企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14837件   回答数31739

航空機出張のフライトクラス規定について

初めて投稿いたします。
現在飛行機を伴う出張規定に関し、海外本社のガイドラインに合っていないため修正する必要性に迫られております(当社は日本現地法人)。内容については以下です。

-. 現行 : ある規定フライト時間以上の場合は全員がビジネスクラスを使用できる内容
      及びエコノミーを選択し経済的効果をもたらした場合は一定額の特別手当を追加支給。

-. 新(案):規定フライト時間以上であっても、ビジネスクラスはある一定職位以上に限定する。
      この職位未満のものにはエコノミー手当(現行同額)を支給。

内容については、組合と合意が必要であると思いますが、
本件、(1)就業規則の変更によって労働者が被る不利益の程度
   (2)使用者側の変更の必要性の内容・程度
   (3)同種事項に関するわが国社会における一般的状況
という面では、個人に対しての支給や経済的不利益は特に出てないと判断します。
但し、『権利』という面で極論をいえば良いクラスを使用できる『権利』をはく奪していると
いう見方もある、という意見もあり、本改定が妥当と判断できる可能性(見解)をお教え頂きたいと思い相談いたします。
専門の方からのご見解、また注意点などのご意見をお教え願えれば幸いです。

  • サイヤさん
  • 三重県
  • 輸送機器・自動車
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/02/12 15:39
  • ID:QA-0074825
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/02/13 13:36
  • ID:QA-0074843

代表者

改訂案の内容自体は妥当

▼ 立場によって感じ方に差異があるのは何事に就いても避けられませんが、弊職の意見を申し上げます。
① 現行の努力不要の特別手当は、出張経費の本質にそぐわず、改訂案の内容自体は妥当だと判断できます。
② 将来に向けての合理性のある措置であり、誰にも不利益と認識されるものではない。権利論というより、正常化論というべきものである。
▼ 勿論、就業規則の変更に際しての手順を経て、決定し、従業員への周知と所轄官庁への届出は忘れてはならない。

  • 投稿日:2018/02/13 14:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。妥当な判断をしているという見解を頂き安心いたしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/02/13 13:50
  • ID:QA-0074844

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

出張回数や対象者数などにもよりますが、直接賃金とは関係しませんので、ご認識のとおり、さほど不利益とはいえないと思われます。

ただし、なぜ、本社ガイドラインにあっていなかったのか等修正する必要性についてよく説明し、組合の意見をきくプロセスも重要です。

  • 投稿日:2018/02/13 14:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。改定内容自体は特に不利益にはならないとわかりました。当方もこのポジションになって長くないのですが、おっしゃられるように、何故過去からこんな事象になっていたのか背景をしっかり調べるつもりです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/02/13 23:16
  • ID:QA-0074865

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当事案の場合ですと、航空機出張という通常頻度の低い内容である事に加えまして、賃金や労働時間といった重要な労働条件に比べましても不利益の度合いは極めて低いものと考えられます。

また、労働契約法第10条におきましても、「労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものであるときは、労働契約の内容である労働条件は、当該変更後の就業規則に定めるところによる」と定められています。

こうした同条の内容からしましても、労働者側との真摯な協議を行う事によって、変更内容につきましては有効とされる可能性が高いものといえます。

  • 投稿日:2018/02/15 11:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。 まずは組合との協議で反応を見たいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
通称使用
通称とは、戸籍上の本名ではないけれど、日常生活で使用し、世間一般にも通用している氏名のこと。特に仕事など社会的活動の場で、既婚者が便宜上、結婚後も旧姓を通称として使う慣行を指して「通称使用」といいます。日本では夫婦別姓制度が導入されていないため、旧姓の通称使用を認める職場が増えていますが、納税や社会...
高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の高齢者が3人以上集まって会社を設立し、雇用保険に加入したうえで同じような年齢の人たちに雇用機会を提供すると、会社の成立にかかった費用や設備投資の3分の2が支給される制度です。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...