企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

転籍時の手数料について

お世話になっております。

以下、質問です。

B社に出向しているA社の社員がB社へ転籍する事になり、
B社からA社に転籍料(名目はどうあれ手数料等)を支払う事は、
問題ないでしょうか。

宜しくお願い致します。

  • えむえふごさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/11/01 20:05
  • ID:QA-0073258

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/02 13:14
  • ID:QA-0073269

代表者

目的が不明、商道徳、課税問題も絡んでくる可能性も

▼ 先ず、転籍とは、元の企業との労働契約関係が終了し、新たに他の企業との労働契約関係に入ることを指します。従業員の個別的な同意が必要なので、企業が一方的に転籍を命令することは認められません。
▼ 次に、 B社 ⇒ A社間の移籍料ですが、利益目的で業として授受(違法行為)されるものでないことは分かりますが、それでは、何が目的なのでしょうか。
▼ 目的如何によっては、商道徳、課税問題も絡んできます。ご質問の情報だけでは、如何とも言い兼ねますが、何となく、移籍者に冷たく、 A社の懐が暖かくなる「せこい」感じがしますね。

  • 投稿日:2017/11/20 14:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘に関して承知しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/03 11:31
  • ID:QA-0073279

人事・経営コンサルタント

確認

ご提示情報だけで判断はできませんが、下記の点を労働局や税務署にご確認いただくのが良いでしょう。
①目的と理由②金額(業として行われる、反復継続や意思)③頻度、人数

  • 投稿日:2017/11/20 16:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
提示いただいた対応、検討させて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/03 17:36
  • ID:QA-0073284

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、一種の職業紹介手数料と解される可能性がございますので、避けるのが妥当といえます。

転籍とは新たな雇用契約の締結を意味していますので、当人と出向先会社との合意が必要とされます。そうした契約合意については、許可を受けた職業紹介会社による紹介でない限り金銭の受け渡しを介するものでなく、完全に双方の自由意思のみで行われるべきものです。それ故、たとえ出向先会社から出向元会社へ希望があったとしましても避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2017/11/20 16:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘について、承知いたしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向者の健康診断について
当社(A社)は、B社より出向者Cを受け入れています。この場合、出向者Cに健康診断を受けさせなければならないのは、当社(A社)でしょうか、それともB社でしょうか。あるいは、A社でもB社でもどちらでもよく、A-B社間で、任意に取り決めればよいのでしょうか。
転籍や出向の際の辞令を通知する会社は元会社か先会社なのか?
いつもお世話になります。 転籍や出向の際の辞令を通知する会社は元会社か先会社なのかということについて以下3点ご質問です。 ①A社からB社へ転籍する場合、弊社の辞令では『A社の社長名でB社勤務を命じます。』としています。正しいでしょうか。 ②A社からB社へ出向する場合、弊社の辞令では『A社の社長...
転籍に伴う退職金について
お世話になります。 この度、初めて転籍を行うにあたり、退職金について 少々問題が出ています。 勤続3年で初めて支払われるのですが、勤続年数は転籍後、 通算しないことになっています。 しかし、転籍先を3年未満でやめた場合、会社命令で転籍したにも かかわらず、退職金は支払われなくなります。 細かい所...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 転職先の紹介は早い者勝ち? 激しい紹介会社間の争いとは
    転職を希望する人材がインターネットを使って複数の紹介会社にエントリーするのは当たり前の時代。企業側でも、場合によっては数十社もの紹介会社に求人票を送ることがあります。そうなると、ある人材に同じ求人案件が集中するケースは珍しくありません。そこで、求人企業の多くは、同じ人材が異なる紹介会社から推薦されて...
  • 紹介ゼロから一転 景気回復の波に乗ったキャリア人材
    薄日が射してきたかな…という感じもある世界経済。景気が本格的に回復してくると、人材紹介業界でもそれを実感できる傾向が現れる。「マネジャー、管理職を募集する企業が増える」ことだ。特に外資系企業では、不況になると年収が高い人材から人員削減の対象になったりする。景気が回復してくると、まっさきにその空いたポ...
  • 「嘘も方便」とは考えられない、求職者の心情
    転職活動中は誰でも神経質になりがち。一生のうちにそう何度も経験することではないから、不安になったり細かいことが気になったりする。イライラしている状態、さらには普段の判断力を失った状態で転職先を決めてしまい、後で冷静になってから後悔する…というケースも少なくない。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...