企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

海外長期出張時の時間外手当支給の件

海外のグループ会社(工場)に従業員が長期間出張(1週間以上)した場合の時間外手当について当社では明確なルールがありません。ルールを作る時の参考になる事例等はないでしょうか?

上司が時間外勤務の把握・管理が出来ないため時間外手当は支給できないという考えもありますし、かといって海外出張時に長時間労働している実態もあります

投稿日:2012/12/14 10:01 ID:QA-0052531

ホソノリさん
東京都/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

看做し労働時間制度を設定、ルール化を

出張、殊に、海外、且つ、長期に亘る場合は、時間管理の把握が困難です。 就業規則に定められた 「 所定労働時間 」 を超えることもあり、超えない、或いは、未満であることも想定されます。 そこで、労使共通のルールとして、労基法の定めに基づき、「 所定労働時間労働したものと看做す 」 ことにするのが一般的です ( 第38条の2第1項 )。 留意点は3つあります。 《 一つ 》 は、当該出張が、常態として、所定労働時間を超える場合には、「 必要と見込まれる時間 」 を労使で協議、協定化、その見込み時間が、法定労働時間を超えている時は、労基署へ届け出ます(同第1項)。 《 二つ目 》 は、移動時間中に,特に具体的な業務を命じられておらず,労働者が自由に活動できる状態にあれば,労働時間とはならないとするのが通説となっています。 《 三つ目 》 は、出張中の休日は,その当日に用務を処理すべき指示がなければ、休日として取り扱われます。

投稿日:2012/12/14 11:30 ID:QA-0052533

相談者より

参考になりました
ありがとうございます

投稿日:2013/01/21 06:59 ID:QA-0052920参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

海外への「出張」であれば日本の労働基準法の適用がなされますので、時間外労働に該当する場合に割増賃金の支払が必要になります。

上司等による労働時間の管理・把握が困難の場合には、労働基準法第38条の2にも定められている事業場外みなし労働時間制の適用となります。同条文にございますように、労使協定で定める時間を業務の遂行に通常必要とされる時間とみなすことが出来ますので、業務実態を調査の上労使協定に1日のみなし労働時間を定め、8時間を超えるみなし労働時間部分については時間外割増賃金を支払うといった対応になります。

投稿日:2012/12/14 11:47 ID:QA-0052534

相談者より

参考になりました
ありがとうございました

投稿日:2013/01/07 07:01 ID:QA-0052719参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

看做し労働時間制度を設定、ルール化を ( 引用条項の修正 )

留意点《 一つ 》の、( 同第1項 ) は、 ( 同第2項及び3項 ) の誤りです。 失礼しました。

投稿日:2012/12/14 11:58 ID:QA-0052535

相談者より

参考になりました
ありがとうございます

投稿日:2013/01/21 06:59 ID:QA-0052919参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

海外出張と時間外手当

海外出張は原則として、みなし労働制を採用し、所定労働時間あるいは必要とする時間労働したものとみなします。

ただし、みなし労働時間制というものは、「労働時間を算定しがたい」場合だけに適用されるものです。

近年では、ネット、モバイル等活用できますので、労働者から、日報等でこれだけ労働しましたということで残業請求された場合には、みなし労働時間制を否定されるケースが増えています。
H23.9.14高裁でも旅行会社の添乗員の訴えに対して、みなし労働時間制は、適用されず残業代を支払うべきとされました。

上記を踏まえ、会社のルールとしては、
国内・国外出張等で労働時間算定しがたい場合は、原則みなし労働時間制をとるとしておきます。

ご質問のように長時間労働の実態を把握しているようであれば、その出張(あるいはその日)については、把握できる時間外手当は支払うべきです。

投稿日:2012/12/14 17:36 ID:QA-0052544

相談者より

参考になりました
ありがとうございます

投稿日:2013/01/07 07:02 ID:QA-0052720参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出張手当について
出張手当の一般的な金額と処理方法
海外出張時の休日勤務について
標記について、海外では日本の法律は及ばないという記述と、及ぶという記述を読みました。 どちらが正しいのでしょうか? また、国内・海外問わず休日出張時の勤務は休日出勤手当を支給しなければならないものでしょうか?
出張先での時間外
いつもお世話になっております。 当社は、8:30~17:10が定時となっておりますが、出張先でこの時間を超えて労働があった場合は、時間外手当を支給するものでしょうか。また、短かった場合には、どのように処理するべきでしょうか(どちらも移動時間は除きます)。 出張後の申請は自宅からの出発時間・到着時間及...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 海外勤務者の安全対策の実態
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取り組んでいるのかを調べました。本記事では、その中から「海外勤務の状況」「海外勤務の安全対策」を中心に取り上げます。
  • 出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査 ~90年代前半と比べ、グレードダウンが顕著~
    90年代後半から2000年代にかけて、出張費用の削減に取り組む企業が増え始めました。その後もコスト意識の徹底が進み、出張におけるグリーン車と航空機の利用基準のグレードダウンは顕著のようです。今回は、最近3年間における国内出張費用の削減状況の調査結果をご紹介します。
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
グローバル人材
用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや...
オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....