企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

業務上疾病の基準について

いつもお世話になります。
オフィス内である伝染性のある病気が流行している疑いがあり、ある従業員が社内感染したとして会社を休んでいます。
この従業員が「業務上の傷病ではないか?」と申し出ているのですが、このような社内感染された疾病については、業務上疾病と判断されるのでしょうか。
おそらく、従業員は労災にならないのか?と疑っている様子です。
具体的な病名は「百日せき」です。
業務上疾病となる判断基準をご教示いただけませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

投稿日:2008/06/27 18:00 ID:QA-0012893

なかさん
大阪府/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

「百日咳」につきましては法定伝染病のように隔離や消毒義務のある疾病ではないですが、社内感染の恐れがあるのでしたら早急に保健所にご相談されるべきです。

同疾病について詳しい事は存じ上げませんが、万一職場が感染源であった場合には更なる被災者発生のリスクがあるでしょうし、職場の安全衛生管理という点からも専門的見地からの対応をされるべきです。

職場が感染源と認められれば、恐らく労災認定となるでしょうが、そうした判断につきましては労基署が実態調査した上で決めることです。

会社がまずやるべきことは、実態の分からないまま労災の適否を推測する事ではなく、職場の衛生状態を正確に把握し結果に応じて必要な措置を採ることに他なりません。

投稿日:2008/06/27 21:14 ID:QA-0012899

相談者より

ご回答下さいまして有り難うございます。

職場の安全衛生管理につきましては、伝染病に限らず、従業員の健康障害を防止すべく対策を講じなければならない点は認識しております。

ただし、今ひとつ腑に落ちない点がありますので、可能であれば以下の点につき、ご教示下さい。

例えば、冬季に流行するインフルエンザの場合、ある従業員が外部から感染、発症し、社内で蔓延するケースがよくあると思います。この場合、社内感染した従業員から労災申請をされたケースはありますでしょうか。
実際に、今まで弊社内において、インフルエンザ発症による労災申請を受けたことがありませんので、少々戸惑っている部分があります。

以上、大変お手数ですが、宜しくお願いいたします。

投稿日:2008/06/30 09:56 ID:QA-0035165大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご利用頂き有難うございます。

ご質問の件ですが、インフルエンザに関しましては日常生活でも感染するものですし、特殊なケースを除いては職場内外での感染を特定する事は困難といえます。

そうした場合に労災適用が行なわれるとは通常考えられません。

しかしながら、私は医師でない為あくまで推測なのですが、「百日咳」というのはかなり特殊な疾病で通常患者が身の回りに発生する事は稀なのではないでしょうか‥

となりますと、インフルエンザのように一般的に見て至る所に感染源がある疾病とは異なり、感染の場所が特定され、その結果労災認定されるケースもあるのではと考えます。

いずれにしましても、感染源が職場に限られると明確に因果関係が認められれば労災認定されるはずですので、やはり専門家による職場環境の検証を仰ぐべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2008/06/30 10:39 ID:QA-0012907

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
役員の業務上、業務外の判定基準について
お世話になります。 弊社の規程に役員の死亡弔慰金規定として業務上の場合は報酬3年分、業務外の場合は報酬半年分の弔慰金を遺族に支払うことになっています。 金額は税務上弔慰金として認められる限度のようですが、そもそも役員の業務上・業務外の判定の基準とはどういうものでしょうか? 従業員の場合は、業務遂行...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • この事例ではどう判断される? テレワーク時の労働災害
    テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在宅勤務時に生じる災害に絞ってご説明します。(※この記事は、『ビジネスガイド 2020年8月号』に掲載されたものです。)
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
あわせて読みたいキーワード
業務上疾病
「業務上疾病」とは、特定の業務に従事していることによってかかる、もしくはかかる確率が非常に高くなる病気の総称。俗に言う「職業病」のことです。業務上疾病は労働基準法の用語で、医学用語では「職業性疾病」と表現されます。労基法第75条により、労働者が業務上疾病にかかった場合、使用者は必要な療養を行い、その...
労働災害(労災)
業務中や通勤時に負ったけがや病気は、「労働災害(労災)」の対象となります。近年、日本では仕事のストレスに起因する精神疾患を訴える労働者も増えており、企業・労働者ともに労災について学ぶ必要性が増しています。ここでは、負傷・疾病などによる労災の認定基準、労働者災害補償保険(労災保険)の概要や補償内容に加...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。