企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13046件   回答数27280

業務委託契約による事業部長・本部長採用

A社にて社外監査役を務めている方を、B社が事業部長・本部長として採用したいという意向をお持ちです。
この場合、社外監査役ゆえに雇用契約での採用はガバナンス上難しいため、業務委託契約(委任契約?)での採用をお考えです。
このような契約形態は可能(合法)でしょうか。また、そもそもこのような事例は世の中に存在するのでしょうか。

  • コンサルタントさん
  • 京都府
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/05/17 12:01
  • ID:QA-0076599

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/05/17 18:46
  • ID:QA-0076610

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常であれば事業部長・本部長といった役職者につきましては当然ながら管理職従業員として組織内に位置付けられているはずです。つまり、明らかに会社の指揮命令の下で管理業務を担っている被雇用者であり、そうでなければ、その職責を果たす事は現実問題としても困難といえるでしょう。

従いまして、明らかに雇用契約を締結して任ぜられる事が必要といえますし、そもそも監査する立場の方にそのようなラインの管理職業務を委ねる事自体が全く不適切といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/05/17 22:30
  • ID:QA-0076612

代表者

社外監査役に関する資格要件をクリアーする人材の可否がポイント

▼ 社外監査役は、通常、常勤ではありませんので、その少なからずの人達は、常勤、非常勤で、他の企業で業務に就いておられます。
▼ 但し、企業統治強化の観点から、社外監査役としての「独立性」を完全担保すべく、厳しい資格要件が設けられています。
▼ 逆に言えば、資格要件がクリアーできていれば、他企業(本事案ではB社)との雇用契約を締結しても差支えないということになります。
▼ 事業部長・本部長というポジションは、雇用関係を必要とします。業務委託契約(法的には、準委任契約)では職務執行は不可能(存在し得ない)です。
▼ ポイントは、平成26年(平成27年5月1日施行)の会社法改正における社外監査役に関する資格要件をクリアーする人材を如何に調達するかにあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/05/18 09:46
  • ID:QA-0076620

人事・経営コンサルタント

職務

事業部長・本部長がどんな職権の職務かによりますが、通常そうした名称であれば部下の指揮監督があるはずで、そうした職務を業務委託というのは考えられません。可能かもしれませんが部下になる社員は「他社の余所者」の人物に評定されるというきわめて異様な構図になります。士気管理上も恐らくデメリットが多すぎると感じます。
そうではなく職名は事業部長・本部長でも、実際には専任担当で単に役職だけ偉くとも人事管理など「管理業務」がないのであれば、不可能ではないと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
業務委託契約について
ご質問させて頂きます。 業務委託契約を締結予定だったのですが、両社の契約の確認中に 委託予定の業務がなくなってしまいました。 契約がされてない状態で業務は、1ヶ月のみなので委託契約は無かった事にして問題はないでしょうか? 知識不足のため、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。