無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

定年後再雇用の件で

60歳で定年になる職員がいます。以前から赴任地で問題を起こしたり、”自称”精神疾患による休職、やる気のない勤務態度などもあり会社からの人事評価は最低ランクとなっております。
 この職員、現在は単身赴任で会社契約の借り上げマンションンに自己負担1万円で居住しております。
 
 会社としては、再雇用したくないので賃金の引き下げや週の労働時間の短縮なども検討しておりますが、再雇用の条件として、このマンションを会社契約から本人契約に変更し家賃全額を負担させるということはありでしょうか?

投稿日:2021/09/14 16:08 ID:QA-0107672

*****さん
大阪府/その他メーカー

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

同一労働同一賃金の観点から、家賃を本人負担とする説明がつくかどうかです。 負担がいくらになるかなどにもよりますが、 定年以後は全従業員、自己負担というルールがあったとしてもおかし…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/09/14 17:31 ID:QA-0107678

相談者より

回答いただき、ありがとうございます。
最低の評価であることを伝え、職制の変更、賃金の低下、家賃の本人負担など絡めて本人に説明を致します。

投稿日:2021/09/15 07:59 ID:QA-0107691大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

再雇用は現状の継続ではありませんので、通常は業務負担、責任分野の縮小とともに給与等条件も縮小となります。同条件の社員と合わせて、社宅マンションを自己負担にさせることも、給与減も可能…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/09/14 21:33 ID:QA-0107685

相談者より

ご回答ありがとうございます。
御指摘いただいた通り、問題行動を放置していたという責任を感じております。今後、同様のケースが起きる可能性も否定できませんので、就業規則の見直し含めた対応を行っいくように致します。

投稿日:2021/09/15 08:53 ID:QA-0107694大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

このようないわゆる “問題のある社員” の場合、再雇用にあたっては、企業には慎重な対応が望まれます。 定年後、新たに再雇用で契約をする場合、それは従前の労働契約とは別の契約になり…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/09/15 07:24 ID:QA-0107689

相談者より

回答いただきありがとうございます。
昨日、顧問弁護士の方とも相談をし、労働時間短縮、パート契約、マンションの自己負担への切り替え、職制の変更等を盛り込んだ書面を提示を近日中に行う予定です。

投稿日:2021/09/16 08:03 ID:QA-0107729大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、いわゆる再雇用措置の義務と当人の勤務態度とは直接関係ございませんので、後者を理由に前者を拒む事は通常認められません。 借り上げマ…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2021/09/15 18:36 ID:QA-0107724

回答が参考になった 0

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード