企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15690件   回答数34069

逆出向者の健康診断結果の管理

お世話になります。

100%子会社から親会社に出向してきた社員の健康管理(診断の結果を管理)をするのは、子会社と親会社のどちらがすべきでしょうか?
この場合、健診費用は親会社がもっています。

ちなみに、親会社の社員はどこに出向に出ていても、親会社で健康管理をしています。

ご教示いただきたくよろしくお願いいたします。

  • ロードスターさん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2015/01/23 09:24
  • ID:QA-0061361
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/23 12:15
  • ID:QA-0061362

代表者

一次的に出向先が義務を負う

労基法上の安全配慮義務は、 使用者に課されていますが、 出向の場合、 具体的な労務提供、 指揮命令関係の実態に鑑み、 多くの場合は、 出向先が安全配慮義務の責任を負うことになります。 それに要する費用も、 出向先が負担するのが通常の図式です。 然し、 一次的に出向先が義務を負うからと言って、 出向元に義務がなくなる訳ではありません。 出向元は、 出向先、 及び、 出向者から、 労働実態に関する情報を入手し、 適切な措置を講ずるべき義務を負うと理解すべきです。 尚、 理論的には存在し得ますが、 実際には、 逆出向というのはありません。 子会社から親会社への出向という意味で使用されているものと思います。

  • 投稿日:2015/01/23 13:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

どうもありがとうございます。
確かに、どちらにも雇用契約が存在するので、配慮義務もあるということですね。
そのように対応したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/23 19:22
  • ID:QA-0061367

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、勤務状況に関わる事柄ですので、基本的には出向先で健康管理を行う事が求められます。従いまして、文面のケースでは親会社で健診結果を管理されるべきです。

そうした事から、親会社が出向元の社員につきましても本来であれば出向先の子会社が管理すべきといえるでしょう。但し、出向元との雇用関係が依然として継続している事からも、子会社での管理体制が十分といえない場合に親会社が責任を持ってフォローされるといった対応については特に差し支えないものといえます。

  • 投稿日:2015/01/26 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
出向先で管理し、出向元にもデータを送ることとしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/01/30 20:34
  • ID:QA-0061430

社会保険労務士法人SRグループ 代表

安全配慮義務は双方にあります

ご質問の件から在籍出向(以下、出向)を前提としてご説明いたします。
結論から申し上げますと社員の健康管理(健康診断結果管理)は出向元、出向先の双方で管理することをお勧めします。
労働契約法5条では「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」として使用者の安全配慮義務を定めております。
出向者は指揮命令を受け、労務提供をするのは出向先となりますから、原則としては出向先が安全配慮義務があると考えられますが、出向者の労働契約は、出向元と出向者、出向先と出向者、いずれにも労働契約が成立します。
よって安全配慮義務は労働契約に付随しますので、出向元、出向先の双方が負うと考えられます。
以上のことから、出向者の健康管理(健康診断結果管理)は双方で管理し、出向者に適切な配慮をすることが必要であると考えます。

  • 投稿日:2015/02/09 09:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

どうもありがとうございます。
在籍出向では双方に安全配慮義務がある旨、理解いたしました。双方で管理する体制にしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
子会社へ出向させた社員
親会社の本社(出向元)から子会社(出向先)へ出向している社員が子会社と親会社の支店が業務委託を結んだ為、出向している身分のまま、出向先から更に出向する状況になってしまうのですが、これに問題はないでしょうか?
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
健康診断
入社時に健康診断は必ず実施しなくてはならないのでしょうか。 弊社では年に1度健康診断を行っていますが、雇い入れ時にはしていません。 社員から質問がありました。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...
健康会計
「健康会計」とは、2008年に経済産業省(以下、経産省)が提唱した、企業による健康への取り組みを評価する新しい会計制度の呼称。従業員の健康増進のために企業がどれだけ投資したか、その「費用」と「効果」を定量的に把握、可視化するしくみで、健康投資に対する適切な意思決定を可能にするとともに、健康づくりに...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...