企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

ストレスチェック実施者について

 いつもお世話になります。

 ストレスチェックを行うにあたり、
役員より「私の親族にその資格を有する者がいるので、
実施者をその親族にしたい」と申し出がありました。
 役員の親族が実施者になることは問題はないのでしょうか。

 ご教示いただきますようよろしくお願いします。

  • 投稿日:2016/05/11 11:58
  • ID:QA-0066011
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/05/11 21:38
  • ID:QA-0066014

代表者

役員権限、親族の影響力如何により制度趣旨が損なわれる可能性

▼ 人事権を有する者については、その人事権に係る労働者に対するストレスチェックの実施者にはなれません。これは、労働者が申出を躊躇したり、適切な事後措置がなされなかったりする恐れがあるなどなど、制度趣旨に合致しない事態を避けるためです。
▼ 役員の親族ということなれば、その役員の権限、親族による人事的影響力存在の可能性があるので、広範な権限を有する利害関係者をチェックの実施者をすることは、避けるのが賢明だと思います。

  • 投稿日:2016/05/18 17:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
役員の親族は避ける方向で進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/05/12 19:31
  • ID:QA-0066019

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ストレスチェックの実施者につきましては、「医師、保健師、厚生労働大臣の定める研修を受けた看護師・精神保健福祉士の中から選ぶ」ものとされています。つまり、有資格者であれば社内外を問わず実施者になり得るものといえます。

但し、ストレスチェックの結果について、事業者が当人の同意なしで入手する事は禁止されています。

それ故、役員の親族の場合ですと、直接違法とまではいえないでしょうが、役員を通じて事業者に情報が伝わる可能性が生じますので、やはり避けるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2016/05/18 17:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。
やはり役員の親族は避ける方向で進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/05/12 23:29
  • ID:QA-0066023

人事・経営コンサルタント

人事権

省令により、「人事権を有する者については、その人事権に係る労働者に対するストレスチェックの実施者にはなれない」と規定されています。親族というグレーな立場は、そもそもストレスチェックの主旨に沿わないことを説明し、ストレスチェックが形骸化してしまうリスクを説明されてはいかがでしょう。

  • 投稿日:2016/05/18 17:59
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
ストレスチェックの趣旨を説明したいと思います。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
ストレスチェック 1回目の実施時期
15年12月に法律が施行されるストレスチェックですが、第1回目のストレスチェックは最低でもいつまでに実施しないといけないでしょうか。 というのは、厚生労働省の通達で出されているストレスチェックの内容もあいまいな事項も多く、我々も、産業医の面談体制など実施への課題も多く、できれば、他社の実施状況を見...
ストレスチェックの対象外とできるか
いつもお世話になっております。 ストレスチェックの実施対象者から、既に精神疾患のある社員を外すことは可能でしょうか。ストレスチェック関連のサイトを探しても見当たりませんでした。第一次予防を目的とするなら可能であると思えるのですが、ご教授ください。
ストレスチェックの実施事務従事者を社内に置かないことは可能か
いつもお世話になっております。 当社は現在ストレスチェックの準備を進めておりますが、 実施事務従事者を社内に置くかどうかで議論が止まっております。 当社は、ストレスチェックを外部に委託して、WEBで実施を致します。 規程上、ストレスチェックの制度担当者として人事部部員を置くことは定めますが、 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ストレス・マネジメント
ストレス・マネジメントとは、ストレスを管理し、コントロールすることを意味します。近年、日本における労働環境は、技術革新などの影響で大きく変化。それに伴って、労働者のメンタルヘルス不調の増加が社会問題となっています。ここでは、職場におけるストレス・マネジメントの基礎的な知識と課題を紹介し、今後さらに求...
コーピング
コーピング(coping)とは、ストレスに対処するためにとる行動のことをいいます。普段私たちは、さまざまなストレスを感じて生きていますが、強いストレスをため続けると、心の病になってしまう可能性があります。しかしコーピングの手法を用いると、心の病にならないよう、上手にストレスと付き合うことができるよう...
OJTとOFF-JT
日常の業務につきながら行う教育訓練(On The Job Training)と、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練(Off The Job Training)のことです。企業による従業員教育の2本柱とされてきました。   OJTについて、実行のポイントやOff-JTとの使い分けを詳しく知りた...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/03
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...