無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

子が3歳になるまでの社会保険料免除について

お世話になります。表題の件につきましてご教示いただきたく存じます。
弊社では育児休業期間を法令通り、子が2歳に達する日までを育児休業期間として規則に記載しています。
今回、2歳に達する日時点では保育入園ができず休業終了後すぐに復帰はできないのですが、2ヶ月程復帰を遅らせることができるのであれば家族の協力を得て復帰できるという者がおります。
当社としても必要不可欠な人材の為この間の休業を認めるつもりでいます。
また本人からこの間に年次有給休暇を充てたいという申し出がありました。40日以上ありますので復帰まで有休を充てることができる状況です。

そこで質問なのですが、この2歳以降の休業事由も育児によるものなので、年金機構HPにある「3歳に達するまでの子を養育するための育児休業の制度に準ずる措置による休業」として社保免除事由に該当するという認識でよろしいでしょうか。

お手数ですが、ご教示いただけますと幸いです。

投稿日:2022/01/14 15:28 ID:QA-0111357

MMSSさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社として育児休業を認めたのであれば、社会保険料は免除となります。

投稿日:2022/01/14 17:25 ID:QA-0111362

相談者より

参考になりました。いつもご回答ありがとうございます。

投稿日:2022/01/17 08:58 ID:QA-0111396大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、示されました通り法令上子が3歳に達するまでの休業措置に関わる社会保険免除も認められています。

従いまして、当事案についても社会保険料免除の対象になるものといえます。

投稿日:2022/01/14 20:10 ID:QA-0111371

相談者より

他の方の質問で、育児休業は労働が免除になるので有休使用は不可という回答を拝見したため今回も有休使用事体認められないのではという懸念があり悩んでおりましたがすっきりしました。ありがとうございます。

投稿日:2022/01/17 09:07 ID:QA-0111397大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
育児休業規定

育児介護休業法に対応し、社内に育児休業制度を設けるための就業規則例です。申し出の方法や休業中の取扱いなどを定めています。

ダウンロード
関連する資料
育児・介護休業法改正のポイント ~産後パパ育休に向けて企業が準備すること~

2022年4月から3 回に分けて、育児・介護休業法の法改正が行われます。
最も注目されるのは「産後パパ育休(出生時育児休業)」の新設。
父親が通常の育児休業とは別に、子どもの出生時に取得できる育児休業です。
ここでは「産後パパ育休」を含めた改正の内容や、改正の背景などを解説します。