企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事評価制度及び賃金制度について

いつも、お世話になっております。
当社は社員数14名の、エンジニアリング会社に転換中の製造会社です。
社員構成は、設計者6人、組立に従事する社員1人、営業社員3人、営業事務1人、購買1人、総務経理2人です。
従業員のほとんどが中途入社で、人員構成は60代6人、50代2人、40代3人、30代2人、20代1人となっております。
中小企業ですので、昇給については業績に左右され、既存の社員は業界よりも年収は低くなっております。
又、賃金表は無く、中途入社の社員が発生する社内のバランスを勘案して、都度給与を決定している状態です。
今回、設計職を募集するにあたり業界水準に合わせ、社内バランスを考慮せずに年収を提示する予定です。
その中で、人事制度(主として賃金制度、従として評価制度)を検討するように指示が有りました。
目標管理制度を検討しましたが、過去実施し定着してない状態です。
役割給も検討中ですが、当社の様な小企業では定義が困難な状態です。
何か参考事例があれば、ご教授願いたいのですが・・・。

投稿日:2019/02/18 18:39 ID:QA-0082486

大阪の亀さんさん
大阪府/機械

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、人事評価制度や賃金制度につきましては、各会社の規模や業務事情、さらには評価や賃金支給に関わるポリシーによって様々ですので、そうした詳細事情を踏まえた上で設計される事が不可欠といえます。

但し、何も無い状態からいきなり取り掛かるのも大変ですので、まずは大きな書店に行かれて人事評価や賃金制度に関わる書籍で幾つかの参考事例を選定されるとよいでしょう。近年では中小企業を対象にした事例も多く示されていますし、具体的な制度そのものでなくとも土台となる考え方だけを採り入れるといった事でも役立てられるはずです。

勿論、御社状況にピッタリ当てはまる制度までは見つからない可能性が高いですので、そこから先は御社事情に合うよう担当者がアレンジされることが必要です。小規模の会社であれば複雑な制度は不要ですのでそうした部分を次々と切り捨て等で単純化していけばよいはずですし、自前で十分に制度構築も可能といえますが、どうしても難しいようでしたら、プロのコンサルティングを受けて対応すべき事柄になりますので、お近くの社労士事務所等に直接ご相談される事をお勧めいたします。

投稿日:2019/02/18 21:46 ID:QA-0082497

相談者より

ご回答を頂きまして、有難うございます。
早速、書籍を探してみます。

投稿日:2019/02/19 10:48 ID:QA-0082505参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 人事制度とは -意義・基本-
    経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させる仕組み」を人材マネジメントの側面から制...
あわせて読みたいキーワード
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
職種別賃金
職種別賃金とは、事務、営業、製造、研究開発など、職種ごとに異なる賃金体系や評価基準を設ける、欧米では一般的な賃金体系。長年、全社員一律の賃金制度を大半の企業が採ってきた日本においても、近年、徐々に広まってきています。
職務給・役割給
職務(ポスト)や役割の重さ、責任の度合い、企業への貢献度などに応じて決められる賃金のことです。昨今の成果主義、業績志向への流れを背景に、管理職層を中心に浸透してきました。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。