企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15064件   回答数32363

非常勤顧問の報酬について

役員を退任して非常勤顧問に就任している方について、この度、更新の際に報酬を見直すことにいたしました。
無報酬ということも検討しております。コンプライアンス上、またはその他について、無報酬にすることに問題ありますでしょうか?役員であれば、無報酬の取締役は存在していると思いますが、顧問という立場で無報酬ということも可能でしょうか?
ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2010/06/09 14:05
  • ID:QA-0020984

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/06/09 14:24
  • ID:QA-0020987

この回答者の情報は非公開になりました

非常勤顧問の報酬

無報酬もあり得ますが、その方の責任はどうなのでしょうか?
取締役ではないので、重い責任はないでしょうが、無報酬にしてまで非常勤顧問になってもらうメリットが双方にあるんでしょうか?
就任してもらう以上、報酬は少なくても一定額必要と考えます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/06/09 18:15
  • ID:QA-0020992

この回答者の情報は非公開になりました

機密保持と待遇

非常勤とはいえ、顧問は社内機密にアクセスできる可能性があります。
企業の機密はタクシーなどの運転手経由でたくさん漏洩すると言われています。
無報酬なのに、会議などに出た場合、機密保持の倫理観を期待できるでしょうか?
金融機関でも終身雇用を維持している時期は不正行為はめったになかったそうですが、しかし、破綻などでリストラを始めた時期以降、表立っていないですが、現金を持ってそのまま逃げ去るなどの組織内犯罪が急増したそうです。報道されているのは氷山の一角です。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/06/09 18:44
  • ID:QA-0020995

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、非常勤顧問の位置付けにもよります。文面の上では役員をされていた方ということですので、今後については名誉職的な立場となられるのかもしれませんね‥

仮にそうであれば他に収入がある等金銭面で支障が無ければ無報酬にすることも可能でしょうが、非常勤とはいえ一定の役割を担うことからも当人に会社事情を説明し納得の上で決められることが重要といえます。逆に積極的な業務への関与を期待されているのであれば、特に支給すべき基準というのはございませんが、常勤役員とのバランスを考慮しつつ相応の報酬を支払うのが妥当といえるでしょう。

ちなみに常勤・非常勤に関わらず労働者性の無い役員・顧問等に関しましては、労働関係法令の適用はございませんので、無報酬となっても労働条件の不利益変更といった人事労務管理上での法的な問題は生じません。

但し、人事労務というよりは税法上の問題が大きいものといえますので、出来れば顧問税理士等税務の専門家にも適正額に関してアドバイスを受けられておくことをお勧めいたします。

  • 投稿日:2010/06/09 18:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/06/09 21:12
  • ID:QA-0020999

代表者

役割ゼロ、報酬ゼロでは、存在理由すらない

■ 役員退任後の非常勤顧問といってもその役割は ピン から キリ まであり、それに見合う報酬も ピンキリ です。4年ほど前のものですが、ある調査では、退任後の顧問・相談役の平均年間報酬は、常勤823万円、非常勤354万円というのも目にしました。
■ 然し、非常勤とは言え、無報酬というのは、「 期待されている役割もゼロ 」 か、「 名刺の肩書きだけ欲しい 」 のか、のいずれかでしょう。無報酬顧問がいても違法ではありませんが、役割ゼロ、報酬ゼロでは、存在理由すらないものです。コンプラというのなら、退任して戴くのが、筋というものでしょう。
■ 無報酬の取締役は、会社再建の請負人として登場するケースは目にしますが、これは、困難な再建が実現した暁には、それなりの対価プラス賞与が期待されており、存在理由は明白です。

  • 投稿日:2010/06/09 21:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
非常勤の役員報酬について
お世話になります。弊社には税理士の非常勤役員がいるのですが(監査役です)、今回毎月の報酬とは別に税理士としての業務に対して、報酬を支払うことになりました。この場合、この報酬は、「役員報酬」なのか「弁理士等報酬」なのか、ご意見をお聞かせ頂ければと思います。(この報酬は1回限りです)よろしくお願いします...
役員(取締役)を退任された顧問の労働保険
いつもお世話になります。 80歳を超える取締役がこのたび退任をされますが、引き続き顧問という呼称で 会社に残り、幾許かの報酬(給与)も支給されます。 この場合、役員(取締役)でないので、労災保険の対象となりますでしょうか? アドバイスをお願いします。
役員報酬について
現在、報酬委員会の設置を検討中で、親会社の役員、子会社の役員の報酬を、どのように決めるのかを模索しております。 業績連動の考え方等があるかと思いますが、役員報酬を決めるに当たっての具体的に望ましい考え方や、他社事例がありましたら教えて頂けませんでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は...
トータル・リワード
「トータル・リワード」(Total Reward)とは、従業員に対する報酬(=リワード)を総合的な動機づけのしくみと捉える考え方で、金銭的報酬と非金銭的報酬をバランスよく包括した報酬マネジメント体系を指します。働く人の価値観やライフスタイルの多様化に対応するためには、賃金だけでなく、仕事そのものの面...
アンダーマイニング効果
「アンダーマイニング効果」とは、それまで内発的動機で行っていた行為に対して、報酬などの外発的動機付けが行われることにより、逆にモチベーションが低減してしまう現象のことをいいます。「undermine」とは英語で「下を掘る」という意味のほかに、「損なう」「傷つける」という意味があります。例えば、趣味と...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...