企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数11955件   回答数24739

フレックスタイム制の事前申告制の是否

当社では10年前からフレックスタイム制を導入しておりますが、特に、朝の出社がルーズになる社員が多く、特に経営層のなかで規律の弛緩として問題視されています。
そこで、導入をした担当としてはフレックスタイム制の功罪を理解したうえで、継続するための案を検討しているところです。

朝の出社のルーズさを解消することを目的として、出社時間帯のフレックスタイム利用について、月単位で事前申請させる仕組みに見直しが出来ないか考えております。
法の解釈として許容されないのであれば取りえない選択肢のため、専門家の皆様のご見解をいただけますと幸いです。


当社のフレックスタイム制の概要

コアタイム   10:00~15:00

フレキシブルタイム(始業時間帯) 9:00~10:00
フレキシブルタイム(終業時間帯) 15:00~19:15

  • 投稿日:2013/07/10 23:05
  • ID:QA-0055297

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2013/07/11 11:15
  • ID:QA-0055302

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

フレックスタイム制について

フレックスタイム制というのは、出退勤の時間を、フレキシブルタイムの中で労働者が
自由に選択できる制度ですから、月単位の事前申請は、趣旨が異なり、労基法上の
フレックスタイム制度には、該当しなくなります。

経営層が、朝の出社がルーズだと考える理由としては、
会社のフレックスタイム制を理解していない、あるいはフレックスタイム制が、
業務上あわなくなっていることが考えられます。

コアタイムに出社しているにもかかわらず、問題視するほうが問題です。

そもそもなぜフレックスを導入したのでしょうか。
また、事前申請にするのであれば、フレックスを廃止する、あるいは、他のルールを
検討し、導入するべきです。

  • 投稿日:2013/07/11 11:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
経営層の要請を考えるよりも別の方式、フレックスタイム制の廃止を検討したいと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2013/07/11 11:17
  • ID:QA-0055303

代表者

フレックスタイム制の廃止も視野に入れて検討

フレックスタイム制においては、 始業、終業の時刻を労働者の決定に委ねていますが、 委ねた以上、 コアタイムまでの始業時刻も、 指定できません。 然し、 このことは、 使用者の労働時間の把握義務を免除したものではありませんので、 「 朝の出社がルーズ 」 というのが、 出社時刻を正確に把握できないような状況ならば、 タイムカードや、 ICカード等の客観的な記録媒体の採用も検討しなくてはなりません。 但し、 ご質問の、 「 月単位で事前申請 」 の制度化は、 始業・終業の時刻に就いての労働者の決定の自由性を損なう可能性があります。 他方、 御社のコアタイムは割合大きく、 殊に、始業時の自由巾は、 1時間に過ぎません。 社員に対し、 現状のルーズな状況を厳しく指摘し、 規律・秩序の回復を図るのが正道ですが、 場合によっては、 1時間に過ぎない始業時フレック巾の短さに鑑み、 フレックスタイム制の廃止も視野に入れてご検討されるのも有力な選択肢だと思います。

  • 投稿日:2013/07/11 11:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
経営層の要請を考えると別の方式や、フレックスタイム制の廃止を検討したいと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2013/07/11 11:59
  • ID:QA-0055309

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂きまして有難うございます。

事前申告制自体が直ちに法令違反となるわけではございませんが、結局フレックスタイム制の下では、コアタイム部分を除くまして遅刻・早退等の適用が認められませんので注意が必要です。各従業員の大まかなスケジュールを把握しておきたいといった主旨のみであれば差し支えないでしょうが、午前の出勤予定を変更した場合にペナルティが科せられるとなればフレックスタイムの自由出勤制に反しますので不可といえるでしょう。但し、コアタイムに遅れる分につきましては、契約違反行為といえますので、就業規則に基き制裁措置を行う事も可能になります。

  • 投稿日:2013/07/11 12:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2013/07/11 20:04
  • ID:QA-0055318

人事・経営コンサルタント

フレックスタイム

フレックスタイムの主旨と経営層のご意見が噛み合っていないように感じます。「朝の出社がルーズ」の意味をもう少し具体化されないと対策が立てられないのではないでしょうか。フレックスタイム制であるにもかかわらず、定時出社を求めるのであればフレックスタイムの主旨と合いません。何より成果達成が制度導入後どう変化したかの結果判定も重大な判断要素ですので、情緒的な意見に左右されず、きちんと人事政策に基づき経営判断されるのが良いのではないでしょうか。

  • 投稿日:2013/07/11 20:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2013/07/24 22:18
  • ID:QA-0055444

社会保険労務士法人SRグループ 代表

場合によっては、制度廃止を含めてご検討されたほうがよろしいでしょう。

ご質問のフレックスタイム制での「出勤時間のルーズさ」についてですが、コアタイムの遅早退・欠勤がある認識で回答いたします。

出勤時間の事前申請は、コアタイムの遅刻または欠勤の抑制に一定の効果はありますが、会社が出退勤時間を定める等の運用は認められていないため、出勤時間の拘束力はございません。
事前申請の運用について、本人からの単なる届出制とすることは可能ですが、例えば、会社が原則9:00の出勤時間を定めており、本人が10:00出社する際に、事前の申請が必要になる場合は、フレックスタイム制と認められません。

また、フレックスタイム制では、清算期間の総労働時間を満たしている限り、コアタイムの欠勤・遅早退といえども控除できませんが、コアタイムの出勤状況について、昇給や賞与などの評価対象として反映することは可能です。
(コアタイム評価対象項目として、本人にわかるように明細へ表示する方法もございます。)

フレックスタイム制は、出退勤時間を従業員に委ね、それぞれに応じた働き方で個々の業務効率を上げるための制度です。
制度の趣旨を踏まえると、出勤時間のルーズさの解消は難しい問題となりますので、場合によっては、制度廃止を含めてご検討されたほうがよろしいでしょう。

  • 投稿日:2013/08/02 08:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制における半日休暇(有給)について
フレックスタイム制においてコアタイムが10:00~15:00の 場合の半休はどの様に扱えば良いのでしょうか。ちなみに所定労働時間は9:00~18:00の8Hとなっております。
フレックスタイム制のフレキシブルタイムの設定について
フレックスタイム制のフレキシブルタイムの変更を検討しています。現在は、フレキシブルタイムの開始時間が朝の5時、終了時間が夜の10時となっております。開始時間および終了時間それぞれ、最も一般的な時刻は何時でしょうか。
フレックスタイム制のコアタイムの設定について
フレックスタイム制の導入を検討しています。 弊社の勤務時間は9時-18時ですが、コアタイムの時間設定をどうすべきか思案しております。 ①コアタイムなし(完全フレックスタイム) ②コアタイム1時間 ③コアタイム2-3時間 ④コアタイム4-5時間 ⑤コアタイム6-7時間 上記のような、フレックスタイム制...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 伊藤忠商事株式会社: 「多残業体質」から脱却し、効率的な働き方を実現する「朝型勤務」(前編)
    伊藤忠商事では2014年5月から、20時以降の残業を原則禁止し、早朝(午前5~9時)に仕事をする「朝型勤務」を導入しました。これまでの残業ありきという働き方を見直すためには、思い切った意識と制度面の改革が必要と判断し、夜型の残業体質から朝型への勤務へと改めたのです。そして、さらなる業務効率化や社員の...
  • 業績連動型賞与制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5年以内における変更・見直し状況などについ...
  • 社員の本音がわかって期待どおりの効果はある?人事・総務担当者に聞く「自己申告制度」の課題
    現在の職務に対する満足度、異動の希望、職場への意見・提案などについて従業員に申告させる「自己申告制度」。多くの企業が導入し、能力開発、適正配置、現場のモラール向上など、さまざまな面で活用していますが、その一方で問題を抱えるケースも少なくありません。「従業員が自分の評価に影響することを恐れたり、申告し...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
組織の競争優位性を高める「成長戦略」『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

D&I推進に取り組む企業様におすすめなプログラムをご紹介。ぜひ貴社のD&I推進にご活用ください。



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...