企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

業務委託契約について

いつも 利用させて頂いております。
弊社と業務委託契約をしている会社があります。

弊社は飲食業を営んでおりますが 業務の中で調理場内における食器の洗い場業務というのがありますが その部分を 業務委託しており毎日1~2名来て頂いており 業務にあたって頂いております。

今回 御教授を願いたいのは そこの会社から今月(5/11~6/10)のシフトで4名ほど来て頂いたのですが 内1名が 1ヶ月間 無休で働いていたのです。

これは 労働基準法に 違反にならないのでしょうか?

弊社にも 責任は あるのでしょうか?

投稿日:2010/06/29 12:33 ID:QA-0021393

Y Wさん
大阪府/フードサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

御社は無関係、委託先の無給措置にも、それなりの理由が・・?

■ 一寸、堅苦しい表現になりますが、《 業務委託 》 とは、業務委託契約 ( 民法656条 ) に基づき、委託者より特定の業務の処理を委託され、他人の指揮命令下に入らず、自己の道具を使い、業務の処理を提供することをいいます。
■ 従って、労務の提供そのものは目的とはならず、委託元である御社と、当該業務従事者 ( 食器洗い業務に従事している人 ) との間に雇用契約はありません。ご相談の事例に就いて言えば、無休 ( 賃金不払い? )は、委託先と本人の間の問題で、御社は契約どおり、委託料金を支払っている限り、責任はありません。
■ 因みに、委託先が、労基法違反を犯しているかどうかに就いては、無休 ( 賃金不払い? ) に至った、経緯や事由を精査してみなければ、如何とも申上げられません。

投稿日:2010/06/29 13:43 ID:QA-0021394

相談者より

 

投稿日:2010/06/29 13:43 ID:QA-0040527大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

1ヶ月間 無休

業務委託契約なので、貴社と従事者には雇用関係がなく、形式上違法ではないですが、知り得ていてなお放置することに実質的なコンプライアンスの問題があります。
労働法に詳しい方によると、労働法の適用は形式ではなく、その実態に即して適用されるそうです。したがって、この考え方によれば、貴社はその従事者と雇用関係があるとみなされ、処罰される可能性を残します。
適正な就業時間、休日休暇になるようにする配慮義務が貴社にあります。

投稿日:2010/06/29 14:44 ID:QA-0021395

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

対処法

その該当スタッフの管理責任は、一義的に当然委託会社であり、御社ではありません。ただし違法派遣、偽装派遣の問題は非常に厳しく見られている昨今、リスク管理の観点から、やはり看過すべきではないと言えます。

そのコンプライアンス違反を知った時点で(今からでも可)まずは委託先に問い合わせ、事実の確認と、もしそれが事実であればただちに改善の申し入れをして下さい。コンプライアンスに反する企業と取引は出来ないので、もしその会社に問題が無いのであれば、一切そのような事実は無い旨、会社としての正式回答を取って下さい。

それでなおかつコンプライアンス違反があっても、御社として出来る努力はされていることになるでしょう。現実的に、いくら皿洗いとはいえ、休み無しでの勤務は著しく能率が下がり、また事故など(通勤服務)リスクが高いでしょう。きっちりと対応を要求して下さい。

投稿日:2010/07/01 00:02 ID:QA-0021416

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務委託契約について
ご質問させて頂きます。 業務委託契約を締結予定だったのですが、両社の契約の確認中に 委託予定の業務がなくなってしまいました。 契約がされてない状態で業務は、1ヶ月のみなので委託契約は無かった事にして問題はないでしょうか? 知識不足のため、ご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
業務委託契約について
いつもお世話になっております。 弊社では、経理業務全般を委託先に業務委託しております。 先日、委託先のミスで支払が遅延し、延滞料を請求される事になったのですが、この延滞料は委託先で支払ってもらえるものでしょうか。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
あわせて読みたいキーワード
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
業務プロセスの効率化、最適化を目的に、企業が社内の業務処理の一部を専門の事業者に外部委託(アウトソーシング)することを「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」、略してBPOといいます。業務プロセスそのものの企画設計から必要なシステムの導入、人材や設備の準備、プロセスの運用までを一括して委託すること...
裁量労働制
働き方改革の推進にともない、労働者が働く時間を柔軟に選べる職場環境の整備が望まれています。労働者のワーク・ライフ・バランスはもちろん、生産性向上や人件費の問題を考える必要性も生じています。こうしたなか注目されているのが「裁量労働制」です。裁量労働制は、労働者自身が業務効率化を図り、時間を有効活用でき...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...