無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ソシキシミンコウドウ 組織市民行動

「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。
この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動のうち、彼らにとって正式な職務の必要条件ではない行動で、それによって組織の効果的機能を促進する行動。しかもその行動は強制的に任されたものではなく、正式な給与体系によって保証されるものでもない」と定義されています。具体例としては、病気で休んでいた人の仕事を支援する、職場に散らかったゴミを掃除する、間違った手続きを見つけたらいち早く忠告する、などが挙げられます。
(2015/8/19掲載)

組織市民行動のケーススタディ

見返りを求めない自発的な組織への貢献
本来、日本の職場には根付いていたが……

「組織市民行動」の理論では、その要件として(1)任意の行動であること(2)公式の報酬システムによって直接または明確に承認されているものではないこと(3)集合的に組織の効率を促進するものであること、の三点が挙げられます。任意なので、制度や指示に規定された職務として実行しなければならないものではありません。個々の職務の範囲外の、いわば自発的な「役割外行動」の一種ですが、その行動によって組織や職場がスムーズに回り、それでいて給与体系による補償や支払いを受ける対象にはならない。つまり各自の意思で組織に貢献しながら、見返りを期待しないという点が組織市民行動の特徴です。

うまく回っている組織には、こうした行動を担っている個人が必ず一定程度は存在しているのではないでしょうか。そもそもあらゆる組織や職場はたえず、誰にも割り当てられていない職務をたくさん内在しています。最近は欧米式の職務記述書(job description)で個人の仕事の中身を明文化し、厳格に規定する動きもありますが、そうして規定してもなお、職場では“想定外”の事態が起こるのが日常茶飯であり、事前に予測できなかった新しい仕事や、誰の役割にも属さないけれど誰かが担わなければならない役割が、次から次へと生じるものです。問題はそれらを誰が引き受けるか。トップや上司が「あの仕事は誰それの担当で、その業務は別の人に」というように、フォーマルな組織図や分掌規定ですべてを割り振り、指示することなど到底できません。そこにこそ、自発的な「組織市民行動」を担う人々が、組織や職場の潤滑剤として機能する余地があるのです。

「組織市民行動」の研究は、その重要性にいち早く着目した米国の研究者を中心に、1980年代末から進められ、数多くの学術的成果がもたらされました。日本の組織心理学や組織行動論の研究に組織市民行動の概念が登場するのは,それから後れること約10年。90年代末のことです。バブル崩壊以前の日本の職場においては、組織のためによかれと自発的に働くことが大切なのは自明であり、誰もがそれとなく気を利かせ、お互いに助け合っていました。それを「組織市民行動」などとあえて称して、研究の対象にするまでもなかったのでしょう。本来、日本の職場風土には暗黙のうちに組織市民行動が根付いていた、といえるかもしれません。しかし、中途半端な形で成果主義が導入された結果、誰もが自分の仕事や業績のことで一杯になり、職場からいつの間にか“気の利いた行動”が失われていった、という指摘もあります。日本で組織市民行動の研究が本格化し始めた時期と、成果主義の弊害が指摘され始めた時期が重なるのは、けっして偶然ではないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「組織市民行動」に関する記事