企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

社員旅行での自由行動と会社の管理責任について

この度、全額会社負担で社員旅行に行くことになり、幹事を担当することになりました。
行き先は国内、日程は2泊3日の予定で、2日目は完全に自由行動とする予定ですが、
その際の行き先や行動予定を社員に申告させる必要はあるでしょうか?
検討する中で賛否両論出ており、判断に迷っています。
〈必要派の意見〉
 ・自由行動とはいえ会社主催なので、ある程度行動予定を把握しておく必要がある。
 ・万一、事件等に巻き込まれた際に、行動予定を把握していないと会社の管理責任が問われる。
〈不要派の意見〉
 ・自由行動なのだから、決められた時刻までに帰って来るよう注意喚起するだけでよい。
 ・自由行動なのに拘束感を与えるような申告はさせるべきでない。

特に、事件・事故等があった場合にどこまで会社として管理しておくべきなのか
(管理責任が問われるのか)、アドバイスをいただけましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2016/10/11 20:47
  • ID:QA-0067765
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/10/12 09:39
  • ID:QA-0067768

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社の費用負担有無よりも、この旅行が強制参加であるか任意参加であるかによって判断すべきといえます。

つまり、原則全員参加の指示が出されている場合ですと、旅行時間については労働時間とされ会社の指揮命令下にあることになります。その場合ですと、事故があった際には会社側での管理責任の問題も問われる可能性が無いとまでは言い切れません。従いまして、全くの行動自由とする事はリスク管理上避けるのが妥当といえます。

一方、任意参加であれば、会社が全額費用を出されたとしましても、基本的に業務と無関係であるレクリエーションの域を出ませんので、原則会社が責任を問われる事はないものといえます。

  • 投稿日:2016/10/12 10:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
旅行の扱いと致しましては、休日扱い・任意参加を予定していますので、ご回答を参考に、最低限の注意喚起に留めようかと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/10/12 12:14
  • ID:QA-0067770

代表者

必要派の意見を尊重

▼ 税法、労災,個人賠償責任など、色々、考慮すべき事項がありますが、参加の任意性、費用の会社支弁、特休付与の有無関わらず、「会社主催」という事実は動かせません。自由時間中の社員の行動は、利害関係のない第三者にとっては、「会社主導のレクリーション参加中の行為」としか映りません。
▼ ご相談の「行動予定の把握の要否」は、社内と言うコップの中の、自己防衛論の問題です。「何も起きないかもしれない」は「何でも起こり得る」と背中合わせです。自由行動というのは、「会社主催」という傘の中の議論で、被害者等、第三者にとっては関係のないことです。「事故は起こってからでは遅い」ことに思いを致し、回答者としては、必要派の意見を支持致します。

  • 投稿日:2016/10/18 10:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおり、会社主催ということを重視し検討してまいりたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/10/12 22:05
  • ID:QA-0067777

人事・経営コンサルタント

社員旅行の目的

完全自由行動で社員旅行というのが今一つイメージできません。強制参加であれば、当然業務ですので、会社が行動を把握する必要があるでしょう。完全自由意思で、参加圧力や不参加であっても、何一つ不利益を被ることがないのであれば、会社の責任は限定的だと思います。ただ旅行のど真ん中で完全自由行動を入れる明確な目的がないのであれば、全体行動までを社員旅行とし、終了後自由解散にしてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2016/10/18 10:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
実施までかなり時間がありますので、行程につきましても検討を重ねてまいりたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
外国人就労者の管理について
いつも勉強させていただいております。 本日は、外国人就労者の管理について、質問いたします。 弊社はアジア系外国人を雇用しておりますが、 これまでビザの管理等の管理を行っておりませんでした。 この度遅まきながら管理をするにあたり、 どんな管理を行うべきか悩んでおります。 何かアドバイスをいただけ...
グループ会社の社員を合わせると50人以上の事業所になる
当社はホールディングが100%出資の会社で事業場の社員40名の会社です。ある事情によりグループ会社(同様にホールディングが100%出資)の社員30名が当社の事務所で仕事をするようになりました。今まで当社は事業場社員50名未満の会社のため、安全管理者、衛生管理者、産業医を選任しておりませんでした。しか...
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • パートが「会社のために」力を発揮するようになる工夫
    あなたの会社では、自社のスタッフに何を求めているのでしょうか? 企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。
あわせて読みたいキーワード
ディレールメント
「ディレールメント」(derailment)とは、直訳すると「レール(rail)をはずれること」、転じてキャリアからの脱落要因を意味します。職務における成功者や高業績者(ハイパフォーマー)に共通の行動特性をコンピテンシーと呼ぶのに対し、ディレールメントは、そうしたハイパフォーマーゆえに陥りやすく、...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/03
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...