするもの等のノウハウがあればと思います。 民間資格例:画像処理検定・マルチメディア検定等
資格手当について
当社工場では、三交替のリーダーになるとクルーチーフの資格手当がつき、また別の部門のリーダーになるとグループリーダーの資格手当がそのポジションについた者に支給されることになっています。 これは社員に周知され、社員も誰がその資格があるか知っています。 組織変更の際、これらのポジションから外れた場合には...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...