企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14703件   回答数31345

海外インターンシップ派遣に関して留意すべきこと

このたび、海外拠点工場に海外インターンシップとして選抜した学生を派遣することとなりました。派遣に関して準備を重ねて漏れはないかと思っておりますが、初めての経験ですので、やはり不安がないと言うと嘘になります。つきましては、ご経験のある企業様やご専門家の皆様より、ご経験談や留意点など、気づきにくい、漏れそうな観点で広範なアドバイスをいただけましたら幸いです。具体的には、例えば、保護者の承諾書を取り付けますが、承諾賞の内容や文言で留意点はございますか?また大学や親御さんとの関係においてなど配慮すべき留意点等はございますでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。

  • 最高の体験を!さん
  • 兵庫県
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2018/11/15 11:47
  • ID:QA-0080439

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/15 15:17
  • ID:QA-0080446

人事・経営コンサルタント

インターンシップ取り扱い

インターンシップ取り扱いは、その内容(学年(学部・修士・博士)、理系かどうか等)にもよりますが、掲示板で一口に述べられるほど簡単なものではなく、各大学や受け入れ企業が何年もかけて、自社事業、自社インターンプログラムとの整合性を図って、運用の結果が蓄積されていくものといえます。
とはいえ、基本的な部分でいえば安全管理が最優先で、学研災など保険加入の確認など必須です。また工場勤務であれば、機密保持など大学にも企業にも誓約が必要でしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/15 21:52
  • ID:QA-0080458

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、海外への学生インターンシップ派遣となりますと予期せぬ事態も起こりかねませんし、そのような場合のリスク対応が最重要になるものといえます。例えば承諾文書における免責事項等についても細かくチェックされる事が求められるでしょうが、明らかに一般的な人事労務の範疇を超えていますし、むしろそうした特別なイベントに精通された事業者の知恵を借りるべきといえます。

従いまして、この度が初めての経験という事でしたら、やはり海外インターンシップに広く携わっている事業者(※ネット検索で容易に調べられます)に直接ご相談される事をお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
派遣先の講ずべき措置について
お世話になります。 派遣先の講ずべき措置について、万が一講じていなかった場合は、指導・是正の対象となると思いますが、派遣元も同様に処分をされるのでしょうか。 派遣先に求められている義務ですので、派遣先のみが指導・是正の態様となると考えますが、いかがでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
インターンシップ
少子化の影響を受け、採用市場では若年層の人材獲得が困難な状況が続いています。早期離職率の問題も顕在化するなか、ミスマッチを防ぐため、企業・学生の双方で入社前の活動が重要なポイントとなっています。こうした問題を解決する一つの手段となるのが「インターンシップ」です。ここでは、実施企業が増えている背景や実...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

富士通が実践する「働き方改革」 シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/13
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。