企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13046件   回答数27280

就業規則の一部削除の仕方

いつも参考にさせて頂いております。
下記の点につきまして、ご教授願います。

弊社の「就業規則」の条文に(附則)として期間を定めて制定した項があります。このように「期間の定めのある条文や項」は、定めた期間が経過すれば、削除してもよろしいのでしょうか。それとも残しておかなければいけないものでしょうか。もし削除して良いとすれば、「変更届」を監督署へ届出するのでしょうか。

例えば有給休暇の項に(附則)として、「平成11年4月1日から平成12年3月31日までの間において、次に該当する従業員の年次有給休暇の日数は、第33条の規定にかかわらず次の通りとする。」として「平成11年4月1日から平成12年3月31日までの間に継続勤務年数が次に該当する者は、それぞれに定める日数。継続勤務 4年6ヶ月→15日、5年6ヶ月→16日という形で、最終8年6ヶ月→19日まで。」
続けて、「平成12年4月1日から平成13年3月31日までの間に継続勤務年数が次に該当する者は、それぞれに定める日数。継続勤務 5年6ヶ月→17日、6年6ヶ月→18日、7年6ヶ月→18日」となっています。

宜しくお願い致します。

  • 総務1年生さん
  • 秋田県
  • 食品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/05/16 10:53
  • ID:QA-0076565

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/05/16 12:24
  • ID:QA-0076567

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、恐らくは改正労働基準法への対応による規定と思われます。期限を過ぎているもので適用がなされる事がないことからも、敢えて削除される必要はないものといえます。

随分昔の附則にはなりますが、事実としまして当時そのような対応がなされたことを示す証拠にもなりますので、そのまま残しておかれるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2018/05/16 15:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
前任者がそのままにしておいた理由が分からず、気になっていました。次回、改正事項が発生した際に削除しようかと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/05/16 12:38
  • ID:QA-0076568

代表者

期間経過後、不要となった定めでも、放置せず、直ちに削除すべき

▼ 就業規則は、常に最新の状態でなければなりますせん。その為、「追加」、「削除」、「変更」の全ての局面で、必要なアップデート措置が必要です。
▼ 因みに、「特定の期間にのみ有効な定め」も、当該期間経過後は、被対象者が存在しないので、そのまま放置しても、実害ないからと言って、放置せず、「削除」措置が必要です。これが、最新状態の維持条件です。

  • 投稿日:2018/05/16 15:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
前任者からの引き継ぎもなく、なぜこの項目が残っているのか気になっていました。次回、改正事項があった際に削除したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/05/16 13:13
  • ID:QA-0076572

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

削除した場合には、意味は変わらなくとも変更届が必要となります。

ですから、そのまま放置しておき、改訂の機会に併せて削除するのがよろしいでしょう。

ただし、10年以上前となりますが、その間に法改正も多々ありましたが、改定はしていらっしゃらないのでしょうか?

  • 投稿日:2018/05/16 15:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
他の改正は直してあるようですが、この部分だけが残っていましたので気になりました。次回、変更事項が発生した際に削除することにします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
就業規則の「深夜勤務」について
 以下は、当社の就業規則の「深夜勤務」の条文です。 「満18才未満の社員には、深夜勤務をさせることはない。ただし、交替勤務制により勤務する満16才以上の男子社員については、この限りでない。」 この条文は男子のみの記載となっておりますが、問題ないでしょうか。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • どうなる? 今年のパート時給
    リーマンショック以後、平成23年まではパートの有効求人倍率は1.0倍を下回り、募集時の平均時給の上昇においても低調な状態が続いていた。平成24年以降、景気回復の動きとともに有効求人倍率は1.0倍を超え、募集時平均時給も上昇傾向にある。では、平成27年の求人動向はどうだろうか。各調査結果をもとに分析を...
  • “働き方改革”で注目を集める 勤務間インターバル 制度設計と就業規則
    現在、長時間労働是正の策の一つとして注目されている「勤務間インターバル」制度。どのような制度で、先行企業ではどのように導入されているのでしょうか。また、導入の際の法的問題点や社内規定の作り方とは?各項目について、詳しく解説します。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー 20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。