企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15375件   回答数33191

フレックスタイム制の標準労働時間と総労働時間

フレックスタイム制を導入する際に以下の点について少々理解が足りない部分があります。

標準労働時間
→1日8時間
総労働時間
→暦上30日の月は171.4時間、暦上31日の月は177.1時間

これを
標準労働時間
→1日8時間
総労働時間
→1日8時間×所定労働日数
※暦によっては184時間もありうるということです。

フレックスは07:00~10:00、15:00~21:00にし、コアタイムは10:00~15:00、始業・終業はもちろん従業員の判断、労使協定も結んでのうえです。

よろしくお願い申し上げます。

  • sakonさん
  • 大阪府
  • 教育
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/08/27 13:32
  • ID:QA-0078625
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/08/27 18:50
  • ID:QA-0078643

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

フレックスの総労働時間の決め方には、2通りあります。
例えば、170時間などと時間で明記する場合には、法定労働時間の枠内となります。

もう一つは、1日の標準時間×所定労日数という方法です。
この場合には、8h×23日=184hとなるケースがありますが、完全週休2日制であるかぎり、通達で認められています。

なお、これは変形労働時間制の中では、フレックスタイム制だけの例外となっています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/08/27 23:22
  • ID:QA-0078652

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制につきましては、1日の所定労働時間という概念が存在しませんので、「1日8時間×所定労働日数」のように月の所定労働時間を決める事は出来ません。そして、「標準労働時間」とは、年休を取得した場合に支払う賃金計算の為の仮の労働時間数に過ぎない点に注意が必要です。

従いまして、月の総労働時間については最大でも法定労働時間の総枠となる171.4時間または177.1時間以内とされる必要がございます。仮にそうした設定が職場運営上無理という事でしたら、フレックスタイム制の導入は見送られるべきといえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制のコアタイムを1日のみなしにできますか?
現在、フレックスタイム制ですが、コアタイムを設定しています。 たとえば、火曜日だけをコアタイムなしのフレックスタイム制(月、水、木、金はコアタイムあり)にすることはできるのでしょうか? ご回答をいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。
時短勤務者の所定時間外労働について(フレックスタイム制)
いつもお世話になっております。 フレックスタイム制における時短勤務者の「所定時間外労働」の 考え方について教えていただけないでしょうか。 (まず総労働時間=所定労働時間だと理解していますが、 この考え方が間違っていましたらご教示いただきたいです。) 「月の総労働時間=標準となる1日の労働時間(...
フレックスタイム制における休日出勤時間の考え方
 いつも大変お世話になっております。 フレックスタイム制において休日出勤が発生した場合は、 その労働時間を1か月の総労働時間に含めるのが正しいのでしょうか? それとも含めないのが正しいのでしょうか? 法定休日出勤と法定外休日出勤で違いがあればそちらも教えてください。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。法改正が進み、人事制度の充実に向けて導入の検討を進めている企業もあるでしょう。社員の最適な働き方を目指したこの制度は、労働者および企業にどのようなメリット・デメリットを与えるのでしょうか。また、...
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY Web採用説明会でエントリー30%UP
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...