企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13946件   回答数29463

雇用限度年齢を超えている方の新規採用

当社では、アルバイト従業員(有期雇用)の若返りを図るという考え方から、2年前に雇用限度年齢と無期転換後の定年を定めております。
毎年3月末に雇用契約の更新について従業員の方とお話をさせて戴いており、次契約期間中に雇用限度年齢に達する方には次の更新はしないこととして、新規採用に注力して来ました。

が、アルバイト従業員の採用が日に日に難しくなってきており、また、限度年齢に達する前に体調を崩して退職された方も続いてしまった事もあり、業務を遂行するのが難しいレベルにまで人不足の状態になっております。

そんな中、雇用限度年齢を超えた方を新たに採用することになったとの報告を営業所から受け(アルバイトの採用は営業所責任者決裁としています)、社内の一部から就業規則違反ではないか?との声が上がりました。

既に雇用契約書の締結も済み勤務に入って戴いているのですが、契約を破棄するべきとの意見が出ております。
会社の法律である、就業規則に違反するからとの見解なのですが、法律的には従業員の採用上限年齢を定めるモノはなかったと思うのですが、契約を破棄する必要があるのでしょうか?
また、就業規則で定める諸条件に当てはまらない方(今回の様に限度年齢を超えた方など)を採用することは出来ないのでしょうか?

アドバイスのほど、よろしくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2018/02/20 15:32
  • ID:QA-0074994

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/02/20 21:56
  • ID:QA-0074999

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

一般論ですが。

投稿、拝見しました。

まず御社の業種や事情がわからないので一般論を申し上げれば、年齢層の偏りによるアルバイトの年齢制限は原則禁止されていると思いますが、そこはクリアにされているのでしょうか?

就業規則は、国の法律の範囲内でそれぞれの企業が定めているルールです。ルールであれば、もちろん遵守するのが当然という話になりますから、現段階では社内の反応は妥当だと言えるでしょう。

ですが、もし国で禁止されている年齢制限を就業規則としているのであれば、その規則自体が違反なので無効になると考えられます。

逆に、その年齢制限に関して、御社が法律に照らし合わせて、きちんとクリアにしてある場合は、社内での判断になるでしょう。役員と相談をして就業規則を変更するか(就業規則の変更は、従業員の過半数の了解をとる必要があります)、すでに雇ってしまった人の契約破棄は別の意味で労働基準法の違反になるので、そのアルバイトの人が辞めるまでは、例外として、今回の経緯と背景事情をきちんと社内の一部の人に説明してコンセンサスをとるかでしょう。

そもそも、その年齢制限に関して法律をクリアにした上でそのルールを設けているなら、経営管理側が営業所責任者に対する就業規則の周知義務を怠ったとも思われてしまうかもしれませんし、周知をきちんとしていたのであれば違反をした営業所責任者の処置も必要なるでしょう。

業種、採用基準、職場の人員構成がわからないので、あくまで一般論になります。

  • 投稿日:2018/02/21 13:12
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

就業規則における雇用限度年齢はあくまでも既に雇用されている方の雇止めについての基準としており採用時の限度年齢としている訳ではありませんでした。
実質イコールになりますが、、、。

諸々注意しなければいけない点がありますね。

勉強になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/20 22:28
  • ID:QA-0075001

代表者

「営業所責任者決裁を是とする」・「高齢者及び女性労働力の活用」が不可欠

▼ 高年齢雇用や離職者に対する再就職の援助等に関する公的な諸措置は準備されていますが、御社の様に、雇用限度年齢を設定、結果的には、高年齢雇用の阻害要件を頑なに守ろうという姿勢はいただけませんね。
▼ 法に触れない範囲で契約更新をしないのは、それなりに結構ですが、日本の人口構造を見れば、高年齢者と女性の労働力に雇用シフトせずに立ち行かなくなるのは明明々白々です。
▼ 法ではなく、自社レベルの就業規則の定めを盾に、営業所責任者決裁を違反として問題化する方々の「目は何処に付いているのか」と言いたくなる状況だ見受けます。
▼ 「法律的には従業員の採用上限年齢を定めるモノはなかったと思う」と仰るのは「正解」です。採るべき措置は、「先ず、営業所責任者決裁を是とすること」、次いで、「高齢者及び女性の労働力として活用に変貌させること」だと考えます。

  • 投稿日:2018/02/21 13:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

アドバイスありがとうございます。
非常に高齢(80歳)のアルバイトもおりますので一人勤務時などが無いように人の配置を考えておりましたが、従業員の健康面を考えると若返りが必要との考えからの雇用限度年齢を設けることになりました。
とは言え、人不足もあり方向性がぶれて来てしまっており、そんな中での採用でした。
会社としての方向性の見直しも含め社内検討していきたいと思います。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/20 22:45
  • ID:QA-0075004

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り法令上雇用上限年齢の類のものは定められておりません。

加えまして、就業規則の規定内容を超える取扱いであっても、労働者に取りまして有利な条件であれば違法性はなく問題ございません。

従いまして、当事案に関しましても契約を破棄する等といった必要性は全くなく、そのような事をすれば逆に会社が不当解雇を追及される事になりますので、当然に避けることが必要です。

  • 投稿日:2018/02/21 13:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

アドバイスありがとうございます。

営業所管轄部署と就業規則遵守を進めねばならない総務部とで、人不足・採用難に対する認識等にズレがあり、社内の認識・考え方の摺り合わせが急務かと思いました。
雇用契約を破棄することはせず、また、法規を逸脱することの無いように進めて行きたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
雇用契約書について
就業規則には、時間外や有給の期日はありますが、雇用契約書には、時間外や有給の期日はありません。契約書としては違反になるのでしょうか?
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 「掲載無料」
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...